サラクール

サラクール

◆紫外線 強力遮蔽&クーリング(遮熱)素材CX-サラクール◆心斎橋みや竹オリジナル日傘◆
サラクール
UV Power Cut Parasol
Australian/NewZealand Standard UPF50+ Excellent Protection
Cool&Comfortable, Super Sun protective clothing


サラクール
kasaya.com Original UV-Cut Parasol
Super Excellent series&Cool Legend series


CX-サラクールはユニチカテキスタイルが開発した「人に優しい」機能素材。 やわらかな艶となめらかな表面感、ハイクォリティーでグレード感あるコットン に強力紫外線予防の機能性をプラス! 繊維内部に特殊セラミックを入れ有害波を遮断、 日傘に親しんだ方にはもちろん、 いままで日傘をもったことがない方にこそ使っていただきたい「究極の逸品」です!

UPFとはUltraViolet Protection Factorの略称。世界で最も紫外線対策の歴史が古く、 国民あげてサンスマートプログラムが実施されているオーストラリア/ニュージーランドで定められた厳しいUVカットの世界的基準値。 (50+)であれば最高等級とされるランキングで、 CX-サラクールは超パフォーマンスUPFを計測し、最も紫外線遮蔽に優れている素材のひとつとして世界に認められたのです。


サラクール
kasaya.com Super Excellent series
★スーパーエクセレント シリーズ★
たて糸CX-サラクール〜しなやかでたおやか 夢みる風合い
Dome60cm,Standard55cm,Folding47cm,ShortParasol47cm
Long Mens 60cm&Folding Mens 55cm
UPF White55.5 , Pink142.0 ,Beige331.2 , Navy488.1 , Black850.7
UV Cut White94.7 , Pink98.3 , Beige99.3 , Navy99.7 , Black99.9



二種の糸の絶妙なるブレンド「UVカットの黄金比率」 かくしてCX-サラクール第三世代へ。心斎橋みや竹オルジナル日傘「スーパーエクセレント」シリーズ 貫禄のブラック99.9、実力のネイビー99.7は言うに及ばず、 薄色のベージュ99.3、サモンピンク98.3までもが従来の濃色に匹敵するハイスペック・カット 。 ユーザのご要望に応じた「大きく安心の日傘」ワイドサイズ スタンダードSC-55(55cm) とお洒落なバンブーハンドルのエクセルモード二段傘とノヴェラショートパラソル(47cm) そして紳士の日傘も長・折を取り揃えています。


無粋なシルバー傘の様な閉塞感もなく、遮熱・クーリング機能が生む優れた涼感の素晴らしさ。 最高のパーツを選びぬき職人の業を結集。洗濯もOK、修理・張替にもご対応。 匠の日傘 本来の優雅な趣はそのままに、有害紫外線をスーパーガード! その柔らかで優雅な風合いは、きっと貴方のお洒落心を満たして余りあるものでしょう
●簡易晴雨兼用
(メインはあくまで日傘です、少量の降雨でしたらご使用いただけますが本降りには耐えません)
●通常の洗剤で洗えます。20回程度までの洗濯なら生地特性はほぼ変わりません。

心斎橋みや竹kasaya.com限定の特別仕様のオリジナル日傘です!

サラクール
★日傘の美意識を極めた★
ノヴェラ
<47cm長傘 ショートパラソル> \13000(税込 \14040)

●CX-サラクールファン待望のお洒落でスタイリッシュなショートパラソル。 優しさに充ちた彩、詩的なパラソル美。 すべてに上質を求めるコンセルジェ宮武が厳選した独創的パーツ。 竹に寄り添うゴールドが醸す華やぎは、心揺さぶるほどに印象的。 すべてに上質を求めたワンランク上のショートパラソル



サラクール
スタンダード SC55
<55cm長傘> \12500(税込 \13500)

●スマッシュヒットの人気モデル!直径93cm(親骨55cm)のワイドサイズで、あなたの美肌をしっかりガード! ラボ・データに裏打ちされた真実のハイスペック。なかでもベージュ色99.3は唯一無比! クラシカルな趣の籐ハンドルと、ハイグレードな樫のシャフト。



サラクール
ジョアンヌ Excel-Mode47
47cm折傘 \12000(税込 \12960)

●47cm スーパーUVカット 日傘・二段折傘。 大好評のアンティークな寒竹ハンドルと、気品溢れるタッセル。 メイド・イン・ジャパンの伝統と、テクノロジー最前線素材との大胆融合。 ジョアンヌは、まさに理想の日傘。



