日本酒、地酒、焼酎、梅酒、果実酒の蔵元正規特約店 ≪銘酒本舗 IMANAKA SAKESHOP≫

お問い合わせ会社概要決済/配送/返品当店についてよくあるご質問楽天

銘酒本舗 IMANAKA SAKESHOP
梅酒・果実酒

北海道


東北地方

山形県

【山形県】 楯野川酒造株式会社(たてのかわしゅぞう)

楯野川酒造株式会社(たてのかわしゅぞう) ― 精米50%以下の酒米による、純米大吟醸だけを造る蔵元 ―

創業天保3年(1832年)。
昔ながらの手作りで特定名称酒だけを醸すことで有名な、歴史のある蔵元です。
「地元の酒米で、そして造り手の顔が見える酒米で、美味しい日本酒を造りたい。」
そんな思いから平成17年より、地元農家と契約栽培の取組が始まりました 。
綺麗で透明感のあるお酒の源は、雪が多い山形県ならではの良質で豊富な標高2236mの鳥海山の伏流水。
自社精米、蓋麹法での造りに徹底したこだわりを持ち、一切の妥協を許さない姿勢を貫かれていることが、全国で愛され多くのファンに飲み続けられている一番の理由でしょう。
フルーツの名産地山形県ならではの果実酒にも力を入れられています。



楯野川
楯野川
たてのかわ
子宝
子宝
こだから
ホームランまっこり
ホームラン
まっこり

ページ上部へ戻る



中部(信越・東海・北陸)地方

新潟県

【新潟県】 八海醸造株式会社(はっかいじょうぞう)

八海醸造株式会社(はっかいじょうぞう) ― 洗練された淡麗辛口 ―

日本酒に興味のない人でも名前くらいはご存知なくらい有名な、新潟県の代表銘柄「八海山」は、大正11年(1922年)創業の歴史ある蔵元です。
越後三山の一つ”八海山”に由来する酒名の通り、八海山系の伏流水を用いて仕込まれています。
酒造りの基本は"吟醸酒"造り。
高精白の原料米を用いて、丁寧な酒造りを心掛けられています。



八海山
八海山
はっかいさん
宜有千萬
宜有千萬
よろしくせんまん
八海山の梅酒
八海山の梅酒
はっかいさんのうめしゅ

ページ上部へ戻る


石川県

【石川県】 株式会社小堀酒造店(こぼりしゅぞうてん)

株式会社小堀酒造店(こぼりしゅぞうてん) ―菊酒の風土に育まれた伝統の企業である自覚と、
酒が文化の精髄である認識をもとに、 酒と食を通じ人々の生活に豊かさを提供する―

創業江戸享保年間。
室町時代に既に名が出ている日本三名酒の一つ「加賀菊酒」の生産地。
特A地区口吉川産の山田錦、特別契約米の北陸12号等原料米にこだわり、優秀な南部杜氏によって今なお手造りを主体にした製法で、コクのあるしっかりした味わいの日本酒を醸しています。

・金沢国税局酒類鑑評会:優等賞(1回)、金賞(通算22回)
・全国新酒鑑評会:金賞(通算15回)、入賞(1回)
・南部杜氏自醸清酒鑑評会:優等賞、首席大蔵大臣賞
・全国清酒鑑評会 特選第1位
・International Wine Challenge 2010 Sake(純米酒)部門:
 Silver Medal、Bronze Medal
・インターナショナル・ワインアンドスピリッツ・コンペテション 優等賞
・2002年度 グッドデザイン賞 商品デザイン部門
・2002年度 グッドデザイン賞 新領域部門/新領域デザイン



加賀梅酒
加賀梅酒
かがうめしゅ

ページ上部へ戻る


長野県

【長野県】 菱友醸造株式会社(ひしともじょうぞう)

菱友醸造株式会社(ひしともじょうぞう) ― 料理の味が冴える酒、透明感のある酸味 ―

創業大正元年(1912年)。
全国に一万余の御分社をもつ諏訪大社で、七年に一度行われる御柱大祭の御神木のふるさと「大平」よりいでて東俣川となる清流の水の旨さは、下諏訪町民3万人の咽を潤し又誇りとしているところです。
初代創業者はこの水で清酒を造ることに着眼しました。
或る夜、諏訪湖に飛来し一服の安らぎをとる鶴の華麗さを夢の中に見て、名柄に「御湖鶴」と命名しました。



御湖鶴
御湖鶴
みこつる
御湖鶴
御湖鶴
みこつる
梅香
御湖鶴りんご
みこつる

ページ上部へ戻る


岐阜県

【岐阜県】 玉泉堂酒造株式会社(ぎょくせんどうしゅぞう)

