雛人形 立ち雛

立ち雛飾りが全ての雛人形のはじまり?

■雛人形のルーツ、立ち雛

最初に生まれた雛人形は、立った姿勢での人形でした。 これは、雛人形のルーツである「人形(ひとかた/かたしろ)」から派生したものです。 人の形の紙に穢れを託して、水に流す風習からはじまった雛まつり。 源氏物語の須磨の巻に、人形を海に流すシーンが書かれていることも有名です。 ひとかたの歴史を知ると、立ち雛が最初の雛人形ということが分かりますね。

■初節句に立ち雛は厳禁??

立ち雛は「普通飾り」だから、初節句の御祝いに立ち雛を送るのはNGという話を聞くこともあるかもしれませんが、上記で説明したとおり雛人形のルーツであることを考えると、当然OKとなります。 元々は盛んに雛祭りに飾られていた人形。 平安時代のひいな遊びも原型となっていて、宮廷の女人たちが衣裳の橋切れなどで雛を手づくりしはじめたのも、立ち雛でした。 古い雛人形で有名な街や、庄内地区でも立ち雛はたくさん残っています。 ぜひ、誤解をせずに立ち雛を飾ってあげてくださいね。

■立ち雛の時代がやってきた??

江戸時代の初期までは、立ち雛もたくさん存在していましたが、時代が下るに連れて、内裏の生活を模した座り雛が主流となっていきました。 しかし、また最近立っている姿の雛人形を見かける機会が増えてきました。 これは、古くの「立ち雛」とは異なり、座っていた雛人形を立たせたという「姿勢の変化」の意味合いが強いようです。 立ち雛からはじまり、座り雛、そして立ち雛へ…時代は巡るのですね。

■立ち雛の魅力

立ち雛の魅力は、何と言ってもその歴史の深さですが、ほかにもさまざまな魅力があります。

  • ◯立ち雛は一般的に、お雛様とお内裏様だけなので、スペースを取らない。

  • ◯シンプルでオシャレなので、大人でも楽しめる。

  • ◯飾り付けが簡単。

  • ◯歴史の深さから格式高いものが多い。

など、たくさんの魅力にあふれています。 女の子の人数が多いときは、お姉ちゃんのときは段飾り、妹のときに立ち雛をプレゼントする…とうケースもあります。 雛人形を選ぶときには、ぜひ立ち雛にも注目してみてくださいね

雛人形商品一覧

お雛様の商品情報を読み込んでいます

読み込み中

10秒程度まっても表示されない場合は、
お手数をお掛けしますが、一度 一つ前のページにお戻りください。

売れ筋商品から選ぶ!

平飾り人気ランキング! 平飾りの全商品を見る!

男雛・女雛のみの2人飾り(親王飾り)が多い、平たい台が特徴のシンプルなお飾り!!

読み込み中

段飾りの人気ランキング情報! 段飾りの全商品を見る!

雛人形の定番!豪華な雛段の台屏風と、五人~十五人揃いの賑やかなお飾りが特徴です!

読み込み中

ケース飾りの人気ランキング情報! ケース飾りの全商品を見る!

ガラスやアクリル等の透明のケースに雛人形を入れたケース飾り。ホコリや傷からお人形を守ります。

読み込み中

収納飾りの人気ランキング情報! 収納飾りの全商品を見る!

お人形や屏風をしまう為の収納スペース付の飾り台が特徴の収納飾り!

読み込み中

立ち雛飾りの人気ランキング情報! 立ち雛の全商品を見る!

雛人形の中でも特に古い歴史を持つ、伝統ある立ち雛飾り。

読み込み中
↑ ページの一番上に戻る