高級布団店プレミアムストア

布団を買い替える目安とは|高級布団店プレミアムストア

トップ > 寝具の選び方 > 布団を買い替える目安とは

布団を買い替える目安とは

今使っている布団は何年ものですか。洋服は毎年買い替えるのに、布団を買い替えていない人って結構多いものです。
でも人生の3分の1は布団の中で過ごすのに、ずっと同じ布団を使っているのは非常に勿体ないと思いませんか。

快適な睡眠は寝具選びからというように、定期的に布団を買い替えてみるのも良いかもしれません。
では布団を買い換える目安というのは存在するのでしょうか。

一般的に布団の消費期限は設けられていませんが、機能の劣化は布団の使用や保管状況によって、当然のように起こります。
衛生面からも日頃の手入れだけでは不十分なことが往々にしてあります。

一般的には掛け布団の買い替えの目安は長くても5年といわれていますし、敷き布団については3年といわれています。
また枕にいたっては2年とも言われています。

綿や羊毛、羽毛など布団の種類によって若干の差異があるものの、目安としては枕は2年、布団類は3年から5年と考えてよいでしょう。
布団は使用とともに劣化していきますし、かさ高も低下していきます。

ふんわりとした質感はだんだんとぺちゃんこになりますし、空気を蓄えることができず、当然保温性も落ちてくるでしょう。
また、人は寝ている間に大量の汗をかきますし、大気中の湿気を吸っていくものです。

いくら掃除機をかけたり、日干ししても、汗などの不純物は側生地や中の詰め物に浸透して付着しますので、完全に除去するのは難しいものです。
また保管状況によってカビも生えることもあるでしょう。

ダニは人間の汗やフケなどを好みますから、どんなに清潔にしていても、布団にたくさん潜んでいます。
日干しをしても、ダニは布団の奥底まで逃げ込んでしまい、すべてを死滅させることは不可能ですし、死骸やフンが残ることも考えられます。

ですから寝具を変えるだけで、眠りにつきやすくなったり、睡眠の質を高めることになり、ひいては人生の質を高めることにもつながるのではないでしょうか。
新品の清潔でふんわりとした質感の布団に寝るととても気持ちが良いものです。

中芯がへたってしまった寝具では、底つきしていて寝ていると体が痛い、寝返りがしにくかったり、寝心地が悪いといった状態を引き起こしてしまいます。
寝具を長く使うために日頃のお手入れをすることも大切ですが、たまには買い替えてみるのも良いでしょう。

>>布団を長持ちさせる除湿シートはこちら

関連記事

特集コーナー

用途別カテゴリー

ブランド別カテゴリー

ページのトップへ戻る