高級布団店プレミアムストア

電気毛布と湯たんぽはどっちが暖かい?併用できる?|高級布団店プレミアムストア

トップ > 寝具の選び方 > 電気毛布と湯たんぽはどっちが暖かい?併用できる?

電気毛布と湯たんぽはどっちが暖かい?併用できる?

今年の冬はとにかく寒いですね。
12月なのに各地で大雪が降っていますし、寒くて夜布団に入っても眠れないなんて人も多いのではないでしょうか。

羽毛布団や毛布を使っても体が冷え切っているため、体温で布団の中もなかなか暖かくなってくれません。
暖房をつけっぱなしで寝ると乾燥するし、ストーブなんてつけっぱなしだと危ないですし、困ったものです。

そんなときに頼りになるのが電気毛布や湯たんぽですね。
ここで気になるのが電気毛布と湯たんぽはどっちが暖かいのかというところです。

どちらも暖かいですが、結論を言えば湯たんぽより電気毛布の方が暖かいと思います。
とはいえ、お互いにメリットとデメリットがあります。

まず湯たんぽは電気を使わないので電気代もかかりませんし、安全です。
ただ毎回お湯を沸かして入れるのは面倒臭いですね。

そしてお湯をたっぷり入れると重いので、ご高齢や女性の方は湯たんぽを用意するのって結構大変ですね。
さらに容器が硬いので寝返りを打ったときに足をぶつけると痛いなんてこともあります。

暖かさの面では、湯たんぽは大体足元に置くので足元がはじんわり暖かいですし、布団全体も割と暖かいです。
快眠の条件とされる頭寒足熱の状態になるのですが、ただ上半身は若干寒いと感じる人もいるでしょう。

またお湯は時間が経てば温度が下がるので、布団の中の温度が冷えてしまうことを心配する人もいるでしょう。
確かに時間の経過とともに保温効果は下がっていきますが、意外と朝まで暖かいものです。

次に電気毛布ですが、こちらは電気の力で布団の中がすぐに暖かくなります。
体全体が均一的に暖かくなり、暖かさもコントローラーで調節可能です。

また毛布の中に針金のような電熱線が入っていますが、重さはそれほど感じません。
薄手の生地を使った毛布を買うとごつごつした感触が気になりますが、厚手の毛布を買えば電熱線の硬さは気になりません。

お値段も湯たんぽより高いですし、若干ですが電気代もかかります。
とはいえ電気代は1日使っても数円程度ですから、それほど気にしなくてもいいと思います。

ただ電気毛布は寝返りのたびにコントローラーの重さでコードが引っ張られる感じがします。
その分毛布がずれにくいというメリットもあるのですが、気になる人はいるでしょう。

電気毛布は温度を自分で調整できますし、電源を切らない限りは時間が経っても暖かさは変わりません。
ですから、電気毛布の方が湯たんぽより暖かいといえそうです。

ただ温度が自分で設定できる分、温度を下げすぎると低温やけどをする恐れもありますから、就寝時は電気毛布を高温で使用しないほうが良いでしょう。
もちろん湯たんぽでも低温やけどの恐れはありますから、注意してください。

ちなみに電気毛布と湯たんぽの併用は、局部加熱による低温やけどや電気毛布の故障の可能性を高めますからお避け下さい。

電気毛布

>>ヒートクラッカー電気毛布はこちら

関連記事

特集コーナー

用途別カテゴリー

ブランド別カテゴリー

ページのトップへ戻る