玉泉堂酒造株式会社(ぎょくせんどうしゅぞう) ― 真に味で評価される「旨い酒」を目指して ―

創業文化3年(1806年)。
醴泉は全国の限られた販売店のために特別に醸された清酒です。
仕込み水には日本名水百選に選ばれた「掬水泉」(軟水)を使用し、原料に兵庫県の特A地区山田錦、五百万石など酒造好適米をふんだんに使います。
高精白、手造り、小仕込み、全ての酒を超大型冷蔵庫でゆっくりと熟成させ味を慣れさせてから出荷する、名実ともに岐阜県で一番の名醸蔵。
平成14年から新たなブランドで「酒脱」が生まれました。
「洒脱」はかなりのコストがかかっているにも関わらず、価格をおさえたお値打ちなお酒です。



醴泉
醴泉
れいせん
洒脱
洒脱
しゃだつ
醴泉
醴泉
れいせん

ページ上部へ戻る



関東地方

茨城県

【茨城県】 明利酒類株式会社(めいりしゅるい)

明利酒類株式会社(めいりしゅるい) ― 高品質の製品を継続かつ安定的に供給して行くことは、私ども企業の大きな使命 ―

創業昭和25年(1950年)。
江戸時代末期の安政年間に、初代加藤高藏が水戸藩吉田村(現水戸市元吉田町)において創業した加藤酒蔵店が前身です。
明利小川酵母(日本醸造協会10号酵母)やM-310酵母を開発した蔵元で、現在は醸造用アルコール・清酒・焼酎・発酵調味料等を製造する酒類総合メーカーとして着実に成長されています。

・第2回大阪天満天神梅酒大会:日本一
・全国新酒鑑評会:金賞受賞



梅香
梅香
ばいこう

ページ上部へ戻る



関西地方

滋賀県

【滋賀県】 浪乃音酒造株式会社(なみのおとしゅぞう)

浪乃音酒造株式会社(なみのおとしゅぞう) ― 三兄弟杜氏!若き三兄弟が醸す注目の酒蔵 ―

創業文化元年、比叡山の高僧によって「浪の音」と命名されました。
滋賀県本堅田に名酒ありと、その名をとどろかせ現在に至ります。
比叡山系の豊かな雪解け水を仕込みに使用し、豊かな郷土から産まれた近江米などの他に、酒造好適米をふんだんに使用した酒造りを行っています。
酒質の向上は目覚しいものがあり、総石数300石という大変小さな蔵元でありますが、小さい事を最大限に活かし、仕込タンクも全て800kgと大吟醸並の手造り小仕込を貫かれています。
麹室も新築され、吟醸系のお酒を充分活かしきれる造りに進化しました。



浪乃音
浪乃音
なみのおと
浪乃音
浪乃音
なみのおと
かぼスッキリ
かぼスッキリ
梅ほのか
梅ほのか
うめほのか

ページ上部へ戻る


京都府

【京都府】 城陽酒造株式会社(じょうようしゅぞう)

城陽酒造株式会社(じょうようしゅぞう) ― 米と水の交響曲 ―

創業明治28年(1895年)。
連綿として酒業一途に邁進し、培われてきた伝統を礎に、数々の鑑評会(全国新酒鑑評会等)の受賞を得てきた酒蔵です。
近年では愛される地酒として酒米づくりやその他イベントを企画し、さらに親しまれる酒造りを目指して活動されています。
地元の青谷梅林で採れる肉厚で香り高い大粒の梅の実(城州白)を用い、添加物を一切使わず3年以上寝かせた本格梅酒を造られることでも有名です。



徳次郎
徳次郎
とくじろう
青谷の梅
青谷の梅
あおだにのうめ

ページ上部へ戻る


【京都府】 株式会社北川本家(きたがわほんけ)

株式会社北川本家(きたがわほんけ) ―私たちは日本酒の製造販売を通して、日本文化の発展に寄与し、
人々の真に豊かな生活の実現に貢献します―

創業明暦3年(1657年)。
伏見には83軒の造り酒屋があり、「鮒屋の酒」は伏見の代表酒として三十石船に乗って淀川を下り、大坂から江戸に運ばれ東人(あずまびと)の舌をとらえたと伝えられています。
江戸時代初期、宇治川(淀川)沿い豊後橋(観月橋)の近くで「鮒屋(ふなや)」という船宿を営んでいた初代 四郎兵衛がお客様にだすための酒を自分でつくりはじめたのが酒造りの第一歩とされています。
明治43年 十代目 北川三右衛門が中国の四書五経の文献より「富此翁」の表現をみつけ、酒銘を「富翁」としました。
「富此翁」の富は貧富を表すのではなく、精神的な豊かさを言い「心の豊かな人は晩年になって幸せになる」という意味です。
酒どころ京都・伏見で酒造り一筋三百五十年、「富翁」には、飲む人の心まで豊かになるような酒を造りたい、そんな思いが込められています。



