高級布団店プレミアムストア

低反発と高反発はどっちを選ぶ?|高級布団店プレミアムストア

トップ > 寝具の選び方 > 低反発と高反発はどっちを選ぶ?

低反発と高反発はどっちを選ぶ?

最近良く聞く高反発と低反発、どちらも優れた面ばかり主張しますが、そもそも布団に求められる性能はどちらの方が良いのでしょうか。
違いは簡単に言えば、低反発は反発力が弱いため、柔らかくて体が沈み込みやすい、高反発は反発力が強いため硬く、グッと力をかけても体が沈み込まないという特徴があります。

低反発は体が沈み込むため、包み込まれるようなフィット感があり、気持ち良くて寝心地が良く感じます。
この包み込まれるような感覚が好きで低反発を選ぶ人は多いようです。

しかし少し考えてみてください。
柔らかい素材のソファに腰掛けたとき、起き上がるのに力が要ると感じたことはありませんか。

これは起き上がるとき、ソファに押し戻す力がないため、必要以上に力を入れなければ起き上がれないというわけです。
このことは布団にたいしても同じことが言え、低反発の敷き布団やマットレス、枕は体や頭を動かしにくいということになるのです。

つまり寝返りが打ちにくいというわけです。
実際低反発素材の布団を使った場合、通常よりも寝返りの回数が減少することがわかっています。

一方で高反発は押し戻す力が強いので、腰や頭などの体の中でも重量がある部分に反発力が強く働き、それ以外の軽い部分には反発力が弱くなるという特性をもっています。
押し戻す力が各所によって異なるため、自然と体圧が分散され、正しい寝姿勢になることができるわけです。

高反発の敷き布団やマットレスを使った場合、腰にかかる負担が軽減し、腰痛が解消する人がいるのも事実です。
ただやはり低反発のものに比べると硬さがあるため、寝心地が悪いと感じる人もいます。

また一般的に低反発の素材は通気性が悪く、夏場は蒸れやすいと感じたり、耐久性も高反発のものに比べると低いようです。
もちろん通気性が良いと冬場は寒いと感じてしまうことがありますが、その点は敷きパッドや掛け布団などで調整することが可能なので、それほどデメリットではないでしょう。

このように低反発よりも高反発の方が良いと感じてしまいますが、人それぞれ好みも違うでしょうし、柔らかい方が熟睡できるという人もいます。
ですから一概に高反発の方が良いとはいえませんが、総合的に判断して、個人的には高反発の方が布団としては優れた特性であると思います。

マリオット敷き布団
マットレス不要の高反発敷き布団

関連記事

特集コーナー

用途別カテゴリー

ブランド別カテゴリー

ページのトップへ戻る