高級布団店プレミアムストア

ポリエステルの欠点を解消した布団|高級布団店プレミアムストア

トップ > 寝具の選び方 > ポリエステルの欠点を解消した布団

ポリエステルの欠点を解消した布団

近年は天然繊維だけでなく、化学繊維を布団に使うことが多いです。
その中でもポリエステルは布団に良く使われている化学繊維ではないでしょうか。

ポリエステルはクッション性もあるため、布団やカーペットによく用いられます。
ポリエステルは樹脂を繊維にしたものですが原料は石油で、丈夫で劣化しにくく、水にも強いという特徴を持っています。

そのため自宅の洗濯機で丸洗いしても大丈夫なのも他の繊維より優れた点といえます。
さらに生産コストが安く、大量生産が可能なので、ポリエステルを使った布団は比較的リーズナブルです。

ただ安いとはいっても、布団としての機能は有していますし、天然繊維に比べて丈夫でへたりにくいため、寿命も長めです。
防ダニ、防カビなどの加工を施しやすいのも、化学繊維のメリットでしょう。

さてそんな優秀素材のポリエステルですが、もちろん欠点もあります。
例えばこれは化学繊維全般に言えることですが、吸湿性は低いです。

もちろん全く水を吸ったり保持できないわけではありませんが、繊維自体に吸水性がないのです。
元々石油が原料であるため当然といえば当然ですが、ポリエステルを使った布団は一般的に蒸れやすいということになります。

またもう一つ欠点を上げるとすれば、静電気を帯びやすいという点です。
とはいっても触れるとパチパチするというわけではなく、埃などが吸着しやすいということです。

そのためハウスダストに対してアレルギーを持っている人は若干気になるポイントであるかもしれません。
しかしその分繊維が強く、綿ホコリは発生しにくいのでトータルで考えると綿布団もポリエステル布団もどっちもどっちというわけです。

いずれにせよ、吸湿性の悪さがポリエステル最大の欠点ではありますが、繊維自体を細くして空気の層を増やし、通気性や吸湿性をアップさせた布団もあります。
繊維自体は水を吸いませんが、繊維と繊維の間の隙間を広げることで、空気の通り道や水を蓄える場所を作り出しているのです。

元々安くて丈夫さが売りのポリエステルですが、通気性や吸水性もアップしたとなれば言うことなしですね。
ポリエステルを超極細繊維にした布団がプリマロフトの掛け布団です。

人工羽毛布団プリマロフト
ポリエステルの欠点を解消した掛け布団プリマロフト

関連記事

特集コーナー

用途別カテゴリー

ブランド別カテゴリー

ページのトップへ戻る