事前対策で車への
イタズラや
車上荒らしを防ぐ
防犯カメラ

ご紹介します。

車に対してのカメラの特徴や
オススメの機能について
話したいと思います。
こんにちは、塚本無線楽天市場店です。

車に起こる被害だと運転中の事故や当て逃げ、駐車中での盗難や車上荒らしなどカメラが必要になる場面が多々あります。
犯罪を防ぐためにドライブレコーダーをつけたり、車庫の目立つ場所に防犯カメラを設置したりと個人で防犯対策をする必要があります。
ただ、カメラの機能やどういう場面で使用するのが最適かなんてわかる人は少数だと思います。
そこで本記事が簡単にではありますがドライブレコーダー・防犯カメラについて紹介したいと思います。

防犯カメラ・監視カメラの選び方


ドライブレコーダー


防犯カメラ・監視カメラの選び方
前後2カメラ監視
通常価格17,777円~
楽天で詳細を見る

「XPoE-4set」


防犯カメラ・監視カメラの選び方
日本製だから安心感が違うPoEカメラ
通常価格31,900円~
楽天で詳細を見る

昇太郎・まるちゃん


防犯カメラ・監視カメラの選び方
ワイヤレス防犯灯カメラ
通常価格14,800円~
楽天で詳細を見る

ご不明な点・疑問などがございましたら、
下記までぜひお問い合わせください。

防犯カメラ・監視カメラの選び方

ドライブレコーダーとは?

ドライブレコーダーとは?

ドライブレコーダー(ドラレコと呼ばれることもあります)は、運転中の映像・音声を常時自動で記録する車載装置です。
その種類はさまざまですが、大まかには業務用と自家用の2種に分けられます。
業務用は、タクシーなどの業務用の車両に取り付けることを目的としたもの。常時録画し、走行距離などを記録しています。
一方自家用は、事故発生時の記録を主な目的としたもの。衝突や急ブレーキなどで車に衝撃が加わると、
自動でその前後の映像や音声、時刻などを記録してくれるのが特徴です。
記録する項目の数が少ないため、業務用よりも安価で購入できますが、それでも値段はピンからキリまで幅広くあります。
また、最近では事故発生時だけでなく、業務用のように常時録画するタイプの自家用レコーダーも増えてきています。

ドライブレコーダーの
メリット・デメリット

ドライブレコーダーのメリット・デメリット

メリット

一番のメリットは、事故現場を記録することによって自己防衛ができることでしょう。
事故は、誰も見ていない場所で起こることもしばしば。相手によっては自分が有利になるように嘘やデタラメを言うことも少なくありません。
また、故意に車に衝突して慰謝料を請求してくるような、いわゆる当たり屋も存在します。
そういった時にドライブレコーダーが活躍。信号の色や周囲の状況、また当て逃げされた際の相手の車の特徴なども記録できるため、
その映像を警察や保険会社に提出することで、事後処理をスムーズに行うことができるのです。
事故の際、自身が不当な扱いを受けないためにも、真実を記録できるレコーダーは必要と言えるでしょう。
その他のメリットとしては、ヒヤリとした瞬間の運転を客観的に見ることで、自分の悪い運転特性を把握し、
安全運転への意識を向上させることができる点です。
さらに、常時録画するタイプのレコーダーなら、ドライブ時の映像を思い出として残しておくことにも役立つでしょう。
企業として業務車両へ装着する場合も「いつでも録画されている」という意識から危険運転をさせないための抑止効果があげられます。
また録画された映像を使用して危険予測訓練や個別の運転指導に利用できます。

デメリット

駐車中に起こる車上荒らしや車へのイタズラに対しては車内にカメラを付けても無意味といっていいでしょう。
車体に傷などをつけられた場合、車内にカメラを設置してしまうと証拠が撮影できないからです。
犯人は窓越しに映っても、車体にキズをつけている手元が見えないことも多くあります。
また、カメラを車内に設置しても窓ガラスで乱反射してしまい、うまく撮影できないこともあります。
犯人がよく見えるように車庫全体を見渡せる場所に設置することが重要です。

駐車中の防犯対策

駐車中の防犯対策

防犯カメラを設置する

カメラを設置する事で「監視されている」という意識を与え、被害を事前に防ぐ抑止効果があります。
もし被害にあった場合も、映像を録画しているので証拠取りにも役に立ちます。ニュースでもよくありますが、
「防犯カメラの映像が証拠となり犯人が捕まった」という話は幾度と聞いたことがあるはずです。
駐車場に限った話ではありませんが、攻守一体の防犯カメラは犯罪対策として非常に有効なのです。