はんなり梅酒
はんなり梅酒
はんなりうめしゅ

ページ上部へ戻る


大阪府

【大阪府】 株式会社河内ワイン(かわちわいん)

株式会社河内ワイン(かわちわいん) ― 沢山の手間と時間と情熱をかけた梅酒 ―

創業昭和9年(1934年)。
ワインの原料であるぶどうの祖先は、有志以前にさかのぼります。
古代西アジアが発祥の地と思われているワインは、ヨーロッパ各国で愛飲され、日本へと伝わり、醸造が活発になります。
明治時代中頃、現在の新潟県上越市で悪条件のなか偉大な業績を残した川上善兵衛氏は「日本のワインの父」としてよく知られています。
ワイン文化が大阪・駒ヶ谷に根付くのは、それから50年程経った昭和9年(1934年)のことです。
金徳屋洋酒醸造元〈現(株)河内ワイン〉の創業者、金銅徳一が「大阪ワイン(河内ワイン)の父」なのです。



福梅
福梅
ふくうめ
福梅
かれんなうめ酒

ページ上部へ戻る


奈良県

【奈良県】 梅乃宿酒造株式会社(うめのやどしゅぞう)

梅乃宿酒造株式会社(うめのやどしゅぞう) ― あえて時代の流れの淡麗辛口に逆らい、懐の深い旨口の酒を作り続ける ―

「あえて、こだわる」小さな蔵の旨口の酒。
奈良盆地の南西。葛城の山と二上の山の麓に、小さな蔵はあります。
明治26年創業は、奈良の地では決して古くはありません。
創始・熊太郎氏は新規参入の心意気で、品質にこだわってシェアを広げられました。
昭和57〜60年の第2次地酒ブームでは「梅乃宿」の名も一気知れ渡りましたが、
「100年を超える歴史をもっていても、酒蔵としてはまだまだ若造です。初代熊太郎から数えてもまだ4代目なのです。」と、謙虚な蔵元です。
蔵人さんも若く、元気な若い力で今なお品質にこだわって「旨口の酒にこだわって、奈良の歴史と風土を彷彿とさせる酒を造りたい」という想いを持ち続けられている熱い酒蔵です。



梅乃宿
梅乃宿
うめのやど
梅乃宿
梅乃宿
うめのやど
梅乃宿
梅乃宿
うめのやど

ページ上部へ戻る


【奈良県】 今西酒造株式会社(いまにししゅぞう)

今西酒造株式会社(いまにししゅぞう) ― 三輪の地で生まれた銘酒 ―

江戸期の創業より約290年。
大和の国は古来より政治経済の中心地でもあり、日本酒も奈良の地から発祥し栄えました。
特に日本酒と最も縁深いのが三輪にある大神神社です。
わが国最古の神社ともいわれる大神神社は、酒と杜氏の神を祀っていることから全国の酒造や 杜氏が集まります。
「田舎酒には、地元で育てた米を、地元の蔵元が醸す。 」
うまい酒造りには欠かせないと、蔵元は取り組まれています。



梅杉謙信
梅杉謙信
うめすぎけんしん

ページ上部へ戻る


和歌山県

【和歌山県】 株式会社九重雑賀(ここのえさいか)

株式会社 九重雑賀 (ここのえさいか) ― 「よりよい酸を食卓に」をモットーに、全社員一丸となって製造しています ―

創業明治41年(1908年)。
日本酒を造られていますが、元々は食酢の醸造元です。
お酸には、食後に飲むことで口の中をスッキリ洗い流す作用があります。
九重雑賀の杜氏と蔵人は3年間毎食同じ食べ物を食べてお酢を飲み、全ての人が同じ味覚を持つことから始め、酒造りをスタートさせました。



雑賀
雑賀
さいか
雑賀
雑賀
さいか

ページ上部へ戻る


【和歌山県】 平和酒造株式会社(へいわしゅぞう)

平和酒造株式会社 (へいわしゅぞう) ― 人から人へ、じかに伝えることを大切にして ―

創業昭和3年(1928年)。
蔵は、山地の多い和歌山でも山の麓の盆地に位置します。
朝夕の冷え込みが厳しく、また木や山、大地に磨かれた地下水が豊富な酒造に適した場所です。
「紀土 -KID-」は、「紀州の風土」からというイメージと、子供のように自由に天真爛漫にというイメージから命名されました。



紀土
紀土
きっど
鶴梅
鶴梅
つるうめ
八岐の梅酒
八岐の梅酒
やまたのうめしゅ

ページ上部へ戻る


【和歌山県】 中野BC株式会社(なかのBiochemical Creation)

