高級布団店プレミアムストア

何人寝れる?キングサイズベッドの大きさとは|高級布団店プレミアムストア

トップ > 寝具の選び方 > 何人寝れる?キングサイズベッドの大きさとは

何人寝れる?キングサイズベッドの大きさとは

一度はキングサイズのベッドで寝てみたいですね。
一般的に2人で寝るときはダブルサイズ以上のベッドで寝ると思いますが、もっとゆったり寝たいという人がクイーンサイズかキングサイズを選びます。

キングサイズはクイーンよりもさらに大きいサイズということになります。
クイーンサイズ以上であれば2人で寝ても寝返りも打ちやすく、お互いの睡眠を邪魔することなく眠れると思います。

キングサイズのベッドの大きさはメーカーによっても多少差異がありますが、幅が約180cm、長さは195cmから200cmくらいでしょうか。
シングルベッド2枚並べると幅が約200cmになり、正方形になりますが、このサイズをワイドキング、またはファミリーサイズというようです。

キングサイズの幅としてはおよそシングル2枚分より少し小さいサイズですから、大人2人でゆったり寝るのにちょうどよいサイズですね。
小さいお子さんと一緒に寝るようであれば、親子で3人並んで寝ることも可能だと思います。

ご夫婦で使うのはもちろん、お子さんが生まれたら一緒に家族で寝たいという新婚夫婦にもおすすめです。
しかしながらキングサイズのベッドを使う人は日本ではあまり多くないため、カバーリングなどの種類が少ないというデメリットがあります。

なかなか好きな色やお気に入りのデザインが見つからないと感じることもあるかもしれません。
またある程度部屋の大きさがなければ、キングサイズのベッドを置くことは難しいでしょう。

置くだけであれば最低6畳でも置けますが、歩くスペースなどが限られてしまいます。
寝室にサイドテーブルやタンスなどの家具を置いたり、スペースを確保したい場合は8畳以上の大きさは欲しいところです。

他にもキングサイズのベッドは非常に大きいため、搬入や移動が大変です。
事前に搬入経路を確保しておかなければ、買ったはいいものの部屋の中に運べないということがあるので事前に確認しておきましょう。

エレベーターに入らない、共用廊下が狭い、玄関に入らないなどの理由で、ベッドの搬入や移動ができないという場合は、分割タイプのマットレスもあります。
ちょうどシングルベッド2枚運ばれてくる感じですので、搬入や移動もだいぶ楽になると思います。

ただ分割タイプだと隙間ができてしまって、寝心地が悪い、落下の危険性があることも注意しなければなりません。
分割タイプの隙間が気になる場合は一体型のベッドパッドや敷きパッドを敷いたり、隙間スペーサーを活用してみることをおすすめします。

関連記事

特集コーナー

用途別カテゴリー

ブランド別カテゴリー

ページのトップへ戻る