日本酒、地酒、焼酎、梅酒、果実酒の蔵元正規特約店 ≪銘酒本舗 IMANAKA SAKESHOP≫

お問い合わせ会社概要決済/配送/返品当店についてよくあるご質問楽天

銘酒本舗 IMANAKA SAKESHOP
焼酎

北海道


東北地方


中部(信越・東海・北陸)地方

新潟県

【新潟県】 八海醸造株式会社(はっかいじょうぞう)

八海醸造株式会社(はっかいじょうぞう) ― 洗練された淡麗辛口 ―

日本酒に興味のない人でも名前くらいはご存知なくらい有名な、新潟県の代表銘柄「八海山」は、大正11年(1922年)創業の歴史ある蔵元です。
越後三山の一つ”八海山”に由来する酒名の通り、八海山系の伏流水を用いて仕込まれています。
酒造りの基本は"吟醸酒"造り。
高精白の原料米を用いて、丁寧な酒造りを心掛けられています。



八海山
八海山
はっかいさん
宜有千萬
宜有千萬
よろしくせんまん
八海山の梅酒
八海山の梅酒
はっかいさんのうめしゅ

ページ上部へ戻る



関東地方


関西地方


四国地方

高知県

【高知県】 酔鯨酒造株式会社(すいげいしゅぞう)

酔鯨酒造株式会社(すいげいしゅぞう) ― 寒冷地でなければ美酒は育たないという概念を覆し、
卓越した技術で新時代の酒造りを生みました ―

「酔鯨」醸造の地高知市長浜は、景勝「桂浜」に隣接し土佐の豪快な気候風土を持ちます。
明治5年(1872年)の創業以来、酔鯨酒造は厳選した酒造好適米を高度に精米し、飲み飽きないすっきりとした喉越しと単一原酒を守り続ける端麗かつマイルドな数々の美酒を造りました。
業界平均を上回る基本理念を持った造りは、幾度も最高位金賞に輝かれています。
原料米は酒造好適米を中心に、酒造好適米に準ずる性格を持つ優良品種を厳選使用し、極めて高い52%の精米歩合率を誇ります。
「品質一路、鮮度第一」が酔鯨の心意気。
酒類ごとにマイナス5度、0度、15度、18度の四段階に分けて高水準の品質管理をされる徹底ぶりです。



酔鯨
酔鯨
すいげい
とさ
とさ
時空弐千年
時空弐千年
じくうにせんねん
GINGER SHOCK
GINGER SHOCK
ジンジャーショック

ページ上部へ戻る


【高知県】 有限会社仙頭酒造場(せんとうしゅぞうじょう)

有限会社 仙頭酒造場 (せんとうしゅぞうじょう) ― 風潮に惑わされない、しっかりとした酒造り ―

創業明治36年(1903年)。
近年、その酒質の高さから急速に評価を上げて来ている蔵元です。
代表銘柄の「土佐しらぎく」は元は「志ら菊」と書き、初代仙頭菊太郎の「菊」と、 白菊のように清らかで綺麗なお酒を醸したいという思いから付けられました。
辛口の土佐酒らしさを見せながら、ふくよかな香味をしっかりと持ち、まとまりのあるクリアな味わいが特徴です。



土佐しらぎく
土佐しらぎく
とさしらぎく
仙頭
仙頭
せんとう
仙頭の梅酒
仙頭の梅酒
せんとうのうめしゅ
ぶんたんたん
ぶんたんたん

ページ上部へ戻る



中国地方


九州地方

福岡県

【福岡県】 光酒造株式会社(ひかりしゅぞう)

光酒造株式会社(ひかりしゅぞう) ― 蔵元みんなの自信作をお届けします ―

昭和34年(1959年)、光安酒造株式会社(大正11年5月1日創業)より分離独立。
中国の深山幽谷に住む仙人が夢に想い描いて醸した伝統の銘酒「夢想仙楽酒」が西都大宰府で、長い歳月の眠りを終えて蘇りました。
特別に醸造した麦焼酎をスペインより輸入したシェリー酒樽に長期間(5年以上)寝かせた樫樽貯蔵酒は、知る人ぞ知る逸品です。



