高級布団店プレミアムストア

シルク毛布のおすすめポイントと欠点|高級布団店プレミアムストア

トップ > 寝具の選び方 > シルク毛布のおすすめポイントと欠点

シルク毛布のおすすめポイントと欠点

寒い季節になると毛布が恋しくなりますが、あなたはどんな毛布を使っていますか。
毛布なんてどれも同じと思っていたら、非常にもったいないと思います。

毛布と一口に言っても、素材だけでもアクリルやウール、シルクやポリエステルなど色んな種類があります。
毛布を選ぶ際にどんな点を重視するのかによって、あなたにぴったりの毛布は異なってくるでしょう。

ただし毛布に求められる共通している点は「保温力」「暖かさ」ではないでしょうか。
ただし暖かいといっても、電気毛布はおすすめできません。

というのも電気毛布は確かに暖かいですが、電磁波の影響も考えられますし、体温が下がらないので熟睡できない、さらには体が乾燥してしまいます。
ではどんな素材の毛布が良いのでしょうか。

天然素材の毛布は化学繊維のものより値段は高くなりますが、機能性は高いです。
特にシルクの毛布は他の素材の毛布よりおすすめできるポイントがたくさんあります。

繊維の女王シルクの特徴

シルケット加工

一般的に人気のあるシルクという素材は確かに「繊維の女王」と呼ばれるほどで、見た目の光沢、高級感もさることながら、肌触りの良さ、保温性、吸湿性に優れ、寝心地が良く、静電気も帯びにくいため、寝具としては優秀な素材であることは間違いありません。
人間は寝ている間にコップ2杯分の寝汗をかくといいますが、一般的な布団の素材である綿の1.5倍の吸湿性があり、かつ放湿性があるので、寝汗をかいてもさっぱりさらさらとした状態を維持することができます。

シルク素材の布団の寝心地の良さは人気の理由の一つだと思います。
さらに毛布に求められる保温性についても、シルク毛布は申し分ありません。

シルクは他の繊維に比べ、とても細かい繊維を使用しており、細い繊維と繊維の間にたっぷりと空気を含んでいます。
この空気層があることで断熱材のような役割が働き、高い保温性を作り出すことができるのです。

また空気層があるということは、通気性にも優れていることにつながり、暖かいのに熱がこもりにくく、快適に眠ることができます。

シルクのデメリット

ただしシルクにも当然デメリットはあります。

シルクは基本的に薄手の素材であり、軽いという利点がある反面、他の分厚い毛布に比べると暖かさが劣ることはあると思います。
また欠点として、やはり「値段が高い」という点があるでしょう。

シルクがどの程度含まれているかにもよりますが、シルク100%だと数万円になる製品がほとんどだと思います。
それからシルクは基本的に水洗いできませんし、クリーニングに出さなければならず、維持費がかかるという点も欠点でしょう。

とはいえシルク毛布にはメリットがたくさんありますから、快適な眠りのために高いお金を払って買う価値はあると思います。

おすすめの日本製シルク毛布

本当に良いシルク毛布を使いたいのであれば、シルク100%の毛布をおすすめします。
これはシルク以外の素材が使われていると、機能や肌触りといったシルクの良さが失われてしまうからです。

シルクオーラは、最高級のペニーシルクを100%使っている日本製シルク毛布です。
大阪泉大津の起毛職人が納得いくまで起毛を繰り返しているため、肌触りも極上の毛布です。

たくさん起毛することで空気の保温層ができ、暖かさもアップしています。
他のシルク毛布との違いを実感できるはずです。

シルクオーラ
>>極限の柔らかさを追求したシルク毛布はこちら

シルクスキン肌掛け布団
>>洗えるシルクの肌掛け布団はこちら

関連記事

特集コーナー

用途別カテゴリー

ブランド別カテゴリー

ページのトップへ戻る