雛人形の由来を考えよう

かわいい雛人形も沢山あります!

■雛祭りのルーツ

雛祭りのルーツは、中国渡来の「上巳(じょうし)」の節句。 中国では3月3日に、水辺にて身を清め、穢れを払う習慣がありました。 これが日本に渡り、3月3日には穢れ払いの儀式が行われるように。奈良時代には紙でできた人形(ひとかた)が登場し、平安時代には人形に厄を移して川に流す「流し雛(ながしびな)」も誕生しました。

■どうして「お祓い」をするの?

紙の人形に自分の名前や年齢を書き、身体でなでたり息をふきかけたりし神社でお炊き上げをする。 今も、日本各地で行われている「お祓い」のひとつですが、これは奈良時代に穢れ払いの儀式として登場した「人形」がルーツとなっています。 その昔、医療や衛生状態の未発達により、成人する前に命を落としてしまう子どもたちが今では考えられないくらい多かったのです。 親は、「我が子が無事に成人するまで健康でいられますように…」と祈りを込めて、厄払いをしたのです。

■雛人形のひなは、「ひいな遊び」から

平安時代、貴族の女の子たちの間で「雛遊び(ひいなあそび)」が流行しました。 紙でつくった人形を、同じく紙でつくった御殿のなかで遊ばせるのです。 単なるままごとと違うのは、人形が男女一対だということ。 宮中の暮らしをまねっこした遊びですので、宮中にて夫婦の関係がいかに大切にされていたのかが伺い知れるでしょう。 「雛」には、「大きなものをちいさくする」「かわいらしいももの」という意味があります。 宮中の暮らしをそのまま小さく表現したままごと遊びというところから「雛遊び」というネーミングになったのでしょう。

■宮中の結婚への憧れ

こうして、厄払いと「雛遊び」、「上巳(じょうし)」の節句が合体してできたのが「雛人形」です。 宮中の結婚式を模した形になったのは、天皇、皇后のような幸せな結婚ができますようにという願いが込められているから。 雛人形が庶民に浸透してからも、宮中の結婚を模した形は変わりませんでした。 そこには、お雛様のように、玉の輿にのってほしいという親心が隠されているのかもしれませんね。

雛人形商品一覧

お雛様の商品情報を読み込んでいます

読み込み中

10秒程度まっても表示されない場合は、
お手数をお掛けしますが、一度 一つ前のページにお戻りください。

売れ筋商品から選ぶ!

平飾り人気ランキング! 平飾りの全商品を見る!

男雛・女雛のみの2人飾り(親王飾り)が多い、平たい台が特徴のシンプルなお飾り!!

読み込み中

段飾りの人気ランキング情報! 段飾りの全商品を見る!

雛人形の定番!豪華な雛段の台屏風と、五人~十五人揃いの賑やかなお飾りが特徴です!

読み込み中

ケース飾りの人気ランキング情報! ケース飾りの全商品を見る!

ガラスやアクリル等の透明のケースに雛人形を入れたケース飾り。ホコリや傷からお人形を守ります。

読み込み中

収納飾りの人気ランキング情報! 収納飾りの全商品を見る!

お人形や屏風をしまう為の収納スペース付の飾り台が特徴の収納飾り!

読み込み中

立ち雛飾りの人気ランキング情報! 立ち雛の全商品を見る!

雛人形の中でも特に古い歴史を持つ、伝統ある立ち雛飾り。

読み込み中
↑ ページの一番上に戻る