中野BC株式会社(なかのBiochemical Creation) ― 技術・研究・開発で世界に通ずるニッチトップのモノづくりを目指して ―

創業昭和36年(1961年)。
醤油造りからスタートした蔵元は、焼酎、清酒と時代のニーズに合わせ、多彩な商品ラインナップを展開。
和歌山県内トップクラスの販売数を誇る清酒「長久」、焼酎「富士白無限」、梅酒ブームの火付け役となった「緑茶梅酒」など、有名銘柄を多数リリースされています。
梅、柿、みかん、山椒など、全国トップクラスの生産高を誇る“和歌山の宝物”の成分を活かし、梅果汁・機能性食品を開発・商品化。
お客様からの喜びの声を原動力に、常に躍進を続ける蔵元です。



緑茶梅酒
緑茶梅酒
りょくちゃうめしゅ
龍神往来
龍神往来
りゅうじんおうらい
紅南高
紅南高
べになんこう

ページ上部へ戻る



四国地方

高知県

【高知県】 株式会社アリサワ

株式会社アリサワ ― 日本の文化である日本酒を広く伝えようと考える蔵元 ―

文佳人の蔵元アリサワは、香川県と高知県を結ぶ鉄道が険しい山々を抜けて高知県内に入り、その最初の平野部である香美市(旧土佐山田町)に位置します。
杜氏である有澤浩輔氏は、30歳で本格的に実家の蔵の杜氏として酒造りを始めました。
その年に手がけた初の大吟醸が、全国新酒鑑評会にて堂々と金賞受賞という凄腕の持ち主です。
それだけではなく、その後数年にわたり全国新酒鑑評会にて金賞を受賞している小さな蔵の大黒柱でもあります。



文佳人
文佳人
ぶんかじん
糀おしろい
糀おしろい
はなおしろい
文佳人みかんリキュール
文佳人
みかんリキュール

ページ上部へ戻る


【高知県】 酔鯨酒造株式会社(すいげいしゅぞう)

酔鯨酒造株式会社(すいげいしゅぞう) ― 寒冷地でなければ美酒は育たないという概念を覆し、
卓越した技術で新時代の酒造りを生みました ―

「酔鯨」醸造の地高知市長浜は、景勝「桂浜」に隣接し土佐の豪快な気候風土を持ちます。
明治5年(1872年)の創業以来、酔鯨酒造は厳選した酒造好適米を高度に精米し、飲み飽きないすっきりとした喉越しと単一原酒を守り続ける端麗かつマイルドな数々の美酒を造りました。
業界平均を上回る基本理念を持った造りは、幾度も最高位金賞に輝かれています。
原料米は酒造好適米を中心に、酒造好適米に準ずる性格を持つ優良品種を厳選使用し、極めて高い52%の精米歩合率を誇ります。
「品質一路、鮮度第一」が酔鯨の心意気。
酒類ごとにマイナス5度、0度、15度、18度の四段階に分けて高水準の品質管理をされる徹底ぶりです。



酔鯨
酔鯨
すいげい
とさ
とさ
時空弐千年
時空弐千年
じくうにせんねん
GINGER SHOCK
GINGER SHOCK
ジンジャーショック

ページ上部へ戻る


【高知県】 有限会社浜川商店(はまかわしょうてん)

有限会社浜川商店(はまかわしょうてん) ― 生産量は追わず、手作りで、何よりも酒質を追い求めてきた酒 ―

創業明治37年(1904年)。
太平洋に面した安芸郡野田町はかつて、上流域から集まる木材の集積地として栄えていました。
回船問屋を営んでいた二代目浜川金太郎は、その美しい森林から生まれる豊かな水を生かして、酒造りをはじめました。
そして今から20年ほど前のこと。
お客様と日本酒の間に溝を感じた浜川氏は先代社長や蔵人の反対を押し切って、吟醸酒造りを始めました。
資金も設備も心許ない中、「自分が飲みたいと思うお酒を作りたい」という一心で造られたお酒が「美丈夫」です。



美丈夫
美丈夫
びじょうふ
美丈夫
美丈夫
びじょうふ

ページ上部へ戻る


【高知県】 有限会社仙頭酒造場(せんとうしゅぞうじょう)

有限会社 仙頭酒造場 (せんとうしゅぞうじょう) ― 風潮に惑わされない、しっかりとした酒造り ―

創業明治36年(1903年)。
高知県で今一番注目を浴びている蔵元で、日本酒「土佐しらぎく」を醸しています。
明治36年創業以来、受け継がれてきた伝統的な技で丁寧に醸した純米吟醸をさらに贅沢に蒸留しました。
精白50%まで磨き上げた土佐米、仕込み水には室戸海洋深層水、そして高知県独自の清酒酵母を使用し、上品な吟醸香と米の旨みをすっきりと凝縮した焼酎を醸します。



土佐しらぎく
土佐しらぎく
とさしらぎく
仙頭
仙頭
せんとう
仙頭の梅酒
仙頭の梅酒
せんとうのうめしゅ
ぶんたんたん
ぶんたんたん

ページ上部へ戻る



中国地方

広島県

【広島県】 中国醸造株式会社(ちゅうごくじょうぞう)

