高級布団店プレミアムストア

シルク寝具の質を保つ上手な洗い方|高級布団店プレミアムストア

トップ > 寝具の選び方 > シルク寝具の質を保つ上手な洗い方

シルク寝具の質を保つ上手な洗い方

シルクの寝具は昔から人気もありますが、基本的にはウォッシャブルではないため洗えません。
しかしながら最近はシルクに綿を混ぜた素材など、シルクの寝具であっても洗えるものが増え、上質なシルクを清潔に保つことが容易になりました。

とはいえもともとはデリケートな繊維であり、洗えるといってもどんな洗い方でもOKというわけではありません。
洗い方を間違えると繊維がゴワゴワになったり、縮みや色落ちしてしまうこともあり得ます。

例えウォッシャブルであっても洗たく表示を確認し、適切な洗い方でシルクの品質を保ちましょう。
まず洗たく表示を確認し、洗濯機OKや手洗いOKのマークの表示があるかを確認します。

このマークがあれば基本的にはご自宅の洗濯機で洗うことが可能ですが、もしなければクリーニングに出すようにしましょう。
次は洗い方の確認をします。

洗濯表示を見ると、ネット使用の有無や水温、水流の強さ、ドライクリーニングの可否、脱水の強さ、干し方(乾燥の仕方)などが書かれています。
基本的にはここに書かれている通りに洗えばOKですが、少しぐらい大丈夫だろうと油断するとシルクが縮んだり、ゴワゴワになる可能性大です。

大抵はネットを使用し、20度から30度程度の常温かぬるま湯ぐらいの温度で、エマールなどの中性洗剤を使って弱水流で洗い、脱水は短時間で済ませます。
シルクは放湿性にも優れているので、脱水時間が短くてもすぐに乾きますが、びちょびちょなのが気になるときはタオルで挟んで水分を吸わせても良いでしょう。

柔軟剤は使っても大丈夫なケースが多いと思いますが、念のため洗たく表示を確認します。
干すときは陰干しで自然乾燥するようにしましょう。

早く乾燥させようと日干しをすれば黄色く変色してしまったり、乾燥機にかけると繊維が変質して縮んだり、色落ちの原因になりえます。
シルクの光沢や、上品な肌触りが一瞬で無くなってしまうので注意しましょう。

シルクスキン・ザ・ゴールド
洗える掛け布団シルクスキンはこちら

関連記事

特集コーナー

用途別カテゴリー

ブランド別カテゴリー

ページのトップへ戻る