UV パラソルフォーメン
男性だって機能性とファッションセンスを兼ね備えた日傘を持ちたい。そんな声におこたえました。 いままでの、男性日傘はご年配の方のものというイメージを完全に払拭! 白木調仕上げ剥きエゴハンドルの優しい手触り。持つほどに愛着がわきます。 女性の方もラージサイズとしてお持ちになれる優しいデザインです(長傘60cm折傘55cm)
※エゴ…主に東北地方原産。高木の落葉樹。堅く良質な木肌で、変形も少ないことから 様々な伝統民芸品にもつかわれている
このハンドルはエゴの樹皮を、手元職人が丹念に剥きあげたものである。



◆お客様 よろこびの声◆


心斎橋みや竹 四代目 宮武和広
宮武和広 この傘に賭ける想い〜
 私は進化する、そして日傘も進化する


創業明治29年 生粋の傘専門店 心斎橋みや竹。私どものコンセプトは、 パラソル本来の優雅さや、コットンの優しい風合・発色・質感はそのままに、どこまで紫外線遮蔽や遮熱・クーリングの機能 を高められるか?よりグレードの高いUVカット傘をつくれるか?であります。

私は全国の職人を尋ねて行脚をし、様々な匠たちの英知と心をネットワークで結んで、 より優れた日傘を編みだそうと努力をしてまいりました。ユニチカテキスタイル様の全面的ご協力のもと、 最新のテクノロジーを用いて最適のUVカット日傘素材を追求しました。

実は私自身が紫外線に弱く、パラソルのヘヴィーユーザーです。 そこで、『私ならこんな日傘が欲しい!』という一念で創造を繰り返してきたのです。 だから誰よりも、どんな日傘が心と肌を癒すのか解っています! 祈りと執念でうみだし、毎年進化するこの傘は、まさに私の自信作。 全国のみなさま、どうぞ「CX-サラクール」をご愛用くださいませ

21世紀、焼けたお肌は"断然"恥ずかしい
女性のみなさま、是非こうおぼえてください。美肌は単なる一過性のブームではありません。 日焼けはお肌の 命を確実に縮めます。そうなってみてはじめてわかることですが、実に厄介な時代 になったものです。前世紀が残した負の遺産はたくさんありますが、その中のひと つが「オゾンホール」。地上25000〜30000mの成層圏にあって地球への有害紫外線到 達を阻止していたオゾン層が、環境変化によって穴があき破壊されていく現象。

その昔は「日向ぼっこ」「日光浴」と呼ばれて、陽光を浴びるのは人類生活におい て健康的で、良いことだと認識されたものです。しかし、いまや太陽は友人でない ことを知るべき時がきました。昔と比べて、若い世代にも「しみ」「ほくろ」が増 えたましたね。いますぐでなくとも潜在的ダメージを貴方の皮膚下に蓄積していき ます。


また男性だって決して例外ではないのです。傘の黎明期、ジョナスハンウエイとい う人が鯨骨を使った重い傘を街中でさし、周囲に嘲笑されたり石を投げられながら も「傘をさす文化」を根付かせた逸話があります。私は男性ですが、いつも日傘を 手放しません。今は少々珍しいことであっても、やがて世の男性諸氏も日傘の大切 さを知ることになるでしょう。

夏だけではありません。行楽シーズンは、その陽光の心地よさについガードの手を 揺るめがちですが、オゾンホールの魔手は容赦なくせまりつつあります。 たとえフロン規制が加速的に行われても、一度壊れたものを修復するには相当長い 年月がかかるといいます…少なくとも皆さんが天に召されるころまでは、人類と紫 外線の戦いは延々と続くでしょう。美肌だけでなく、皮膚ガンを予防するためにも 、若いころから日傘をさすというライフスタイルを身につけていきたいものです。



もっと知りたいCX-サラクール、皆様だけにオシエマス!
◆UV-カット加工の劣化に関しまして

CX-サラクールのUVカット性は半永久的で、効果が低下することは考えにくいです。 ただ、染料が太陽光、特に紫外線に長時間照射されることにより変色することが 考えられます。 当社では、黒に関しては紫外線を10時間連続照射をして、色が変わるか 否かで管理を行っております。変色してもUVカット性の大きな低下はありません。 ただ、木綿繊維自身が太陽光の連続照射により黄変すること、強力低下が考えられま す。 木綿繊維自身に紫外線を177時間連続照射することにより、強力が約40%低下致 します が、これくらいの低下ならば実用上問題はないと思われます。 太陽光に長時間照射されることにより、木綿繊維自身の黄変、 染料の変色が考えられますが、UVカット性の低下は考えられません。
********************************
ユニチカテキスタイル株式会社
********************************