防犯ステッカーを貼る・
ダミーカメラを設置する

一番簡単に実行でき、効果もある程度期待できる対策です。見える場所にステッカーを貼るだけで
「どこかに監視カメラがあるかもしれない」という意識から抑止効果が生まれ、事前に被害を抑えることができます。
コストに比べパフォーマンスの高い対策といえます。
また、ステッカーだけでなく、ダミーカメラも同時に設置すると効果が高くなります。実際にカメラが付いているのをアピールするために、
見える場所へ設置して威嚇効果を狙います。弱点としては、実際に被害にあってしまった時に何も残せない事です。

防犯灯カメラ・
センサーライトカメラを設置

この方法も威嚇効果を狙った対策となります。犯行に及ぶ場合は、バレないようにこっそりと事に及びます。
その為、被害にあうのは目立ちにくく人の少ない夜間の割合が高くなっています。
センサーライトを設置する事で強制的に目立つ環境を作ってあげるのです。
夜間にライトがつくと、当然目立つし状況が目で見えます。その状況で最後まで犯行する事は非常に稀でしょう。
ある意味、防犯カメラよりも威嚇効果が高い対策となりますが、弱点としては昼間は効果が薄いという事です。

駐車場選び

愛車のいたずら防止を考えるとき、以外に見落としがちなのが駐車場所です。
金銭以外にも、それぞれに諸事情があるので、いちがいにどんな駐車場がベストとはいえないのですが、
青空駐車場と一軒家のガレージとではリスクはまったく異なります。
月極駐車場でも表通りに面したものから、裏路地にあるもの、さらには場内の停める位置でもリスクは変わってきます。
また、機械式の物もあれば平置き、建物の地下など、さまざまな駐車場があります。
数千円安いからといって人通りの少ない青空駐車場を選ぶよりも、
安全対策のために、治安の良い(セキュリティ対策が施された)駐車場を選ぶのもポイントです。

オススメの機能


防犯カメラ オススメの機能

画質

事故の際に証拠となるドライブレコーダー・防犯カメラは、「相手のナンバーが読み取れるかどうか」「人の顔を認識できるか」が重要です。
そのため、できるだけ画質のよいドライブレコーダー・防犯カメラを選びましょう。画質のよさは、主に「解像度」と「画素数」で表されます。
解像度は「1920×1080(フルHD)」、画素数は「200万画素」以上を目安に選ぶとよいでしょう。

画角

ドライブレコーダーは、撮影できる画角(視野角)が広いほど安心できます。
事故は必ず真正面で起こるとは限らず、たとえば斜めから当てられた、ということも十分に考えられるからです。
ドライブレコーダーの画角には「水平画角」(横の撮影範囲)、「垂直画角」(縦の撮影範囲)、「対角画角」(斜めの撮影範囲)の3つがあります。
このうち最も重要なのが水平画角で、各メーカーによって平均値はまちまちなのですが、できれば108°以上で、
さらなる安心を得たいなら120°以上の水平画角を持つ機種を選んでおくことをおすすめします。

デュアルカメラ

2つのカメラ(デュアルカメラ)を搭載したドライブレコーダーも人気が高く、前方だけでなく後方の映像も同時に記録することが可能。
後ろからの煽り運転にも有効で、追突事故の被害に合った時にも後方の映像は重要な証拠になります。
前後を映すことで死角も少なくなり、より精度の高い映像を記録できるメリットがあるのです。

暗視機能

暗視機能があれば、真っ暗闇の中でも克明な映像を記録することが可能です。
人では目視できない赤外線という光を活用していることが理由になります。
照明器具がもともとついていない場所や、特定の時間になると明かりが消えて真っ暗になってしまう場所への設置が向いているといってよいでしょう。

PoE

PoEとは、LANケーブルを使用してネットワークの構築をしながら電力の供給ができる技術のことを言います。
つまり、LANケーブルを使用して、ネットワークを接続すると同時に電力にもつなげることができるのです。
これにより、電源を必要としないので、場所を選ばず設置が可能になります。

オススメのカメラ

ではここからは実際にオススメのカメラについてご紹介をしていきます。

ドライブレコーダー

前後2カメラを搭載したドライブレコーダーは人気が高く前方だけではなく後方からの追突事故などの映像は重要な証拠となります。
そして撮影できるので死角が少なくなり、より精度の高い映像を記録できます。
microSD最大32Gに対応していますが、もし容量がいっぱいになったとしてもループレコーディング機能を搭載しているので古い映像から消去し、
新しい映像を記録してくれます。
肝心なときに容量が足りなくなり、映像が記録できないといった不安がなく安心して使用できます。