夢想仙楽
夢想仙楽
むそうせんらく

ページ上部へ戻る


【福岡県】 株式会社いそのさわ

株式会社 いそのさわ ― 清らかな水と大地が育む博多の酒 ―

創業明治26年(1893年)。
名水100選、棚田100選にも選ばれ、フルーツの里としても知られる「うきは市」の蔵元です。
有名な日本酒である「駿」「優」を醸されていますが、本格麦焼酎も造られています。
「こしゅん」は麦を原料とした本格焼酎を樫樽で熟成。
樫樽ならではの香味と、麦焼酎独特の甘み、切れの良さを兼ね備えた逸品です。
また、熟成年数は5年熟成と3年熟成があり、是非年数による微妙に違う特徴をお楽しみただけます。
「黒むぎ」は黒麹といえば「芋」という常識を破り、あえて麦にこだわられています。
クセのない「むぎ」だからこそ、黒麹の華やかな香りとコクが際立ちます。
幅広い層にトライアル&リピートいただけるよう「古くて新しい」イメージをラベルに込めました。
平成20年、21年と全国新酒鑑評会で連続金賞を、福岡国税局酒類監評会においては平成19年〜21年まで3年連続金賞を受賞しました。



駿
駿
しゅん
博多まっこりぃ
博多まっこりぃ
はかたまっこりぃ
神虎
神虎
かみとら
黒むぎ
黒むぎ
くろむぎ

ページ上部へ戻る


【福岡県】 研醸株式会社(けんじょう)

研醸株式会社(けんじょう) ― 他に類のない特徴のある美味しい焼酎を製造し、
永く親しまれ・飲み続けて戴ける焼酎造りを目指しています ―

創業昭和58年(1983年)。
福岡県中・南部に位置し、福岡市内より車で1時間程南に下った処に三井郡大刀洗町があります。
耳納連山を背にし、肥沃で広大な筑後平野の中を雄大に流れる筑後川があり、この筑後川沿いの水田・畑で栽培された人参と伏流水を使って人参焼酎『珍(めずらし)』を開発しました。(特許取得)
また、筑後平野は二毛作が盛んな地域で、稲作とともに麦作も行われ、北海道につぐ日本有数の麦作地域でもあります。
この筑後平野で採れた大麦を使っての弊社独自の焙煎麦焼酎も開発し、現在代表銘柄『梟』・『こふくろう』等を発売しています。
福岡県の小さな蔵元ですが、関西で大ブレイクの麦焼酎「夢酎」を醸す蔵元です。
麦を焙煎して造るなどこだわりを持たれ、今後の活躍に期待が募ります。



龍乃幹
龍乃幹
りゅうのみき
こふくろう
こふくろう
梟

ふくろう
夢酎
夢酎
ゆめちゅう
白夢酎
白夢酎
しろゆめちゅう
大刀
大刀
たち
ミックスジュース梅酒
ミックスジュース
うめしゅ

ページ上部へ戻る


佐賀県

【佐賀県】 宗政酒造株式会社(まさむねしゅぞう)

宗政酒造株式会社(まさむねしゅぞう) ― 地元佐賀県産の原料にこだわった、安心・安全な商品 ―

宗政酒造は1985年の創業以来、ふるさとの心と味わいを皆様にお届けしています。
「お酒を通じた幸福の創造」、「手造りにこだわった本物の酒造り」を更に追求し、またその気持ちをより多くの人にお伝えするために、2002年3月、400年の歴史を育む陶磁器の里「有田」の地、有田ポーセリンパーク内に宗政酒造「有田蔵」を建設。
同時に観光酒蔵として施設を拡充し、広く皆様に宗政酒造の酒造りにふれて頂けるようにいたしました。
国産原料を100%使用し、地元佐賀県産の原料にこだわって製造しています。

