高級布団店プレミアムストア

羽毛布団は洗濯できないこともない|高級布団店プレミアムストア

トップ > 寝具の選び方 > 羽毛布団は洗濯できないこともない

羽毛布団は洗濯できないこともない

羽毛布団を使っている人は多いと思いますが、天然の羽毛を使った布団は基本的には洗濯できないことが多いです。
洗濯できないからきれいに使おうと気を付けているものの、ついジュースや食べ物をこぼしてしまったり、子供がおねしょしてしまう可能性もありますね。

ちょっとした汚れなら中性洗剤を染み込ませたタオルなどで拭いて落とすことができます。
しかし汚れがひどかったら洗濯しないとどうしようもないこともあり、つい子供を怒鳴りつけてしまう方もいると思います。

羽毛布団をきれいにするには基本的にはクリーニングに出すことになりますが、手間ですしお金が1万円近くかかってしまいます。
羽毛布団自体高いのに維持費も高いとなると買う気も失せてしまうかもしれません。

羽毛布団の中綿の羽毛は水に弱く、基本的には水洗いできません。
仮に洗濯できる場合であっても、メーカー側としては万が一を考えて洗濯しない方が良いというかもしれませんね。

でも羽毛布団の生地や中綿を傷めないで洗濯する方法もなくはありません。
家庭の洗濯機ではかさの大きい羽毛布団を入れるのは困難だと思いますが、コインランドリーにいけば大きな洗濯機があるので洗濯も可能です。

洗濯をするときは羽毛布団を縦に3つに折り、端からくるくると巻いてたたみ、空気をしっかり抜いておきます。
洗剤はもちろん普通の洗剤ではなく、おしゃれ着洗いに使われるような中性洗剤を使用してください。

中性洗剤を使用しないと羽毛に付着している油分やたんぱく質が溶け出してしまい、羽毛のふわふわ感がなくなったり、硬くなるおそれがあります。
正直何年も羽毛布団を洗わないでいるのは衛生面もよくありませんし、何年かに一度洗うことで清潔になり、ふんわり感も戻ってくるので、気持ちよく使用することができます。

洗濯が終わったら羽毛布団はきちんと乾燥させましょう。
コインランドリーにはタンブラー乾燥機がついていることがあるので、タンブラー乾燥禁止と表示がなければ使って大丈夫だと思います。

時間を置いて裏返し、1時間もすれば羽毛布団の中綿までしっかり乾くと思いますが、様子を見ながら乾燥させてください。
羽毛布団の乾燥が終わったら家に持ち帰り、もう1日くらい干しておけば完璧です。

とはいえどんな羽毛布団でもコインランドリーで洗っても大丈夫というわけではありません。
たとえば中綿がよれないように、キルティング加工がしっかりされている必要があります。

また側生地にシルクなどの洗えない素材が使われていないかチェックしてみてください。
もちろんちゃんと洗濯表示を確認していただきたいですが、側生地が綿なら基本的には洗えると考えて良いでしょう。

昔の羽毛布団は洗えないことが基本でしたが、最近の羽毛布団は洗えるよう工夫がされていますし、洗濯表示がちゃんと表示されているものも多いです。
この方法なら2,000円くらいの出費で済みますし、クリーニングに出すより安く済みますね。

それでも不安がある場合は多少お値段はかかりますが、クリーニング店に出した方が安心です。
ただドライクリーニングは羽毛の油分が奪われる可能性があるので注意が必要です。

人工羽毛布団プリマロフト
洗える人工羽毛布団プリマロフト

関連記事

特集コーナー

用途別カテゴリー

ブランド別カテゴリー

ページのトップへ戻る