電源・配線が
不要な
PoE防犯カメラ
ご紹介します

普通の防犯カメラでは設置できないような場所でも
PoEなら設置可能!
こんにちは、塚本無線楽天市場店です。
PoE防犯カメラをみなさんはご存知ですか?

PoEカメラは 電源がない場所でも給電が可能でLANケーブル1本で済むので配線工事も不要なため、
防犯カメラを初めて設置する方にオススメです。

防犯カメラに慣れている方でも使い勝手が良く、幅広い用途が期待できるので、今後必要とされていくのはPoEカメラであり、
機能の改善により、様々な恩恵をもたらしていくと思われます。



防犯カメラ・監視カメラの選び方


最大800万画素 外電源不要のPoE防犯カメラ「XPoE 4ch/8ch」


防犯カメラ・監視カメラの選び方
1~4台PoE防犯カメラセット
通常価格29,999円~
楽天で詳細を見る

外電源不要のPoE防犯カメラ「500万画素 XPoE 8ch」


防犯カメラ・監視カメラの選び方
電源不要・LANケーブル1本
通常価格27,999円~

楽天で詳細を見る

PoE防犯カメラについてご不明な点・疑問などがございましたら、
下記までぜひお問い合わせください。

防犯カメラ・監視カメラの選び方

PoEカメラとは?

PoEカメラとは?

PoEとは、パワー オーバー イーサネット(Power over Ethernet)の略です。
「ピーオーイー」と読みます。
PoEとは、LANケーブルを使用してネットワークの構築をしながら電力の供給ができる技術のことを言います。
LANケーブルとは、パソコンなどの設定をされたことがあればおわかりになられるかと思います。
パソコンやモデムなどとネットワークをつなぐケーブルのことです。つまり、LANケーブルを使用して、
ネットワークを接続すると同時に電力にもつなげることができるのです。
これにより、電源を必要としないので、配線工事も不要なので、 配線やADアダプタに悩まされることがなく、
見た目がスッキリし、故障や不具合のリスクが下げる事ができます。

PoEカメラのメリット

PoEカメラ メリット

カメラの増設や移動の際に便利

今後、アナログカメラよりもPoEカメラでの開発が活発となり、アナログカメラは次第にその役割を終息していくか、
ある種の専門性をもって運用されることになっていきます。

PoEカメラの拡張性は高く、今後の防犯カメラの運用の中で「やはりあのポイントも必要だった」といった再検討の必要が出た際、
レコーダーの入出力端子などはまったく気にする必要が無く、手軽に増設(または廃止)が出来ます。

LANケーブル1本で映像データの
通信と電源を供給できる

LANケーブル1本で配線が終了するので、ネットワーク機器と防犯カメラを繋ぐことで、LANケーブルがデータと電力の両方を賄う環境が整います。

電源を確保しづらい場所でも設置が
可能で工事が容易

LANケーブルで電力を供給するので、屋上や屋外、壁、天井など電源を確保しづらい場所でも防犯カメラの設置が可能です。
さらに長距離配線の場合、同軸ケーブルよりも軽いため工事が容易です。これは工事業者にとってのメリットですが、
お客様にとっても工事が簡単に済むのであれば、工期の時間が短くなる、難しい工事に比べると工事費用が抑えられます。

PoE防犯カメラのデメリット

PoE防犯カメラ デメリット

アナログカメラに比べると価格が高い

価格がアナログカメラに比べ割高となります。最新技術が用いられているので必然的に費用が上がってしまいますが、
それでも利便性を考えると納得ではないでしょうか。

設置する場所によっては盗まれやすい

簡単に自分で設置できるということをメリットとして挙げましたが、 泥棒からすると盗みやすい場所に設置されているということでもあります。
基本的に防犯カメラは手の届かない場所に設置した方がいいという理由から地上から3.5mほどの位置に設置するのがいいとされています。
電源不要モデルの防犯カメラは電源があり、高い位置に設置されている防犯カメラと比較すると盗まれやすいという特徴があります。

LAN配線なので伝送距離が
LANに依存する

LANケーブルが持つ「施設内での最大伝達距離」は100mであり、100mを超過するとデータの信号強度が弱まるため、
HUBやスイッチ機器などを中間に挟まなくてはなりません。

しかしLANケーブルの信頼性は高く、最近ではLANケーブル起因のトラブルもめっきり少なくなりました。

オススメの機能


PoE防犯カメラ オススメの機能

防水防塵機能

屋外に設置すること場合、防水防塵機能があれば、雨に濡れたり、砂ぼこりが入り込んだりして壊れる心配がなくなります。
とくにIEC(国際電気標準会議)という機関が定めたIP規格という数値が、54以上あるものがオススメです。