・独立行政法人酒類総合研究所主催 全国新酒鑑評会:金賞(通算3回)
・福岡国税局主催 酒類鑑評会:金賞、優等賞
・福岡国税局主催 酒類鑑評会 本格焼酎の部:大賞、優等賞(通算4回)



恋寅
恋寅
こいとら

ページ上部へ戻る


長崎県

【長崎県】 重家酒造合名会社(おもやしゅぞう)

重家酒造合名会社(おもやしゅぞう) ― 麦焼酎発祥の地、壱岐の島の蔵元 ―

創業大正13年(1924年)。
九州の北部の玄界灘に浮かぶ小さな島、壱岐の島(いきのしま)の南東印通寺浦に、小さな酒蔵重家酒造があります。
重家(おもや)の名前の由来はその昔、酒造元を「重家」と呼んでいたものをそのまま屋号にしたものです。
創業者・横山確蔵からのいい伝えでもある「現代に左右されず、初心に返り原点にもどるべし」を受け継ぎ、現在もなお、木製こしきで米・麦を蒸し、かめで仕込んだ手造り焼酎を続けています。



ちんぐ
ちんぐ
確蔵
確蔵
かくぞう
村主
村主
すぐり

ページ上部へ戻る


熊本県

【熊本県】 松の泉酒造合資会社(まつのいずみ)

松の泉酒造合資会社(まつのいずみ) ― この焼酎は、「堀の角(ほりのすみ)、初代文介」から始まった ―

創業明治8年(1875年)。
「小さなことでも、ひとつ欠けたらおいしい焼酎は生まれない。」
「自然の息吹までが、松の泉にとっては重大なこと。」
と考えられる蔵元は、蔵の敷地に20トンもの備長炭を埋設。
敷き詰められた炭が磁場を高め環境を良くし、原料の米と水の生命力を引き出します。
まろやかな味の球磨焼酎を造り出す小さな蔵の特性を活かし、量産ができない代わりに目の届く酒造りを心がけられています。



水鏡無私
水鏡無私
すいきょうむし

ページ上部へ戻る


【熊本県】 合資会社鳥飼酒造場(とりかいしゅぞうじょう)

合資会社鳥飼酒造場(とりかいしゅぞうじょう) ― 森が水をたくわえ、そして酒が生まれます。
私達は150haの自然林や小川の手入れを行い乍ら、焼酎を造っています。 ―

創業は江戸期。
人吉市で創業以来400年の歴史を持つ蔵元で、13年にわたる研究開発の後、鳥飼酒造場が世に問うたのが、「吟香鳥飼」。
自家培養の酵母と独自の麹(こうじ)を用い低温発酵させ香り高い醪を造り出しました。
華やかな香りとやわらかな味は、これまでの本格焼酎にはなかったもので、清酒の吟醸酒を連想させる風味があり、米焼酎の傑作品です。



鳥飼
鳥飼
とりかい

ページ上部へ戻る


大分県

【大分県】 みろく酒造株式会社

みろく酒造株式会社 ― 豊醇な香り。ふくよかな味わい。がつんと旨口。 ―

創業明治7年(1874年)。
みろく酒造は、日本酒ちえびじんでお馴染みの中野酒造の関連会社。
地域活性化策の一つとして、県の支援を受けて創立されました。
「地元農家さんが精魂込めて育ててくれた大自然の恵みを最大限に活かした酒造り。
その酒造りを通じて、モノ作りの楽しさや厳しさを学び、次の世代に食の安全と安心を伝えていきたい」と、考えられている蔵元です。



エース
エース
ちえびじん
ちえびじん

ページ上部へ戻る


【大分県】 藤居醸造合資会社(ふじいじょうぞう)

