高級布団店プレミアムストア

夏にもレーヨン生地の寝具がおすすめ|高級布団店プレミアムストア

トップ > 寝具の選び方 > 夏にもレーヨン生地の寝具がおすすめ

夏にもレーヨン生地の寝具がおすすめ

レーヨンといえばユニクロさんのヒートテックにも使われている生地ですが、実は夏の寝具にもおすすめの繊維なんです。
ヒートテックというからには夏に使うと暑いのでは?と思われるかもしれません。

でもレーヨンを使った布団が夏におすすめな訳をご紹介したいと思います。
まずレーヨンといえば発熱素材というイメージが強いですが、シルクのような艶と光沢があり、手触りが良いのも特徴の一つです。

手触りが良いということは寝具の側生地に使われると肌に触れる感覚が気持ちよくて寝心地が良いということにもなりますね。
実際レーヨンは肌触りの良さを生かして、高級寝具の裏地や肌着なんかにも使われています。

そもそもレーヨンはどんな繊維かといえば、木材パルプが原料となっている化学繊維の一種です。
元々はシルクのような素材を人工的に作り出そうとして生まれた繊維なんです。

寝具に使ったときのメリットとして肌触りのほかに、ドレープ性の高さがあります。
ドレープ性とは何かといえば、しなやかで波を打つような繊維であることを意味し、ドレープ性が高いほど柔らかく肌に吸い付くような繊維であるとイメージすると良いでしょう。

ドレープ性に優れた繊維の反対の意味は、ハリのあるパリッとした繊維と考えるとわかりやすいでしょう。
熱伝導性も高いのでひんやりとした涼感があり、吸湿性と放湿性が綿よりも高く、化学繊維のトップクラスであることから、夏用寝具にも向いているというわけです。

逆に言えばレーヨンは水に弱く、水にぬれることで縮んでしまったり、強度が落ちるという点がデメリットです。
また摩擦にも弱くデリケートな繊維であるため、洗濯をするときは注意が必要です。

基本的にはクリーニングになりますし、洗える場合でも手洗いでもむように洗い、なるべく短時間で済ませる必要があるでしょう。
またシワにもなりやすいため、洗濯後は繊維をやや引っ張るようにしてシワを伸ばして干すようにしてください。

このようにデリケートな繊維ではありますが、寝具として使うと柔らかくて肌に吸い付くような感覚が病みつきになり、蒸れずに快適で格別の寝心地を提供してくれます。
レーヨンを使った寝具はやさしく大切に扱ってあげましょう。

とろけるふとん肌掛け布団
レーヨンを側生地に使った気持ち良い肌掛け布団はこちら

関連記事

特集コーナー

用途別カテゴリー

ブランド別カテゴリー

ページのトップへ戻る