屋外に設置する防犯カメラを選ぶ際は、最低限の条件といってよいでしょう。

保護等級性能が高いほど密閉度を高めなければならず、機器のコストは高価である。設置場所に応じた保護等級の設定を行い、過剰な設定をしないことが重要である。 場所に応じた防水・防塵性能を持つ器具を選定することは経済設計につながる。

暗視機能

暗視機能があれば、真っ暗闇の中でも克明な映像を記録することが可能です。人では目視できない赤外線という光を活用していることが理由になります。
照明器具がもともとついていない場所や、特定の時間になると明かりが消えて真っ暗になってしまう場所への設置が向いているといってよいでしょう。

人感センサー

人の存在を検知すると、自動的に搭載されている照明を点けたり、検知した情報を送信してくれる機能です。

ライトに照らされれば不審者はそれ以上の接近を嫌がりますし、遠隔地にいるときに人の接近がわかればリアルタイム映像を確認して、
警察を呼ぶなどの対応がとれます。
より高度なセキュリティを求めている方は、この機能が搭載されているものを選ぶとよいでしょう。

オススメの設置場所

PoEカメラとは?

PoE防犯カメラは設置場所に電源がなくても設置可能ですのでそこまで場所を選びませんが、
カメラの形状によって使用用途や場所を選ぶとより防犯効果が期待できます。

玄関や駐車場などの屋外

屋外はバレット型を選ぶと良いでしょう。
バレット型は抑止効果が高く、よりカメラの存在をアピールしたい場合に有効です。

さらに防水防塵機能が搭載されていれば、なお良いでしょう。

店舗やオフィス内などの屋内

屋内はドーム型を選ぶと良いでしょう。
ドーム型は目立たず優しい印象をお客様に与えます。お客様などに配慮が必要なシーンなどで活躍します。

さらに広角レンズであれば、なお良いでしょう。

おすすめの
PoE防犯カメラ2タイプ

ではここからは実際におすすめのPoE防犯カメラについてご紹介をしていきます。

800万画素 XPoE防犯カメラ1~8台セット

外電源が不要、録画装置とカメラはLANケーブル1本の簡単接続 PoEカメラはネット環境がなくても簡単に設置できる今人気の防犯カメラです。
PoE給電を利用することで、防犯カメラは外電源が不要となりLANケーブルから電源をカメラに 供給することが可能になるため、
LANケーブル1本でスッキリした配線が可能です。

外電源が不要なので工事にかかる費用も他と比べて比較的安く抑えられるケースもあります。

ネット環境を利用してもしなくても利用が可能で、利用しない場合は外出先から映像を確認することはできません。
映像も最大4K(800万画素)に対応しており、証拠映像を残すのに最適です。
また、PoEカメラは常時録画が可能なため、家庭用の簡易的な用途から業務用の本格的な用途まで 幅広くご利用いただくことができます。

PoEカメラ 電源不要 IPカメラ 塚本無線
おすすめ
  • xpoe-4set
    800万画素録画機orモニター一体型
    楽天ランキング1位獲得!

    29,999円 (税込)~

    総合評価4.38 レビュー件数:910件

    ※2022/09/20時点
    こちらの製品で正解でした
    カメラ1台の設置固定に多少時間かかりましたが、レコーダー、モニターとの接続、設定は簡単でした。 カメラ固定設置の際、一番カメラ寄りの角度調整固定する六角ナットビスがゆるめた際に台座部分とカメラ 本体が少し外れていることに気が付かず、固定ビスをしめても、だらんと角度固定できずしばらく難航しましたが、台座にカメラ本体を押し込んで可動部分に隙間が無い状態でビスを締めたら効いてくれました。 メーカーさんではすすめられていない、室内ガラスを通して外に向けた設置です。昼夜撮影は難しいことは 承知して、設置してみました。当方の設置環境では、かなり想定以上の満足な結果でした。外が明るいうちはかなりきれいな映像、動作感知良好です、夜間も多少明かりがある状況であれば多少室内の反射映り込み があっても問題なく撮影できています。深夜真っ暗な状況では赤外線の反射できびしい状況でした。それは想定していたので問題なしです。フレームレートは15fpsが初期設定でしたが、5fpsで現在は使用しています。他のSDカードを使用した少し安い製品とかも検討しましたが、こちらの製品で正解でした。