藤居醸造合資会社(ふじいじょうぞう) ― うちの蔵でしか、できないことがある ―

創業昭和4年(1929年)。
頑固に完全な手造りの麦焼酎を守り抜き、屋号は井田萬力(いだまんりき)。
現在で三代目の蔵元です。
年間製造石数が約500石で5万本しか造らない理由は、完全な手造りそれも雑菌の繁殖しにくい寒い時期にしか製造しない為。
木桶を使用した昔ながらの造り方を貫きながらも、減圧蒸留と常圧蒸留をうまくブレンドすることで、飲み易さの中にも旨味が広がり飲み飽きない焼酎を醸す、今後注目の蔵元です。



泰明
泰明
たいめい
トヨノカゼ
トヨノカゼ
井田萬力
井田萬力
いだまんりき
舞香
舞香
まいか
華上々
華上々
はなじょうじょう
じいさんの置きみやげ
じいさんの
置きみやげ
梅萬
梅萬
うめまん

ページ上部へ戻る


宮崎県

【宮崎県】 明石酒造株式会社(あかししゅぞう)

明石酒造株式会社(あかししゅぞう) ― 心まで酔わせるような焼酎を造る ―

創業明治24年(1891年)。
宮崎えびの高原で、創業者明石仁右衛門が焼酎の製造を始めて以来百有余年。
「人々の豊で幸せな生活に寄与すること。地域社会に愛されつつ貢献すること」
を企業理念として、伝統と豊かな技術、上質な原料とていねいな造りを心がけられています。



甕夕餉
甕夕餉
かめゆうげ

ページ上部へ戻る


【宮崎県】 王手門酒造株式会社(おうてもんしゅぞう)

王手門酒造株式会社(おうてもんしゅぞう) ― どこよりも旨い焼酎造りの狂気炎上、精励 −

創業明治28年(1895年)。
門下一平氏が城下町の飫肥(おび)で創業しました。
その後「銀滴(ぎんてき)」が地元を中心に愛飲されるようになり、昭和10年には献上酒にも選ばれました。
現在は緑豊かな隣町の北郷町へ蔵を移転し、焼酎造りに最適な環境のもと仕込みをしています。
「どこよりも旨い焼酎造りの狂気炎上、精励いたします。
非生産的ながら本格派、手造り焼酎にひとかたならぬこだわりを持っております。」
と、100有余年の実績と誇りを持ち続ける蔵元です。



銀滴
銀滴
ぎんてき
龍霞
龍霞
りゅうがすみ
龍。
龍。
ろんてん
九段の人
九段の人
くだんのひと

ページ上部へ戻る


【宮崎県】 京屋酒造有限会社(きょうやしゅぞう)

京屋酒造有限会社(きょうやしゅぞう) ― 崎でしか出来ない、宮崎の恵まれた自然があればこその焼酎 ―

創業天保5年(1834年)。
伝統・伝承を重んじながら焼酎を造っておられる蔵元です。
「焼酎造りとは、自然の恵みを自然の力で人々の生活に活力与えるものを造ること」を信条に、原料にこだわった、大甕仕込みによる高品質の焼酎を少量ずつ手造りで仕込んでおられます。
甕の持つ特性と1甕約800〜900リットルという現代では非常に少量の仕込み方法が、外部より強制的に熱を加えない奪わない自然な醗酵を実現。
とてもまろやかフルーティ、初心者でも飲みやすい芋焼酎を醸す蔵元です。



甕雫
甕雫
かめしずく
空と風と大地と
空と風と大地と
かぜとそらとだいちと
かんろ
かんろ

ページ上部へ戻る


鹿児島県

【鹿児島県】 田崎酒造株式会社(たさきしゅぞう)

