高級布団店プレミアムストア

羽毛布団の側生地とキルトにこだわる|高級布団店プレミアムストア

トップ > 寝具の選び方 > 羽毛布団の側生地とキルトにこだわる

羽毛布団の側生地とキルトにこだわる

羽毛布団を選ぶ際、中綿のダウンにこだわる人が多いですが、側生地とキルトにもこだわるとよい羽毛布団に出会える確率が高まります。
側生地とは中綿を包む生地のことで、キルトとは縫製デザインを意味します。

羽毛布団の側生地によく使われるのが綿やポリエステル、そしてシルクがあります。
値段はポリエステルが一番安く、次いで綿、一番高いのがシルクでしょう。

ポリエステルは安いですし、軽いという特徴がありますが、吸湿性が劣る分蒸れる原因にもなります。
せっかく羽毛が吸湿性や放湿性に優れた素材であるのに側生地がポリエステルであるがために羽毛の特徴を最大限に生かせないのはもったいないです。

ですから羽毛布団の側生地は綿かシルクを選びたいものです。
どうしても予算の都合上ポリエステルを選ばざるを得ないのであれば、綿との混合素材にした方がまだよいかもしれません。

綿はタオルにもよく使われる生地で吸湿性があり、肌触りも良く、値段もシルクほどではないので、多くの羽毛布団の側生地に使われています。
シルクは確かに吸湿性も放湿性も高く、肌触りもなめらかでお肌にもやさしく、羽毛の良さを一層引きだたせてくれる側生地ですが、いかんせん値が張りますし、綿ほどの耐久性がないというデメリットがあります。

ですから羽毛布団の側生地をどれにしたらよいか迷ったら、綿を選ぶと良いと思います。
なお、綿の中にも超長綿と呼ばれる繊維が長い綿素材があるのをご存じでしょうか。

超長綿はふつうの綿よりもふっくらしており、肌触りがまるでシルクのようになめらかで光沢があるという特徴があります。
もちろん普通の綿よりも高価にはなりますが、その違いは実感できるはずです。

さらにキルトにもこだわることで、羽毛の偏りを防止したり、保温性、ドレープ性がさらに高くなった羽毛布団に出会える可能性が高まります。
各社キルトにこだわり、キルティング技術を向上させていますが、中でも2層式キルトはおすすめです。

2層式キルトは上層と下層でキルトマスをずらし、体へのフィット性を高め、熱を逃がしにくくすることで保温性を高めます。
このように羽毛布団の質はダウンだけでは決まらないということがわかります。

側生地とキルトにもこだわって良い羽毛布団を選びましょう。

側生地とキルトにもこだわった羽毛布団プラチナヴェール

ミルククラウン

シングルセミダブルダブル
プラチナヴェールプラチナヴェールプラチナヴェール

エンリッチ

シングルセミダブルダブル
プラチナヴェールプラチナヴェールプラチナヴェール

超長綿を使った掛け布団カバー

ブラウン

シングルセミダブルダブル
プラチナコットン掛け布団カバープラチナコットン掛け布団カバープラチナコットン掛け布団カバー

ゴールド

シングルセミダブルダブル
プラチナコットン掛け布団カバープラチナコットン掛け布団カバープラチナコットン掛け布団カバー

関連記事

特集コーナー

用途別カテゴリー

ブランド別カテゴリー

ページのトップへ戻る