◆紫外線のまわりこみに関しまして

紫外線は直接照射によって肌に到達するものばかりでなく 周囲、或いは地表に反射して肌に達します。 したがいまして、厳密に100%カットを目指しますには そのすべての入り口を遮蔽する必要があるわけです。 とはいえ、鎧甲で街中を歩くわけにもまいりませんので ファッション性の中で、できる限りの対策を施したいものです。
日傘に加えて、帽子や長手袋の併用もいいかもしれません。 いずれのアイテムも、それぞれで完璧にカットできるわけでは なく、複合的に関連しあって紫外線の肌へのダメージを なくする役割を持ちます。 CX-サラクールに関しましては、ラボでの数値が証明しますとおり ですので、あとは周囲からまわりこむ紫外線への対策を 併用して考えてください。 UV-Aは320〜400ナノメータ UV-Bは290〜320ナノメータ をさします。 UV-Aは雲。霧。窓ガラスも通過。 皮膚にサンタン(2次黒化)という色素沈着の影響をあたえますが B波ほどひどくはありません。

悪玉なのはUV-Bのほうで、こちらは急激なサンバーン、皮剥げ という色素沈着、水分減少、肌荒れを誘発します。
********************************
心斎橋みや竹
店主 宮武和広
********************************


◆UPFに関しまして

UPF値の表記は、15から20、25…と5きざみで50まで、それ以上は50+ となり、 厳密には、UPF200では50+と表記されます。 我々は、50を超えても、技術的な検証を行うことも兼ねて、50+という表現より も、 実測値を表記することが多いです。 (技術的には50と200の差は大きいです)
********************************
ユニチカ株式会社
********************************

私なりの解釈を記しておきます。 5きざみのUPF『表記』は実際の計測値ではなく『等級』を意味するものです。 星と同じとお考えいただければわかりやすいとおもいます。 星でいいますと「50+」は一等星ということになりますが、 一等星というランクの中にも シリウス、カノープス、ベガ、リゲル、プロキオン それぞれ実際の明るさには歴然と差がありますね。

最高等級と括られたグループの中にも、広く様々な差を生じます。 それをわかりやすくするために「50+」というクラス表示とあわせ、 実際の計測値も付記してそれぞれの色の違いを明確にしています。 このほうが、はるかに消費者の皆様の 目線にたった正確な表現であるとおもいます。
********************************
心斎橋みや竹
店主 宮武和広
********************************


スーパーエクセレントシリーズ仕様
サラクール試験報告書


UPFとはUltra violet Protection Factorの略称。 地球上で最も紫外線が激しいとされるオーストラリア/ニュージーランドで 定められた厳しいUVカットの世界的基準値。 スーパーエクセレントシリーズの日傘は、 全色がエクセレントプロテクションの最上位50+にランキング
(White55.5 , Beige331.2 , Navy488.1 , Black850.7)

クールレジェンドシリーズ仕様(ブラック)
サラクール試験報告書


CX SARACOOLは、セルロース系繊維※と 特殊セラミックを練りこんだ ポリエステル繊維サラクール との複合素材であり、 セルロース系繊維が持つナチュラルな表情と、 サラクールが持つ太陽光遮蔽性によるクーリング効果、 紫外線カット効果を合わせ持った日傘に最適素材 ※セルロース系繊維:綿、麻、レーヨン、ポリノジック、リヨセル繊維等 CX SARACOOLの特長 サラクールの繊維内部に練り込まれている特殊セラミックにより、 太陽光が乱反射され、内部への透過を高いレベルで遮蔽するため 以下の効果が得られます。 ■クーリング効果(温度上昇軽減) ■太陽光紫外線カット効果 ■赤外線を遮蔽するため生地内の温度上昇を軽減

◆遮熱 試験報告書◆


www.unitika.co.jp/textiles/
◆生地製造:UNITIKA TEXSTILES LTD
◆傘製造:Tokyo WAKAO
◆企画:宮武和広
◆販売:心斎橋みや竹kasaya.com Kazuhiro Miyatake

Special Thanks to Sigeyuki Suzuki(UNITIKA TEXSTILES LTD)


Produced by backhome Parasol Manufactured by backhome

◆Media◆各種メディア様より
雑誌掲載・メディア紹介・資料提供のご要望は 心斎橋みや竹まで
miyatake@kasaya.com
557-0013
大阪府大阪市西成区天神ノ森1-19-11
【TEL】06-6656-1704
【FAX】06-6656-1704
■ご協力実績:ワールドビジネスサテライト様
日本繊維新聞様、中日新聞様、PHP様

サラクール