田崎酒造株式会社(たさきしゅぞう) ― あえて新酒を出さない、熟成の蔵 ―

創業明治20年(1887)。
「古来より稀に見る銘水」といわれるほどの水を探しあてた初代当主が蔵を構えたことにはじまり、豊かな土壌から生まれた良質のさつまいもと銘水を用い、妥協を許さない焼酎づくりの姿勢を貫かれている蔵元です。
鹿児島県いちき串木野市大里にて旧暦7月7日(現在は新暦8月7日に近い日曜日)に行われる、伝統ある華やかで勇壮な市来の『七夕踊り』は、代表銘柄『七夕』の名の由来とも言える行事です。
五穀豊穣の祈りと神への感謝を込めて毎年続けられているこの踊りは、大里地区の青壮年が主体となり、数百人が出場する大規模なもので、作り物(鹿・虎・牛・鶴の大張子)、琉球王行列、大名行列、薙刀行列、甲冑行列、そして本踊りである太鼓踊りを中心に構成されています。




七夕
七夕
たなばた

ページ上部へ戻る


【鹿児島県】 塩田酒造株式会社(しおたしゅぞう)

塩田酒造株式会社(しおたしゅぞう) ― ひとつの銘柄に全てを賭ける。「一蔵一銘柄」を貫く。 ―

創業は天保年間。
塩田酒造は、鹿児島県本土西側40Kmに浮かぶ甑島列島(こしきじまれっとう)北端部に位置した里村にあります。
「ご先祖様が守り続けた150年余りの歴史は、簡単には語り尽くせない程です。
今は大切にされてきたこの蔵を守るのみです。」
そう語る、現蔵元塩田将史氏は六代目。
六代目百合の名前は、甑島に咲く鹿の子百合(かのこゆり)からつけられました。



六代目百合
六代目百合
ろくだいめゆり

ページ上部へ戻る


【鹿児島県】 西酒造株式会社(にししゅぞう)

西酒造株式会社(にししゅぞう) ― 手と、目が届く、そこに生まれるものだけを。 ―

創業弘化2年(1845年)。
東シナ海に面し「日本三大砂丘」のひとつ、吹上浜を抱く薩摩半島西海岸のほぼ中央に蔵があります。
約160年間を焼酎一筋で造り続け、その技術を研鑽してきた蔵元です。
「焼酎造りは芋を掘り起こすところから始まる物。
より良い焼酎を造るには、環境や材料だけではなく、造る人の姿勢こそが大切。」
その信念の元、芋の契約栽培から、選定、醗酵、麹造り、蒸留、貯蔵、出荷管理を徹底し、お客様の手もとに届くそのときまでを最高の状態にできるように心がけておられます。



宝山
宝山
ほうざん
一粒の麦
一粒の麦
ひとつぶのむぎ
万暦
万暦
まんれき
天使の誘惑
天使の誘惑
てんしのゆうわく

ページ上部へ戻る


【鹿児島県】 宇都酒造株式会社(うとしゅぞう)

宇都酒造株式会社(うとしゅぞう) ― 郷土の特産品として誇りを持てる焼酎を造らなければ ―

創業明治36年(1903)。
「かせだんもん」は、鹿児島県加世田市の人と言う意味です。
原料のさつまいもには、香り高い焼酎ができる「黄金千貫(こがねせんがん)」100%。
麹は、最も焼酎らしい深みのある地元産の「黒こうじ」。
焼酎の味は、麹仕込・いも仕込み・割水(わすい)とそれぞれ使用する水質で、味が左右されるため、全ての水を加世田市故里の「長尾山(513m)」からの湧水。
500石に満たず生産数に限りがある中、全ての素材に徹底したこだわりを持っておられる蔵元です。



かせだんもん
かせだんもん
風

ふう

ページ上部へ戻る


【鹿児島県】 有限会社佐多宗二商店(さたそうじしょうてん)