    楽天で詳細を見る

530万画素 XPoE防犯カメラ1~8台セット

外電源が不要、録画装置とカメラはLANケーブル1本の簡単接続 PoEカメラはネット環境がなくても簡単に設置できる今人気の防犯カメラです。

PoE給電を利用することで、防犯カメラは外電源が不要となりLANケーブルから電源をカメラに 供給することが可能になるため、
LANケーブル1本でスッキリした配線が可能です。
外電源が不要なので工事にかかる費用も他と比べて比較的安く抑えられるケースもあります。

ネット環境を利用してもしなくても利用が可能で、利用しない場合は外出先から映像を確認することはできません。
4setに比べると530万画素ですが最大8台まで監視可能。監視も色んな角度で録画できるので証拠能力も一級品です。
また、PoEカメラは常時録画が可能なため、家庭用の簡易的な用途から業務用の本格的な用途まで 幅広くご利用いただくことができます。

PoEカメラ IPカメラ 電源不要 塚本無線
おすすめ
  • WTW-NV259GP3
    電源不要・LANケーブル1本
    楽天ランキング1位獲得!

    27,999円 (税込)~

    総合評価4.33 レビュー件数:111件

    ※2022/09/20時点
    2度目の購入
    2度目の購入でした。初会の購入で商品対応含め満足でしたので、安心して2度目も購入しました。 接続から設定まで簡単でカメラの映りも満足のいくものでした。付属のLANケーブルは使用しなかったので、必用かどうか選択できるとよかったかなとも思います。全体的に大変満足です。また必用になればここで購入したいです。

    楽天で詳細を見る

800万画素 XPoEモニター一体型防犯カメラ2・4台セット

モニター一体型の録画装置に対応したPoE防犯カメラセットが新登場!

モニター一体型録画装置とPoE給電カメラ間のケーブルは1本で完結、きれいな配線を実現するだけでなく、録画装置もモニターと一体化したことで より省スペースに防犯システムを構築する事が可能となりました。

録画容量も標準で1TBを搭載、さらに長時間の録画が必要な方にはオプションで4TBまで容量を拡張できます。 選べるカメラの種類も26種類から選択でき、お客様の用途にあったカメラをカスタマイズすることができます。

PoEカメラ IPカメラ 電源不要 塚本無線
おすすめ
  • WTW-BNV269EPL
    電源不要・LANケーブル1本
    楽天ランキング1位獲得!

    47,125円 (税込)~

    総合評価4.42 レビュー件数:71件

    ※2022/09/20時点
    取り付けの簡単さが決め手でした!
    自身の自宅へ取り付けを考えており 取り付けの簡単さと機能面での確実性 トラブルシューティングの簡単さで LAN接続のタイプを選びました。 家の外側での電源が不要でLANケーブル1本で接続! 万が一のトラブルの時も電源ケーブル等複数の配線を 確認する必要もなく簡単だと思いました。 無線タイプもいいとは思いましたが、確実な有線タイプを購入しました。 対応も丁寧なので安心して購入できました。

    楽天で詳細を見る

500万画素 少しの明かりで24時間フルカラー 小型PoE1~4台セット

高級モデル、 夜間でも街路灯などがあれば、鮮明な夜間カラー映像が撮影ができるPoEカメラセットです。

通常のPoE給電カメラと比較して、小型サイズの本カメラは設置もしやすく見栄えも抜群! 録画装置は標準で2TBを搭載しているため、長時間の録画も安心です。

PoEカメラ IPカメラ 電源不要 塚本無線
おすすめ
  • WTW-NV4044GP2
    電源不要・LANケーブル1本
    楽天ランキング1位獲得!

    68,800円 (税込)~

    総合評価4.20 レビュー件数:5件

    ※2022/09/20時点
    実用的には十分な品質です。
    設置完了まで正直不安でしたが、全般的に期待を上回りました。 夏休み前の駆け込みでしたが配送は注文翌日に到着、カメラもレコーダーも問題なく作動しています。 接続も簡単でカメラとLANケーブルの接続部材も入っており安心して作業できました。530万画素ですが画質も問題なく、夜間もきれいに映っています、携帯アプリも入れましたが難なく遠隔監視もできて、とても満足しています。いい買い物が出来ました。

    楽天で詳細を見る

まとめ

PoEカメラ まとめ

以上、ここまでPoEカメラについての記事はいかがでしたか。

PoE防犯カメラは、最新技術が用いられており、LANケーブル一本で配線が完了し、電源も必要ないのでとても便利です。

ですが、デメリットも確実に存在しているので、設置したい場所や必要な機能など現在の状況に照らし合わせてみて、
自分に必要な防犯カメラを選び一度検討してみてはいかがでしょうか。


こちらの記事もおすすめです