ドライブレコーダー 防犯カメラ 前後2カメラ 塚本無線
おすすめ

XPoEカメラ4台セット

外電源が不要、録画装置とカメラはLANケーブル1本の簡単接続 PoEカメラはネット環境がなくても簡単に設置できる今人気の防犯カメラです。
PoE給電を利用することで、防犯カメラは外電源が不要となりLANケーブルから電源をカメラに 供給することが可能になるため、
LANケーブル1本でスッキリした配線が可能です。

外電源が不要なので工事にかかる費用も他と比べて比較的安く抑えられるケースもあります。

ネット環境を利用してもしなくても利用が可能で、利用しない場合は外出先から映像を確認することはできません。
映像も最大4K(800万画素)に対応しており、証拠映像を残すのに最適です。
また、PoEカメラは常時録画が可能なため、家庭用の簡易的な用途から業務用の本格的な用途まで 幅広くご利用いただくことができます。

PoEカメラ 電源不要 IPカメラ 塚本無線
おすすめ
  • xpoe-4set
    安心の日本製
    楽天ランキング1位獲得!

    31,900円 (税込)~

    総合評価4.45

    ※2020/11/18時点

    こちらの製品で正解でした
    カメラ1台の設置固定に多少時間かかりましたが、レコーダー、モニターとの接続、設定は簡単でした。 カメラ固定設置の際、一番カメラ寄りの角度調整固定する六角ナットビスがゆるめた際に台座部分とカメラ 本体が少し外れていることに気が付かず、固定ビスをしめても、だらんと角度固定できずしばらく難航しましたが、台座にカメラ本体を押し込んで可動部分に隙間が無い状態でビスを締めたら効いてくれました。 メーカーさんではすすめられていない、室内ガラスを通して外に向けた設置です。昼夜撮影は難しいことは 承知して、設置してみました。当方の設置環境では、かなり想定以上の満足な結果でした。外が明るいうちはかなりきれいな映像、動作感知良好です、夜間も多少明かりがある状況であれば多少室内の反射映り込み があっても問題なく撮影できています。深夜真っ暗な状況では赤外線の反射できびしい状況でした。それは想定していたので問題なしです。フレームレートは15fpsが初期設定でしたが、5fpsで現在は使用しています。他のSDカードを使用した少し安い製品とかも検討しましたが、こちらの製品で正解でした。

    楽天で詳細を見る

昇太郎・まるちゃん

防犯灯で夜間も明るく広範囲をカラー撮影可能。防犯灯の強い光と、
不審な動きを検知すると自動的にサイレン鳴る機能で不審者を威嚇・撃退してくれます。
さらにパソコン限定ではありますが、専用アプリを使えば、最大36台までのカメラの映像を同時に管理できる分割表示機能が搭載されています。
他にも365万画素、3.6mm広角レンズ、microSD最大128G対応など、色々な便利機能が搭載されているので、 用途を選ばず幅広く使用できます。

防犯灯カメラ wifi カラー撮影 塚本無線
おすすめ
  • wtw-pr153hjsd
    ワイヤレス防犯灯カメラ
    楽天ランキング1位獲得!

    14,800円 (税込)~

    総合評価4.11 レビュー件数:308件

    ※2021/06/02時点

    とてもいい商品でした。
    カメラ1台の設置固定に多少時間かかりましたが、レコーダー、モニターとの接続、設定は簡単でした。 初めて防犯カメラを購入したので、何を選んでいいのか不安でしたが、とても良い商品でした。 画像もキレイで、外に設置しましたが、wifiも問題なく使用できました。 暗い所では白黒画像ですが、きれいです。何か動きを察知すると、光が付いて、画像もカラーになりとても見やすいです。 専用のアプリで、携帯でみれます。 信頼できる商品だと思いました。 ありがとうございました!

    楽天で詳細を見る

まとめ

PoEカメラ まとめ

運転中の事故のリスクを減らしたいなら画質・画角が良いドライブレコーダーを選び、
駐車中の愛車を盗難やイタズラから守りたい場合はPoEや暗視機能が搭載された防犯カメラ選ぶなど、
上述したポイントを参考のうえ「自分にはどの機能が必要なのか」をしっかりと見極めてから購入することをおすすめします。


こちらの記事もおすすめです