有限会社佐多宗二商店(さたそうじしょうてん) ― 世の流れなんかには左右されない… ―

創業明治41(1908)年。
「焼酎は常に人々の中にあって、労働とともにある」と言う精神を引き継ぎ、芋焼酎を造り続けておられる蔵元です。
代表銘柄の「晴耕雨読」はやわらかな味わいと飲みやすさで人気急上昇!
命名もラベルの絵も薩摩出身の俳優榎本孝明さんによる「斬心明鏡」など、常に新しい話題を提供されています。



晴耕雨読
晴耕雨読
せいこううどく
不二才
不二才
ぶにせ
刀

かたな
角玉
角玉
かくたま
角玉梅酒
角玉梅酒
かくたまうめしゅ

ページ上部へ戻る


【鹿児島県】 さつま無双株式会社(さつまむそう)

さつま無双株式会社(さつまむそう) ― 毎日のダレヤメ(鹿児島の方言で晩酌の事)のお供に ―

鹿児島県の特産品である「焼酎」を、日本の、更に世界の「焼酎」へと飛躍・発展させる為に、鹿児島県・市・各機関の要望により、鹿児島焼酎の代表銘柄として生まれた「さつま無双」。
鹿児島県酒造協同組合が全組合員に呼びかけ、酒質・風味とも真に鹿児島焼酎の王者といえるべき風格のある焼酎にする為、熊本国税局鑑定官室と鹿児島工業試験場の全面的指導を受け、最高品質の焼酎として生みだされました。
「さつま無双」=「薩摩に双つと無い」という意味を持つこの名は、鹿児島県民に一般公募し、当時の県立図書館長「椋 鳩十先生」を選考委員長として多数の応募の中から名付けられました。



天乃鶴亀
天乃鶴亀
てんのつるかめ

ページ上部へ戻る


【鹿児島県】 小正醸造株式会社(こまさじょうぞう)

小正醸造株式会社(こまさじょうぞう) ― この道より我を生かす道なし この道を歩く焼酎一筋 ―

創業明治16年(1883年)。
初代祖父小正市助氏、二代父小正嘉之助氏の後を受けて、一所懸命焼酎づくりに励んでおられる蔵元です。
「焼酎の原料であるさつま芋を造っていただいている生産農家の方々、販売していただいている販売店・料飲店の皆様、そして愛飲していただいている消費者の皆さんのお陰で小正醸造は成り立っているのです。」



蔵の師魂
蔵の師魂
くらのしこん
紫師魂
紫師魂
むらさきしこん
秘蔵梅酒
秘蔵梅酒
ひぞううめしゅ

ページ上部へ戻る


【鹿児島県】 指宿酒造協業組合(いぶすきしゅぞう)

指宿酒造協業組合(いぶすきしゅぞう) ― 美味し人と美味し焼酎を呑む
美味し時 美味し夢 しみじみと人生の美味を知る ―

昭和62(1987)年に設立された地元5蔵による協業組合。
蔵は池田湖を見渡す緑豊かな山の中腹に位置します。
池田湖近郊の金山から湧き出る水(天然ミネラル分を多量に含む)を黄金千貫を使い、焼酎造り一筋の名人、吉行正巳氏と黒瀬和吉氏の技と蔵人の真心が、美味しい本格焼酎を醸します。
宝永2年(1705年)、琉球から土地の人々が食べている珍しい芋を郷里へ持ち帰り、全国にさつまいもを広げるきっかけをつくった前田利右衛門の名前を冠した焼酎です。



前田利右衛門
前田利右衛門
まえだりえもん
秀水
秀水
しゅうすい
利右衛門さんの梅酒
利右衛門さんの梅酒

ページ上部へ戻る


【鹿児島県】 白玉醸造合名会社(しらたまじょうぞう)

白玉醸造合名会社(しらたまじょうぞう) ― 本土最南端・大隅半島のやわらかな芋焼酎 ―

創業明治37年(1904年)。
まろやかな風味とひきしまった余韻は、本場さつまの味を代表するに相応しい味わいです。
麦焼酎と芋焼酎をブレンドした『元老院』など個性的な焼酎を造られる蔵元は、焼酎を飲まない人でも名前くらいはご存知の有名銘柄、「魔王」の蔵元でもあります。
今もって昔乍らのこだわりをもった仕込みの姿勢を貫かれています。



