高級布団店プレミアムストア

叩くのはNG!布団叩きの使い方|高級布団店プレミアムストア

トップ > 寝具の選び方 > 叩くのはNG!布団叩きの使い方

叩くのはNG!布団叩きの使い方

汗をかく時期になってくると、布団のお手入れが気になるところです。洗えるものであれば洗い、洗えないものでも、そのまま干すだけでも布団の中の水分が蒸発し、きれいな状態に保ちやすくなります。
干して取り込む前ですが、布団叩きを使っている方がいらっしゃるのではないでしょうか。

布団叩きイメージ



布団叩きを使うこと自体は決して悪いことではありません。しかし、力強くパンパンと叩いてしまうのは、布団の側地にとってよくありません。さらに、布団の中綿にまで衝撃が加わると、詰め物の痛みが早くなってしまう可能性があります。
布団叩きと聞くと、叩くことをイメージしがちですが、あまり力を加えず、撫でるに近い感覚で表面のホコリなどを払う感じをイメージして使うといいでしょう。


もう一つの注意点として、布団を部屋干しし、そのまま部屋の中で布団叩きを使用するのは避けましょう。叩かずに撫でるといっても、布団に付着したホコリや汚れを払うことには変わりありません。
ホコリ、汚れ、ダニの死骸などといったものはハウスダストの原因の一つになりがちです。布団叩きで刺激が加われば、付着した物の形が崩れて細かくなります。
細かくなったものが部屋の中に舞うと、呼吸で体内に吸い込んでしまう可能性がありますので、室内での布団叩き使用は控えてください。


最近では有名家電メーカーから布団クリーナー(布団用掃除機)が販売されているので、部屋干しの場合はこちらを使うといいかもしれません。もちろん、外干し後に布団叩きを使わず布団クリーナーを使うのも良いでしょう。
布団叩きでパンパン叩くより物理的な刺激が少ないので、側地も中綿も傷みにくいと言えます。布団クリーナーについては各家電メーカーによって仕様が異なるので、詳しくは調べてみてください。


撫でるように、とは書きましたが、シルクなどの高級でデリケートな側地を使っている布団は、そもそもご家庭でお手入れをするよりもクリーニング店にお任せしてしまったほうが間違いはありません。
毎回クリーニング店に出すのはお金がかかると思われるかもしれませんが、せっかくの高級寝具であればプロにお任せして長く使ったほうが買い替えを考えたとき、寝具の寿命が伸びた分安く上がったりすることもあります。
素材や洗濯表示などを参考にして、お手入れの方法を考えてみてください。


当店では洗えてお手入れがしやすい布団を取り揃えています。
よろしければこちらからどうぞ。


オールシーズン使える二枚合わせ掛け布団
Primaloft Duo(プリマロフト・デュオ)

プリマロフトDUOリンク


プレミアム品質に挑む、圧倒的な暖かさ
Primaloft(プリマロフト)ザ・プラチナ掛け布団

プリマロフトザ・プラチナリンク


関連記事

特集コーナー

用途別カテゴリー

ブランド別カテゴリー

ページのトップへ戻る