高級布団店プレミアムストア

シンサレート布団は羽毛布団よりも暖かい?|高級布団店プレミアムストア

トップ > 寝具の選び方 > シンサレート布団は羽毛布団よりも暖かい?

シンサレート布団は羽毛布団よりも暖かい?

最近シンサレートという素材を使った布団を巷で見かけますが、シンサレート布団とは何かご存じでしょうか。
シンサレートとは手袋などでタグを見たことがあると思いますが、化学繊維の一種で防寒着や寝袋などに使われる素材です。

つまりシンサレート布団とはシンサレートという厚さ1センチくらいの布繊維を中綿として使用した布団ということです。
噂ではシンサレート布団は羽毛布団よりも暖かいといわれているようですが、実際のところはどうでしょうか。

シンサレート布団は比較的安価で、1万円前後、安ければ数千円で販売されています。
この値段で羽毛布団よりも暖かいとなれば買わない理由はありませんが、デメリットもあります。

たとえば羽毛布団の良さは高い吸湿性と放湿性、通気性と肌に沿うようなドレープ性と高い保温力にあります。
一方でシンサレート布団の場合、確かに保温力は高いものの、吸湿性や放湿性はなく、身体にフィットしないため、熱が逃げて首や肩回りが冷えやすいという点が欠点でしょう。

ですから基本的にシンサレート布団1枚で冬を乗り切るのは難しく、毛布などを掛けるなどして保温力を調整する必要があります。
また羽毛布団よりも暖かいといっても、それは同じ厚さという条件がある場合で、基本的にかさ高のある羽毛布団とは比較にならないでしょう。

つまり薄い羽毛布団よりも暖かいという程度に捉えていた方が良いと思います。
シンサレート布団自体は軽いのですが、肌寒くて物足りないときに何枚もかけるようであれば、軽さはあまり意味をなしません。

さらに羽毛布団は通気性が良く、吸湿性と放湿性が高いことから、温度調節に優れた寝具です。
そのため羽毛布団は夏を除く3シーズンで使えるなど、使用できる期間の幅が広いのも魅力の1つです。

一方でシンサレート布団は保温力はあっても温度調節はできませんので、冬以外は使えませんし、冬であっても気候によっては暑すぎて寝苦しく感じてしまうこともあるでしょう。
シンサレート布団は値段を考えれば確かにコスパは良いかもしれませんが、やはり高い羽毛布団には適わないというのが率直な意見です。

ただ化学繊維であるため、動物繊維にアレルギーを持つ方には安心ですし、丈夫な素材のため洗える点も清潔に保てるため、アレルギーもちでも安心して使えます。
寝具にあまりお金を掛けたくないという人が、今ある寝具では肌寒いという人には良いかもしれません。

関連記事

特集コーナー

用途別カテゴリー

ブランド別カテゴリー

ページのトップへ戻る