中国醸造株式会社(ちゅうごくじょうぞう) ― 造り手の感性と技術の調和によって、良い酒は生まれる―

創業大正7年(1918年)。
創業以来、清酒、焼酎、みりん、リキュール、ウイスキーなど様々なお酒を通し、人と食と暮らしに携わる総合酒類メーカーです。
世界で初めて開発した紙容器入りのお酒「はこさけ一代」を生み出しました。
グローバルな視野を持ち、時代のニーズに合った魅力ある商品と高品質なサービスを提供する情熱を持ち続け、今後も酒造りを通して社会に貢献し、新たなる創造に挑戦されている蔵元です。



プリティー梅酒 かわいい
プリティー梅酒
かわいい
プリティー梅酒 かわいい
ダルマ
コーヒーミルク

ページ上部へ戻る



九州地方

福岡県

【福岡県】 井上合名会社(いのうえごうめいがいしゃ)

井上合名会社 (いのうえ) ― 酒造りは化学とセンスと情熱だ!! ―

創業大正11年(1922年)。
酒米の最高峰「山田錦」の主産地である糸島を近くに控え、田植えを手伝い、苗から育つ山田錦の成長を見ながら秋の収穫に与ります。
蔵は九州最大の筑後川に注ぐ小石原川の清流沿いで、のどかな美田の広がる筑後平野の中にあります。
主に吟醸酒、純米酒、山廃を造られている蔵元です。
醸造用の小さいタンクから純米用のタンクまで、大きいタンクは使用せず発酵に適した仕込みで造りを行います。
地元米の持ち味を生かした深みのある旨みとキレ、そして奥行きのある「三井の寿」ならではのお酒を醸されています。

・独立行政法人 酒類総合研究所主催 全国新酒鑑評会:金賞(平成14年〜17年 4年連続)



三井の寿
三井の寿
みいのことぶき
美田
美田
びでん
栄田
栄田
えいでん
ピンクの梅酒
ピンクの梅酒
ぴんくのうめしゅ
白い梅酒
白い梅酒
しろいうめしゅ
梅美田
梅美田
うめびでん
三井の寿ゆずれもん
三井の寿
ゆずれもん

ページ上部へ戻る


【福岡県】 合名会社山口酒造場(やまぐちしゅぞうじょう)

合名会社 山口酒造場 (やまぐち) ― 誰もが「もう一杯」とおかわりしたくなる、暮らしに寄り添うお酒をつくりたい ―

創業天保3年(1832年)。
1羽の鶯が庭の湧き水で喉を潤しているのを見た5代目・山口利七が、酒に「庭のうぐいす」と名づけました。
代表酒だるまラベル純米酒を始め、香味のバランスの良い味の幅のある旨口の酒であり、日本料理に良く合い愛飲されています。
原料米(山田錦)の洗い、蒸しは独特の手法で、麹作りは昔ながらの伝統的な蓋で、寒造り小仕込で製造している蔵元です。

・天満天神梅酒大会2011:日本一受賞



庭のうぐいす
庭のうぐいす
にわのうぐいす
庭のうぐいす
庭のうぐいす
にわのうぐいす
庭のうぐいす
庭のうぐいす
にわのうぐいす

ページ上部へ戻る


【福岡県】 山の壽酒造株式会社(やまのことぶきしゅぞう)

山の壽酒造株式会社(やまのことぶきしゅぞう) ― 蔵中が造りができる喜びに溢れ、私も涙が頬を流れました ―

創業文政元年(1818年)。
それまで地主だった山口家が、「水」、「米」が豊かな土地を活かし酒造家への道を歩むことから始まります。
平成3年の台風19号により造り蔵が全壊し2年間の休造をよぎなくされましたが、平成6年に蔵を新設され無事酒造りを再開された蔵元です。
「多くの人の励ましにより酒造りを続けていくことができており、現在にいたっております。」
※2010年「山口合名会社」から「山の壽酒造」に社名変更しました。



FRUIT FURUITY
FRUIT FURUITY
ふるふる

ページ上部へ戻る


【福岡県】 株式会社篠崎(しのざき)

株式会社篠崎(しのざき) ― 私たちは、いま、世界をめざして日本の酒類を製造しようと決意しています ―

江戸時代後期創業より、焼酎・清酒・あまざけ等、日本食文化の原点である麹を利用した商品を製造。
品質第一を商品つくりの原点にして、焼酎・清酒・あまざけの各分野で高評価を得られている蔵元です。
2006年より数々の試験醸造を繰り返し約3年後の2009年、完成度の高いリキュールをリリースされました。

