高級布団店プレミアムストア

掛け布団と肌掛け布団の違いとは|高級布団店プレミアムストア

トップ > 寝具の選び方 > 掛け布団と肌掛け布団の違いとは

掛け布団と肌掛け布団の違いとは

掛け布団にも通常の掛け布団と肌掛け布団、さらには合掛け布団という種類があります。
そもそも違いはなんなのかご存じでしょうか。
暖かさでいえば掛け布団が一番暖かく、次いで合掛け、最後に肌掛け布団という順番になります。

掛け布団は1年中使えますが、夏場に使うと少し暑いかもしれません。
一方で肌掛け布団は夏場でも使えますが、冬場に使うには肌寒くて物足りないでしょう。

その場合2枚合わせで使ったり、毛布を併用することで温度調節することができますが、基本的には掛け布団は夏以外の3シーズン、肌掛け布団は冬以外の3シーズンに使うイメージです。
なお1枚で使うなら春と秋は合掛け布団がちょうどよいかもしれません。

なお掛け布団と肌掛け布団に明確な基準があるわけではありませんが、掛け布団の方が密度も重量も多く、重量でいうと掛け布団は大体1.5kg前後、肌掛け布団で0.5kg前後のものが多いようです。
ちなみに肌掛け布団と合い掛け布団を2枚重ねると大体掛け布団と同じくらいの暖かさ、重量になります。

掛け布団も肌掛け布団も単体では1年中使うことは気温や湿度の変化の激しい日本では難しいですが、肌掛け布団と合い掛け布団をそれぞれ1枚ずつ持っていると1年中使いまわすことができて便利です。
なお暖房が効いた部屋であれば、真冬でも合い掛け布団1枚で乗り切ることも可能でしょう。

おすすめの肌掛け布団

>>おすすめの肌掛け布団はこちら

2枚合わせ掛け布団がおすすめ

掛け布団も肌掛け布団も、単体では1年中使うことは、気温や湿度の変化の激しい日本では難しいです。
しかし、肌掛け布団と合い掛け布団を、それぞれ1枚ずつ持っていると、1年中使いまわすことができて便利です。

なお暖房が効いた部屋であれば、真冬でも合い掛け布団1枚で乗り切ることも可能でしょう。
肌掛けふとんと合掛けふとんを組み合わせた2枚合わせの掛け布団は、季節に合わせて取り外したり、取り付けることで、1年中使えてとても便利です。

プリマロフトDUO

>>2枚合わせで1年中使える人工羽毛掛け布団はこちら

関連記事

特集コーナー

用途別カテゴリー

ブランド別カテゴリー

ページのトップへ戻る