天誅
天誅
てんちゅう
元老院
元老院
げんろういん
白玉の露
白玉の露
しらたまのつゆ
彩煌の梅酒(さつまの梅酒)
彩煌の梅酒(さつまの梅酒)
さいおうのうめしゅ

ページ上部へ戻る


【鹿児島】 オガタマ酒造株式会社(おがたましゅぞう)

オガタマ酒造株式会社(おがたましゅぞう) ― ただひたすらに櫂を入れ、ただひたすらに熟成を待つ ―

創業明治27年(1952年)。
平成5年11月よりオガタマ株式会社に社名を変更。
社名は近くの石神神社境内にあるオガタマの木(国指定重要文化財)より名付けられました。
古式の甕仕込み、鉄幹を造っている手造り工場は、大正期に出来たレンガ造りの小さな蔵です。

・モンドセレクション:金賞(4年連続)



鉄幹
鉄幹
てっかん

ページ上部へ戻る


【鹿児島県】 株式会社西平本家(にしひらほんけ)

株式会社西平本家(にしひらほんけ) ― 心地よい喉越しに広がる甘く深い洗練された香り、さらりとした芳醇な味わい ―

創業大正14年(1925年)。
昭和2年に喜界島から奄美市(旧名瀬市)に移転しました。
伝統あるかめ仕込みを継承し、奄美大島特産のさとうきびを原料に奄美黒糖焼酎を造る蔵元です。
奄美黒糖焼酎は奄美大島群島のみで製造を認められており、古くから島に伝わる常圧蒸留にこだわり、米麹を使用し、二次仕込みに半麹を使う独自の仕込方法で発酵させて旨味を引き出します。
かつて日本一の長寿であった「泉重千代さん」が毎晩晩酌として飲んでいた黒糖焼酎。
現在奄美大島には27の焼酎蔵元があり、中でも西平本家は田崎真也氏が愛飲する焼酎として脚光を浴びています。



氣(気)
氣(気)
天孫岳(アマンディー)
天孫岳
アマンディー
よ〜おり
よ〜ぉり
よ〜ぉり

ページ上部へ戻る


【鹿児島県】 吹上焼酎株式会社(ふきあげしょうちゅう)

吹上焼酎株式会社(ふきあげしょうちゅう) ― 焼酎を造り続けて110年あまり、蓄積してまいりました技術を駆使し、
「品質」に特別なこだわりを持ち、必死に歩んでまいる所存でございます ―

創業明治29年(1896年)。
薩摩地方はさつまいもの栽培に適した土壌と気候。
芋焼酎に適した黄金千貫をはじめいろいろな品種のさつま芋が古くから栽培されており、収穫されたさつま芋を主とし、南さつま市川畑の地下100mから汲み上げた地下水を使用しております。
亀ヶ丘山腹から湧き出る天然水は鉄分が少なくカルシウムやマグネシウムなどがバランスよく含まれ、昔から地元の名水として多くの人々の喉を潤してきました。
この名水と黒瀬杜氏伝統の技と心で醸した味わいのある本格焼酎は品質優良でどれも逸品揃いです。

・平成21酒造年度鹿児島県本格焼酎鑑評会:総裁賞代表受賞



風憚
風憚
ふうたん

ページ上部へ戻る


【鹿児島県】 朝日酒造株式会社(あさひしゅぞう)

