高級布団店プレミアムストア

子供用敷き布団の選び方は手入れのしやすさ|高級布団店プレミアムストア

トップ > 寝具の選び方 > 子供用敷き布団の選び方は手入れのしやすさ

子供用敷き布団の選び方は手入れのしやすさ

子供用の敷き布団なんてどれも同じと思っていませんか。
子供だって大人と同様、良質な睡眠を得るためには寝具にもこだわる必要があります。

それどころか寝る子は育つというように、寝ている間に体が大きく成長していきます。
ですからもしかしたら大人以上に気を使ってあげる必要があるかもしれませんね。

ではどんな布団を選んだらよいのか、まずは敷き布団について考えてみたいと思います。
子供は寝ている間にたくさん汗をかきます。

それにおねしょをしたり、食べ物や飲み物をこぼしたりと、大人よりも布団を汚しやすい傾向にあるでしょう。
汚れや湿気は雑菌が繁殖する温床になってしまいますから、衛生面を考えて抗菌、防臭などの性能が付いた敷き布団が良いでしょう。

また買い換えることも考えて、あまりに高級な敷き布団にする必要はないと思います。
それよりもどちらかといえば手入れのしやすい敷き布団を選んだ方が良いでしょう。

値段はそれほど高くなくても寝心地が良い子供用の敷き布団はおそらくたくさんあります。
また着脱式の洗えるタイプのものや、軽くて干しやすい敷き布団だと手入れが非常に楽です。

小さいうちは大人と同じ敷き布団で寝ている、わざわざ大人と違う布団を用意する必要がないと考えている人も多いのではないでしょうか。
しかし万が一夜中におねしょをしてしまったら、お腹の調子が悪くてくだしてしまったり、体調が悪いときは布団の上に嘔吐してしまうかもと考えると恐ろしいですね。

万が一布団を汚されてしまうと、一緒に寝ている人もその敷き布団で寝ることができなくなってしまいます。
ですから子供用の敷き布団を別に用意しておいた方が、万が一汚れて使えなくなっても対処できます。

また小さくて軽い子供用敷き布団を用意しておくと、自分でも布団を畳んだり、上げ下ろしをさせることができます。
毎日上げ下ろしをさせていると、子供に布団を整理整頓する習慣を身に着けさせることができます。

もちろん親御さんが布団を干すことも考えると、布団は軽い方が良いのです。
また子供だからといってぺちゃんこなせんべい布団に寝かせるのはかわいそうですし、逆に柔らかすぎる布団も良くありません。

特に成長期の子供は寝ている間に体が大きくなるので、柔らかすぎる布団は体が沈みこんで背骨が曲がってしまうかもしれません。
逆にせんべい布団では体を傷めることにもなるでしょう。

ですから子供用の敷き布団も大人同様、体圧分散性に優れた敷き布団を選んであげると良いでしょう。
かといって何度も言いますが、あまりに高い敷き布団は用意しなくても良いと思います。

関連記事

特集コーナー

用途別カテゴリー

ブランド別カテゴリー

ページのトップへ戻る