高級布団店プレミアムストア

冷感敷きパッドの上手な使い方|高級布団店プレミアムストア

トップ > 寝具の選び方 > 冷感敷きパッドの上手な使い方

冷感敷きパッドの上手な使い方

夏用のクール寝具をお探しの方は多いと思いますが、何年か前から人気のあるのが特殊繊維を使った接触冷感のシーツや敷きパッドです。
綿を使用したものやポリエステルを使用したものなど色々ありますが、凝縮熱という作用を利用してひんやりした感触を味わうことができます。

商品によって異なる繊維を使用しているので、どれを選んで良いか迷われる方も多いでしょう。
商品によっては全くひんやりしないものや汗が全然乾かないというものもあるので、注意が必要です。

全くひんやり感がないのにどうして冷感寝具として売り出すことができるのでしょう。
これは周囲の気温が低い場合に効果を発揮するもので、気温が高いと全く冷たくないために起こりうる不満だと思います。

ですからエアコンなどで気温を調節した環境では確かに涼しくて快適ではありますが、正直気温が低い場合にはひんやり感を感じる必要がないので、冷感寝具を使う必要すらないのです。
店頭で冷感シーツや敷きパッドを試したときに驚くようなひんやり感を感じることができるのはエアコンががんがんに効いていて涼しいからです。

逆に言えば気温が低くないと冷感寝具は効果を発揮できないということになります。
これでは綿を使用したパイル地のシーツや敷きパッドの方が汗を吸ってくれるため、蒸れずによっぽど快適だと思います。

では全く冷感寝具を使う必要などないのかといえば、そうではなく、使い方によっては効果を発揮してくれます。
お部屋の温度が30度前後であれば冷感寝具はひんやり感を保つことができますから、エアコンの温度を下げすぎる必要がなくなりますし、扇風機をつけるだけでずいぶん快適になることがあります。

冷感寝具はあくまで補助的な涼しさを提供してくれるだけで、絶対的な効果を持つわけではないと認識しておきましょう。
適切な条件のもとで上手に使えば、今より数段快適な眠りを手に入れることができるはずです。

アイスデラックス

アイスデラックス

アイスマックス

アイスマックス

アイスドラゴン

アイスドラゴン冷感寝具

アイスストーム

アイスストーム冷感寝具

アイスワークス

アイスワークス冷感寝具

関連記事

特集コーナー

用途別カテゴリー

ブランド別カテゴリー

ページのトップへ戻る