高級布団店プレミアムストア

繊維の種類で寝具を選ぶ|高級布団店プレミアムストア

トップ > 寝具の選び方 > 繊維の種類で寝具を選ぶ

繊維の種類で寝具を選ぶ

繊維の種類ってたくさんありますが、あなたはどんな種類の素材が好きですか。
繊維の種類で寝具を選ぶ人は多いと思いますが、一般的に衣料や寝具に使われている繊維は大きく分けて、天然繊維と化学繊維に分けられます。

天然繊維とはその名のごとく、自然界に生息する動植物から採取される繊維で、綿や麻、羊毛、い草、モヘア、カシミア、キャメルなどがあります。
一方で化学繊維は人工的に作り出された繊維で、アクリルやポリエステル、ナイロンなどがあり、最近人気のある発熱素材のレーヨンも化学繊維に分けられます。

メジャーで多くの衣料や寝具に使われている綿は丈夫で長く使うことができますし、適度な弾力性があって使い心地も悪くありません。
繰り返し洗濯できるため衛生面も申し分なく、耐熱性に優れているので、あらゆる用途に使われる繊維です。

一方で麻は綿よりも耐水性に優れ、さらに天然繊維の中では最も丈夫です。
しかし繊維が太く固いので、熱伝導が良く、ひんやりとした質感があるため、冬用というより、夏用の寝具に向いています。

麻はもっとも歴史が古く、世界最古の繊維と言われています。
吸水性と放湿性にも優れていることから、夏用素材といっても過言ではないでしょう。

また高級繊維として知られる絹(シルク)は繊維が細くなめらかな肌触りで、優雅な光沢感から高級寝具によく使われています。
保温性に優れた素材として、羊毛がありますが、羊毛の歴史も有史以前と言われており、古くから繊維としては愛されています。

ふわふわと弾力性が高く、寝具の布団わたとして使われることが多いです。
繊維のちぢれが多くの空気を含み、熱伝導性が低いことが高い保温性の秘密といえます。

最近人気のヒートテックに使われているレーヨンは化学繊維の草分けと言われ、吸湿性が良く、さらに汗や湿気を吸って発熱することから、薄い生地でも保温性が高いのです。
さらに静電気の発生も少ないことから、寝具、衣料に人気があるのでしょう。

また熱に弱いとされる合成繊維の中でも耐熱性が高く、しわになりにくく、乾きやすい素材として汎用性の高い素材がポリエステルです。
防虫、防カビの機能もあることから、寝具、衣料にもよく使われています。

さらに柔らかな肌触りとして人気のあるアクリルですが、合成繊維でありながら、ふっくらと柔らかな素材で、ウールのようなソフト感が人気です。
染色しやすいことから、シックな色からポップで明るい色まで幅広く染色でき、幅広いインテリアに合わせられる素材といえます。

このように繊維と一口に言っても、いろんな種類があり、それぞれ長所、短所があります。
ご自分に合った寝具を選ぶ際の参考にしてみるのも良いでしょう。

関連記事

特集コーナー

用途別カテゴリー

ブランド別カテゴリー

ページのトップへ戻る