・モンドセレクション2012年4月:最高金賞
・インターナショナル・ワイン・チャレンジIWC2008年5月:最優秀賞トロフィー賞
・2008年5月全国新酒鑑評会:金賞(3年連続)
・モンドセレクション2008年4月:最高金賞(2年連続金賞)
・国際味覚審査機構iTQi2008年4月:最優秀味覚賞/三ツ星賞(2年連続)
・モンドセレクション2008年4月:金賞(1999年〜2008年までの9回目)
・国際味覚審査機構iTQi2008年4月:優秀味覚賞/二ツ星賞(初)
・モンドセレクション2008年4月:金賞(初)
・モンドセレクション2008年4月:金賞(初、ダイエット食品と健康食品部門)



あまおう、はじめました。
あまおう
はじめました

ページ上部へ戻る


【福岡県】 若波酒造株式会社(わかなみしゅぞう)

若波酒造株式会社(わかなみしゅぞう) ― 物づくりの街・大川で育まれた感謝の気持ちを込めて… ―

創業大正11年(1922年)。
明治26年(1893年)今村本家酒造として酒造業を始められましたが、若波、万代鏡、金の井酒造の3つに分家し、大川にて若波酒造として創業されました。
蔵元の名前の由来は、蔵の傍を流れる筑紫次郎(筑後川)の若々しい波の姿より。
「“小さな蔵だからこそできること”を日々念頭に酒造りに精進致しております。
また、その酒の文化や楽しみ方を伝えることも、私共蔵人の大事な役割だと思っております。」



ぱるふぇ
ぱるふぇ

ページ上部へ戻る


【福岡県】 株式会社小林酒造本店(こばやししゅぞうほんてん)

株式会社小林酒造本店(こばやししゅぞうほんてん) 創業寛政4年(1792年)。
三郡山系の伏流水に恵まれた豊かな自然の中で、200年以上にわたって一貫してうまい酒づくりに励まれている蔵元です。
二代目勝平が亀によく似た奇石を手に入れ「亀は万年」のことわざに因んで「萬代」の銘柄を使い始めたと伝えられています。
酒米には山田錦やレイホウなどを使用。
特に山田錦は地元糸島の糸島産山田錦を使用し、地元の原料にこだわった酒づくりをされています。



梅仙人
梅仙人
うめせんにん

ページ上部へ戻る


【福岡県】 研醸株式会社(けんじょう)

研醸株式会社(けんじょう) ― 他に類のない特徴のある美味しい焼酎を製造し、
永く親しまれ・飲み続けて戴ける焼酎造りを目指しています ―

創業昭和58年(1983年)。
福岡県中・南部に位置し、福岡市内より車で1時間程南に下った処に三井郡大刀洗町があります。
耳納連山を背にし、肥沃で広大な筑後平野の中を雄大に流れる筑後川があり、この筑後川沿いの水田・畑で栽培された人参と伏流水を使って人参焼酎『珍(めずらし)』を開発しました。(特許取得)
また、筑後平野は二毛作が盛んな地域で、稲作とともに麦作も行われ、北海道につぐ日本有数の麦作地域でもあります。
この筑後平野で採れた大麦を使っての弊社独自の焙煎麦焼酎も開発し、現在代表銘柄『梟』・『こふくろう』等を発売しています。
福岡県の小さな蔵元ですが、関西で大ブレイクの麦焼酎「夢酎」を醸す蔵元です。
麦を焙煎して造るなどこだわりを持たれ、今後の活躍に期待が募ります。



龍乃幹
龍乃幹
りゅうのみき
こふくろう
こふくろう
梟

ふくろう
夢酎
夢酎
ゆめちゅう
白夢酎
白夢酎
しろゆめちゅう
大刀
大刀
たち
ミックスジュース梅酒
ミックスジュース
うめしゅ

ページ上部へ戻る


佐賀県

【佐賀県】 天吹酒造合資会社(あまぶきしゅぞう)

天吹酒造 合資会社(あまぶきしゅぞう) ― 酵母が持っている個性に合わせ最高の力を発揮する環境を整える ―

創業元禄年間。
蔵元の北東にある天吹山にちなんで、「天吹」と名付けられました。
約300年の歴史をもつ蔵元は、実り豊かな佐賀平野で収穫された酒米と脊振山系のまろやかな伏流水を原材料としています。
アベリア、苺、月下美人、蔓薔薇、シャクナゲ、なでしこ、ひまわり、マリーゴールドの花酵母を用いたお酒を醸す蔵元として知られています。



アポロン
アポロン

ページ上部へ戻る


大分県

【大分県】 藤居醸造合資会社(ふじいじょうぞう)

