高級布団店プレミアムストア

布団の湿気取りシートの選び方|高級布団店プレミアムストア

トップ > 寝具の選び方 > 布団の湿気取りシートの選び方

布団の湿気取りシートの選び方

布団に湿気が溜まらないようにするにはどうすればよいか、それは毎日布団を上げて干すことです。
そうすればどんなに湿気が溜まりやすい部屋であっても、大抵はカビが生えたりしないものです。

しかし毎日布団を干すのは現実的に難しい、という人がほとんどなはずです。
その現状を打破するために、布団の湿気取りシートを使うのは有効な方法ではないでしょうか。

湿気取りシートは除湿シートとも呼ばれますが、布団から湿気を逃がすために便利な代物です。
使い方も簡単で布団の下に敷くだけで、高い効果があることが分かるはずです。

特に気密性の高い住居が増えている現代にあって、湿気取りシートは必需品といっても過言ではありません。
布団用湿気取りシートは性能も価格も幅広く、どれを選んだらよいのか迷うかもしれません。

比較的安価な湿気取りシートに使われているのは炭タイプやシリカゲルが使われているものでしょう。
性能もそこそこあり、使わないよりは良いですが、吸湿力はそれ程高くありません。

湿気取りシートですから、吸湿力が高い方が良いに決まっています。
しかし吸湿力が高すぎると乾燥に時間がかかるというデメリットがあります。

吸湿力が高いシートを毎日使うことで、湿気を一切吸わなくなってしまうかもしれません。
天日干しをすれば乾燥するスピードは速くなりますが、それでも完全に乾くのに時間はかかるでしょう。

そう考えると、吸湿力が低いシートの方が乾燥する時間が早く、陰干しでも夜までに乾いてくれるというメリットはあります。
1回に湿気を吸う量が少なくても、トータルで考えれば吸湿力が低下しないために長く使えるというわけです。

吸湿力が低いシートは値段も安価であるため、2,3枚買って使いまわすという方法も選べるでしょう。
しかし吸湿力が高くて、なおかつ放湿力の高い湿気取りシートがあれば一番良いと思いませんか。

吸湿力だけでなく放湿力に優れているのは、モイスファインという高級放湿繊維を使った湿気取りシートです。
吸湿力はシリカゲルの約2,3倍、放湿性もウールをしのぎます。

除湿シート
>>モイスファイン使用除湿シートさらっとファインはこちら

関連記事

特集コーナー

用途別カテゴリー

ブランド別カテゴリー

ページのトップへ戻る