高級布団店プレミアムストア

シングルより小さいセミシングルベッドの大きさとメリット|高級布団店プレミアムストア

トップ > 寝具の選び方 > シングルより小さいセミシングルベッドの大きさとメリット

シングルより小さいセミシングルベッドの大きさとメリット

あまり聞きなれないかもしれませんが、布団にはセミシングルというサイズがあるのをご存知でしょうか。
シングルより小さいサイズで、スモールシングルなどと呼ばれることもあります。

シングルのベッドで幅が大体100cmくらいですが、セミシングルは幅が80cmから90cmと10cmから20cm程短くなっていて非常にコンパクトです。
シングルサイズだと部屋が狭くなったり圧迫感が出るので、もう少し小さいベッドが欲しいという人に丁度良いサイズです。

一人暮らしで部屋が狭いという人や、子供に使うのでシングルほどの大きさは必要ないという人は使ってみてはいかがでしょうか。
大人だと寝返りをしてベッドから落下する心配はそれほどないかもしれませんが、子供だとベッドから落ちないか心配という人もいるでしょう。

シングルより幅が狭いので寝返り時に落下するリスクも高くなりますが、その場合は柵(ベッドガード)付きのベッドを選んでみるとよいでしょう。
またクイーンサイズやキングサイズのベッドが欲しいが搬入や処分するときにが大変という場合は、セミシングル2枚買えば同サイズになるのでおすすめです。

ただ問題点を挙げるとすると、セミシングル用のマットレスや敷き布団、布団カバーやシーツは種類が少ないということです。
掛け布団や毛布などはシングルサイズでも使えると思いますが、マットレスや敷き布団、カバーやシーツはセミシングルのものを用意しないとぴったりはまりません。

柵(ベッドガード)付きでなければ、シングルサイズでも使えないことはありませんが、はみ出してしまうので落下の危険もありますし、見た目もよくありません。
カバーやシーツについては、伸縮性のあるのびのびシーツなどであればシングルサイズであっても使えるかもしれません。

これらのデメリットがありますが、気にしないという人はセミシングルを使ってみてもよいでしょう。
コンパクトでスペースを取らす、搬入や設置も楽な点はおすすめです。

関連記事

特集コーナー

用途別カテゴリー

ブランド別カテゴリー

ページのトップへ戻る