藤居醸造合資会社(ふじいじょうぞう) ― うちの蔵でしか、できないことがある ―

創業昭和4年(1929年)。
頑固に完全な手造りの麦焼酎を守り抜き、屋号は井田萬力(いだまんりき)。
現在で三代目の蔵元です。
年間製造石数が約500石で5万本しか造らない理由は、完全な手造りそれも雑菌の繁殖しにくい寒い時期にしか製造しない為。
木桶を使用した昔ながらの造り方を貫きながらも、減圧蒸留と常圧蒸留をうまくブレンドすることで、飲み易さの中にも旨味が広がり飲み飽きない焼酎を醸す、今後注目の蔵元です。



泰明
泰明
たいめい
トヨノカゼ
トヨノカゼ
井田萬力
井田萬力
いだまんりき
舞香
舞香
まいか
華上々
華上々
はなじょうじょう
梅萬
梅萬
うめまん
 

ページ上部へ戻る


【大分県】 株式会社おおやま夢工房(おおやまゆめこうぼう)

株式会社おおやま夢工房(おおやまゆめこうぼう) ― 感動と共感というすばらしい満足を提供し、社会に貢献していきたいと思います ―

平成10年(1998年)設立。
2002年11月、リキュール製造工場を立ち上げられました。
日田市大山町は九州有数の梅の里。
農村が育んできた伝統食をベースに新しい食文化を創られ、既存組織や新規農業参入者と連携し、安全で健康な農産物を提供し、農村の技や習慣といった文化を広めると共に、田舎流ライフスタイルを構築に重点を置かれている蔵元です。



和紅茶梅酒CREHA ROYAL
和紅茶梅酒CREHA ROYAL
わこうちゃうめしゅ くれはろいやる

ページ上部へ戻る


鹿児島県

【鹿児島県】 有限会社佐多宗二商店(さたそうじしょうてん)

有限会社佐多宗二商店(さたそうじしょうてん) ― 世の流れなんかには左右されない… ―

創業明治41(1908)年。
「焼酎は常に人々の中にあって、労働とともにある」と言う精神を引き継ぎ、芋焼酎を造り続けておられる蔵元です。
代表銘柄の「晴耕雨読」はやわらかな味わいと飲みやすさで人気急上昇!
命名もラベルの絵も薩摩出身の俳優榎本孝明さんによる「斬心明鏡」など、常に新しい話題を提供されています。



晴耕雨読
晴耕雨読
せいこううどく
不二才
不二才
ぶにせ
刀

かたな
角玉
角玉
かくたま
角玉梅酒
角玉梅酒
かくたまうめしゅ

ページ上部へ戻る


【鹿児島県】 指宿酒造協業組合(いぶすきしゅぞう)

指宿酒造協業組合(いぶすきしゅぞう) ― 美味し人と美味し焼酎を呑む
美味し時 美味し夢 しみじみと人生の美味を知る ―

昭和62(1987)年に設立された地元5蔵による協業組合。
蔵は池田湖を見渡す緑豊かな山の中腹に位置します。
池田湖近郊の金山から湧き出る水(天然ミネラル分を多量に含む)を黄金千貫を使い、焼酎造り一筋の名人、吉行正巳氏と黒瀬和吉氏の技と蔵人の真心が、美味しい本格焼酎を醸します。
宝永2年(1705年)、琉球から土地の人々が食べている珍しい芋を郷里へ持ち帰り、全国にさつまいもを広げるきっかけをつくった前田利右衛門の名前を冠した焼酎です。



前田利右衛門
前田利右衛門
まえだりえもん
秀水
秀水
しゅうすい
利右衛門さんの梅酒
利右衛門さんの梅酒

ページ上部へ戻る


【鹿児島県】 白玉醸造合名会社(しらたまじょうぞう)

白玉醸造合名会社(しらたまじょうぞう) ― 本土最南端・大隅半島のやわらかな芋焼酎 ―

創業明治37年(1904年)。
まろやかな風味とひきしまった余韻は、本場さつまの味を代表するに相応しい味わいです。
麦焼酎と芋焼酎をブレンドした『元老院』など個性的な焼酎を造られる蔵元は、焼酎を飲まない人でも名前くらいはご存知の有名銘柄、「魔王」の蔵元でもあります。
今もって昔乍らのこだわりをもった仕込みの姿勢を貫かれています。



天誅
天誅
てんちゅう
元老院
元老院
げんろういん
白玉の露
白玉の露
しらたまのつゆ
彩煌の梅酒(さつまの梅酒)
彩煌の梅酒(さつまの梅酒)
さいおうのうめしゅ

ページ上部へ戻る


【鹿児島県】 小正醸造株式会社(こまさじょうぞう)

小正醸造株式会社(こまさじょうぞう) ― この道より我を生かす道なし この道を歩く焼酎一筋 ―

創業明治16年(1883年)。
初代祖父小正市助氏、二代父小正嘉之助氏の後を受けて、一所懸命焼酎づくりに励んでおられる蔵元です。
「焼酎の原料であるさつま芋を造っていただいている生産農家の方々、販売していただいている販売店・料飲店の皆様、そして愛飲していただいている消費者の皆さんのお陰で小正醸造は成り立っているのです。」



