高級布団店プレミアムストア

寝心地だけじゃない真綿布団の特徴|高級布団店プレミアムストア

トップ > 寝具の選び方 > 寝心地だけじゃない真綿布団の特徴

寝心地だけじゃない真綿布団の特徴

布団に詳しい人なら知っている真綿布団は高級布団の代名詞といっても過言ではありません。
キングオブダウンがアイダーダックの羽毛布団なら、キングオブ布団は真綿布団だと個人的に思っています。

真綿布団は木綿の綿とは異なり、絹、つまりシルクのことを意味します。
つまりシルクが中綿と側生地に使われているお布団のことなのです。

シルクといえば繊維の女王、つるつるの肌触りと肌に吸い付くようなしなやかさがあり、真綿布団はこのシルクの特性を最大限に生かした極上の寝心地のお布団なのです。
シルクを何層にも重ねて作られる中綿は空気をたくさん含み、軽やかでしなやかに体にフィットし、保温性も抜群です。

店頭などで一度触ってみればそのやわらかさ、気持ちよさを体感でき、思わず衝動買いしたくなる人もいるでしょう。
真綿布団はただ気持ち良いだけでなく、セリシンというたんぱく質がお肌になじみ、美容にも良いというから女性には有難いのではないでしょうか。

中にはアトピーに悩む方も真綿布団を使うことでかゆみが改善され、夜ゆっくり熟睡できるようになったという人もいるぐらいです。
これはシルクがお肌と同じ成分でできており、細胞を活性化させる作用があるからといわれています。

さらに埃も出にくく蒸れにくいから、アレルギーに悩む人も熟睡しやすいのです。
真綿布団が蒸れにくいのはシルクが吸放湿性を発揮してくれるからで、汗っかきの人にもおすすめの布団といえます。

一般的には神経痛やリウマチ、肩こり、冷え性の改善にも効果があるといわれます。
真綿布団をかけて寝ているだけでこれらの症状が改善し、健康になれるとしたら素晴らしいですね。

巷では価格競争が激しく安い布団がたくさんあふれていますが、汗を吸ってくれない布団はビニールを巻いているようなもの、心地よさ全然違います。
汗を吸ってくれないということは、体やお布団の表面に汗がびっしり溜まります。

汗が肌に触れると気持ちが悪いですし、時間が経つと汗が冷え、寝冷えの原因にもなるのです。
真綿布団は真綿自身が呼吸をする繊維なため吸放湿性に優れており、羽毛や羊毛よりも吸放湿性が高いというから驚きです。

蒸れや湿気を感じずにぐっすり眠りたい、うるおいがあるお肌になりたい、肌触りが心地よくてホコリの少ない、健康的に体を温めてくれるお布団が欲しいという人は真綿布団を使ってみてはいかがでしょうか。
欠点を上げるとすればシルクは大変デリケートな繊維であるため、基本的に水洗いできないという点ではないでしょか。

しかし真綿布団は静電気が起きにくく汚れにくいだけでなく、消臭、防臭効果があってニオイがつきにくいです。 そのため真綿布団は洗わなくても陰干しするだけで、清潔さや機能性が長持ちします。

石油系のドライは可能なので、たまにクリーニングに出せば十分でしょう。
難燃性も高いため火事になる心配も少なく、天然繊維であるため有害物質も発生しません。

さらに他の布団に比べかさ高がなく場所を取らないため、収納に困る心配もありません。
ただ繊維がデリケートなため、真綿布団の上に他の布団を重ねないようにしましょう。

高級シルクの肌掛け布団

  • シルクスキンザゴールド
  • シルクスキン
  • 天絹(てんけん)

関連記事

特集コーナー

用途別カテゴリー

ブランド別カテゴリー

ページのトップへ戻る