朝日酒造株式会社(あさひしゅぞう) ― 90年あまりシマのセーヤ(島の酒蔵)として地元に育まれ、今日に至る ―

創業大正5年(1916年)。
奄美郡島の東側に位置する喜界島の造り酒屋です。
「焼酎造りは農業から」という考えの下で100%喜界島産の黒糖焼酎を造るために、無農薬有機栽培のサトウキビを自ら育て、自前の製糖工場で黒糖を精製。
サトウキビの栽培から黒糖の精製まで全て自社で行い、その黒糖を使って品質の高い黒糖焼酎を造るという一貫した焼酎造りへの姿勢は黒糖焼酎を醸造する蔵元の中でも稀です。
蒼く澄み切った美しい海に囲まれた島で、島内の原料と珊瑚礁の地下から湧く硬水を用い、この魅力的な黒糖焼酎が生み出されます。



朝日
朝日
あさひ
たかたろう
たかたろう
南の島の貴婦人
南の島の貴婦人
みなみのしまのきふじん
陽出る國の銘酒
陽出る國の銘酒
ひいずるしまのせえ

ページ上部へ戻る


【鹿児島県】 有限会社原田酒造場(はらだしゅぞうじょう)

有限会社原田酒造場(はらだしゅぞうじょう) ― 現在の味をだす為に、ブレンドの仕方、割合など苦心に苦心を重ねました ―

創業昭和22年(1947年)。
鹿児島から540km奄美群島の沖永良部島にあります。
奄美の黒糖焼酎は酒税法で奄美群島だけに製造を認められ、奄美の特産物として根強い人気を得ています。
長期貯蔵によるまろやかで芳醇な酒質が特徴です。



昇竜
昇竜
しょうりゅう

ページ上部へ戻る


【鹿児島県】 小牧醸造株式会社(こまきじょうぞう)

小牧醸造株式会社(こまきじょうぞう) ― つまりその年の味をそのまま味わって戴く、これが一番のこだわりなのです ―

創業明治42年(1909年)。
先代からの造りを忠実に守り続け、昔ながらの甕仕込みを行なっておられる、頑固一徹の蔵元です。
人本来の五感を活かし、芋の持つ良さを最大限に引き出します。
通常は焼酎を造る上で酒質の調整を図るため「ろ過」という作業を行いますが、小牧醸造様は一切ろ過を行なっておられません。



一尚
一尚
いっしょう
昇竜
伊勢吉どん
いせきちどん

ページ上部へ戻る


【鹿児島県】 濱田酒造株式会社(はまだしゅぞう)

小牧醸造株式会社(こまきじょうぞう) ― 本格焼酎を真の国酒へ、更には世界に冠する酒へ ―

創業明治元年(1868年)。
創業の地で昔ながらの木桶蒸留器を使い甕仕込み、甕貯蔵という明治・大正時代の製法を守っている伝兵衛蔵。
最新鋭のシステムを導入し高品質の焼酎を量産する串木野の本社工場傅藏院蔵。
そして霤勅鯊い誕生する前、江戸時代の焼酎づくりを再現する薩摩金山蔵。
この三つの蔵が揃うことで、商品としての焼酎づくり、文化としての焼酎づくりを同時に行うことが可能になりました。
「焼酎の歴史を掘り下げ焼酎づくりの伝統を継承することと、日本の国酒たる本格焼酎の輝ける未来にチャレンジすることが、私のライフワークであり、霤勅鯊い鵬櫃擦蕕譴浸般燭任發△襪塙佑┐討い泙后
薩摩の焼酎づくりを受け継ぐ企業として、100年、200年後も、私たちの霤勅鯊い麓児島の焼酎屋でありたいと願っています。」



赤兎馬
赤兎馬
せきとば
赤兎馬
赤兎馬
せきとば
赤兎馬
赤兎馬
せきとば

ページ上部へ戻る



沖縄


Copyright(C)2012 Meishu-Honpo IMANAKA SAKESHOP. All Right Reserved.
当店の画像・文章の無断使用は固くお断りします。

― お酒は20歳になってから ―    未成年の方へのお酒の販売は堅くお断りしております。ご注文時年齢確認をさせていただいております。