蔵の師魂
蔵の師魂
くらのしこん
紫師魂
紫師魂
むらさきしこん
秘蔵梅酒
秘蔵梅酒
ひぞううめしゅ

ページ上部へ戻る


【鹿児島県】 山元酒造株式会社(やまもとしゅぞう)

山元酒造株式会社(やまもとしゅぞう) ― 伝統と革新性の融合 ―

創業大正元年(1912年)。
川内で焼酎造りをはじめて90余年、焼酎の発祥の地「川内市」に恥じぬ伝統の味を現代に伝え、素直に「旨い」と喜んでいただけるような焼酎造りをかたくなに目指されている蔵元です。
現在の川内市五代町に工場が移されたのは、昭和48年のこと。
創業以来ずっと醸し続けられている代表銘柄「さつま五代」は、この地名にちなんだものです。

・モンドセレクション:最高金賞(通算4回)、金賞(通算5回)
・iTQi優秀味覚賞:三ツ星受賞(2008年)
・熊本国税局酒類鑑評会受賞歴:優秀賞(通算14回)
・鹿児島県本格焼酎鑑評会受賞歴:優秀賞(通算31回)、杜氏代表受賞



五代梅酒
五代梅酒
ごだいうめしゅ
アロマ梅酒
アロマ梅酒
あろまうめしゅ

ページ上部へ戻る


【鹿児島県】 本坊酒造株式会社(ほんぼうしゅぞう)

本坊酒造株式会社(ほんぼうしゅぞう) ― 地域に根ざし 地域の資源を活用し 歴史、文化、人、技術の響和をもって
独自の「本坊クオリティー」を追求する ―

創業明治5年(1872年)。
本坊松左衛門が、父郷右衛門の志を継承し酒造りをはじめました。
その精神は「殖産興業による社会奉仕」。
年号も明治に変わって間もない混乱の頃、薩摩を代表する特産物である甘藷を使っての焼酎製造に着手。
郷土愛に根ざした創業者本坊松左衛門の精神は、今も受け継がれています。



星舎無添加
星舎無添加
ほしやむてんか

ページ上部へ戻る


【鹿児島県】 濱田酒造株式会社(はまだしゅぞう)

小牧醸造株式会社(こまきじょうぞう) ― 本格焼酎を真の国酒へ、更には世界に冠する酒へ ―

創業明治元年(1868年)。
創業の地で昔ながらの木桶蒸留器を使い甕仕込み、甕貯蔵という明治・大正時代の製法を守っている伝兵衛蔵。
最新鋭のシステムを導入し高品質の焼酎を量産する串木野の本社工場傅藏院蔵。
そして霤勅鯊い誕生する前、江戸時代の焼酎づくりを再現する薩摩金山蔵。
この三つの蔵が揃うことで、商品としての焼酎づくり、文化としての焼酎づくりを同時に行うことが可能になりました。
「焼酎の歴史を掘り下げ焼酎づくりの伝統を継承することと、日本の国酒たる本格焼酎の輝ける未来にチャレンジすることが、私のライフワークであり、霤勅鯊い鵬櫃擦蕕譴浸般燭任發△襪塙佑┐討い泙后
薩摩の焼酎づくりを受け継ぐ企業として、100年、200年後も、私たちの霤勅鯊い麓児島の焼酎屋でありたいと願っています。」



赤兎馬
赤兎馬
せきとば
赤兎馬
赤兎馬
せきとば
赤兎馬
赤兎馬
せきとば

ページ上部へ戻る



沖縄

【沖縄県】 請福酒造有限会社(せいふくしゅぞう)

請福酒造有限会社(せいふくしゅぞう) ―最初から最後まで一切機械を使用しない昔ながらの製法―

創業昭和24年(1949)。
沖縄県石垣島で泡盛をつくっておられる蔵元です。
伝統的な製法を重んじつつも、現代的ニーズに応えるべく探究心旺盛な。
2006年、請福酒造博物館の一画にサキタリヤーおかみが長年の構想を実現させ古式手造りの、おそらく蒸留所としては日本で最も小さいであろう漢那蒸留所を開所致しました。

・沖縄国税事務所長賞受賞(通算3回)
・天満天神梅酒大会2010年 第5位入賞
・モンドセレクション:金賞受賞
・沖縄県知事賞受賞



ふるふる生姜
ふるふる生姜

ページ上部へ戻る



Copyright(C)2012 Meishu-Honpo IMANAKA SAKESHOP. All Right Reserved.
当店の画像・文章の無断使用は固くお断りします。

― お酒は20歳になってから ―    未成年の方へのお酒の販売は堅くお断りしております。ご注文時年齢確認をさせていただいております。