WINE SHOP WINEHOLIC

GOOD CONDITION   TOKYO JAPAN

ワインホリックアイコン
WINE SHOP WINEHOLIC

HOME
 
価格順でワインを選ぶ
 

新着ワインに注目

 

 レアーなワインも沢山あります!
是非チェックしてください。
 
2020/11/19Release
 
 
 
  
 
 
ピエール・フリック
 
 

ピエール・フリック

新ヴィンテージ入荷!
 
1970年にビオロジック、 1981年にビオディナミを開始した、アルザス有機農法の先駆者。当主ジャン・ピエールは、コルマールの南、ファッフェンハイム村にあるブドウ農家の 12代目。長年の真摯なビオディナミ栽培により力強さを備えたブドウ樹には生命力が吹き込まれ、近年はボルドー液の使用も大幅に低減した。 12haの自社畑の一部は、ブルゴーニュと同じジュラ紀ドッガー時代(バトニアン期、バジョシアン期を含む)の魚卵状石灰岩も豊富。醸造時は、白品種も全て全房でプレスし、 100年以上使い続ける 30hlのフードル(大樽)で熟成。 1988年以来、補糖を一度も行っていない。複数ある亜硫酸無添加キュヴェには立体感ある舌ざわりがともない、触覚的なテクスチュアが現れる。信条は、「ブドウの樹は、天と地をつなぐ架け橋。ワインの本質とは審美的なものであり、それは芸術の一分野を占めている。ワインは自然への愛と、畏怖の念が刻印されるべきものである」。
 

 

ダミアン 

 新ヴィンテージ入荷!
 

フリウリ=ヴェネツィア ジューリア東部、ゴリツィア。果実の完熟は、果皮でも糖度でもない、「種子の完成」と考えるダミアン。貴腐化するほど成熟したブドウを収穫し、大樽での長期間に及ぶマセレーション(果皮浸漬)によって、果実のすべてを表現する彼のワイン。言葉では簡単に言えますが、これを実現するため、膨大な畑での作業と、収穫量を落とし、樹上での完熟を極限まで待ち続ける、「妥協ない信念」によって収穫されるブドウ。時には雨や病気によって収穫の大半を失うリスクを乗り越え、「ボトリティス ノービレ=貴腐菌」が回る最高のブドウ。これを粒単位で選果するという過酷すぎる収穫、、。そしてはじめて醸造に向き合う。「ワインを造ることは簡単だけどブドウを収穫するまでが一番難しいのさ。」そう話していたダミアン。今年も無事に入港し、十分な休息期間を経ていよいよ新しいヴィンテージをリリースさせていただきます!日照に恵まれていながら、収穫前の雨によって十分な貴腐の恩恵を持った2015。時間を費やしたことで、格段に良くなったヴィンテージです! 

 
 
 
 
 
  
 
ダミアン
 
 
 
 
 
  
 
 
ポデーレ ルイーザ
 
 

ポデーレ・ルイーザ

新ヴィンテージ入荷!
 

 キァンティといえば、イタリアでも有数の銘醸地。星の数ほどいる造り手の中でも、土地の伝統や時代背景を尊重しつつも、自然環境を重視した栽培&醸造方法を続けてきたポデーレ ルイーザ。当主のサウロの誠実な仕事は、キァンティというワインが本来持っていた食中酒、そして飾らない素朴かつ、味わい深いキァンティを造り続けてきました。しかし、コロナウィルスの猛威は、少なからず彼らのワイナリーにも大きな影を落としております。祖父の時代から続くワイン造り、現在においても全体の7割近くは量り売り(スフーゾ)が占めております。昔から付き合いのある地元のレストランや、個人客の消費がその大半を占めていましたが、4~6月のロックダウンの影響でレストランは休業し、量り売りの消費が激減してしまいました。カンティーナ&セラーも小さく、ストックする場所もない彼ら。量り売りだけで一時3ヴィンテージ分の過剰在庫となってしまいます、、。そして当然ながら在庫だけでなく、彼らの生計にも大打撃を与える事態に陥ってしまいました、、。
エヴィーノとしても創業からの付き合いでして、彼らの優しさ、誠実さにはいくら感謝をしても足りないほどです。彼らの窮状を知り、少しでもサポートすることができないだろうかと考えました。そこで、量り売り用のワインをボトル、バッグインボックスと合わせて、新しいワインとしてリリースさせていただきます。ワインの名は「Pensieroペンスィエロ=贈り物、思いやり」、サウロが父から受け継いだこの土地からの贈り物であり、彼らのワイナリーをみんなの想いで支えていきたい!という気持ちで付けさせていただきました。
ただ中身は量り売り、、味わいや中身を不安に思われるかもしれませんが、そこはやっぱりポデーレ ルイーザ!彼らの誠実で真面目過ぎる仕事ぶりは、スフーゾであっても普段のボトル詰めしているワインと全く遜色ありません!、、、というか、こんな素晴らしいワインが、スフーゾになっているなんて一体どういうことなのか、逆に心配になってしまいます、、汗。キァンティという、食中酒の文化を代表するかのような飲み応えと、食べるものを引き付ける酸とタンニン。それでいて飽きの来ない飲み心地のよさ!そして、量り売りとは思えない十分な飲み応えと安定感!間違いなく皆さんのテーブルワインとして不動の立ち位置を築き上げる素晴らしいクオリティだと思います。コロナウィルスの影響はイタリアのみならず、日本でも各地で大きな影響が出ているさなかではございます。ですので、今回は少しでも多くのワインを消費してもらえること、そして皆さんが少しでも喜んでもらえるように、少しでも多く消費してもらう観点から、ワイナリー応援価格とさせていただきました!どうか皆様、ご協力よろしくお願いいたします!!

 

 

サン・フェレオーロ 

 新ヴィンテージ入荷!
 

ドリアーニ、そしてドルチェットを語る上でサン フェレオーロ、ニコレッタ ボッカ抜きには語れません!ドルチェットの最高表現といっても過言ではない「サン フェレオーロ」より、今年のリリースが到着しております。収穫からリリースまで5年以上、トップキュベである「1593ミッレチンクエチェントノヴァンタトレ」は、なんと12年もの時間を欠けてリリース、そしてベース的な立ち位置であるドリアーニ(ヴァルディバ)は、カンティーナに残っていた2017が再入荷しました。そして、唯一の白であるコステ ディ リアーヴォロは今のセパージュでは最後のリリースとなるようです、、。

 
 
 
 
 
  
 
サン・フェレオーロ
 
 
 
 
 
  
 
 
ヴィットーリオ・グラツィアーノ / サッソスクーロ 2015
 
 

ヴィットーリオ・グラツィアーノ

新ヴィンテージ入荷!
 

ランブルスコ モデネーゼの生ける伝説、ヴィットーリオ グラツィアーノ。この地域で誰よりも早く土地の可能性、地品種の大切さに気付き、栽培、醸造方法を守り続けたヴィットーリオ。地域の伝統に忠実であり、さらに栽培・醸造において人為的な介入を行わない、ブドウ由来の味わいを尊重した唯一無二のランブルスコ、そして徹底したこだわりと価値基準、納得できない年はボトル詰めしないという希少なスティルワイン、タルビアナーツの新ヴィンテージ。そしてそのヴィネガーも再入荷です!

 

 

イル・パラツィーノ 

 新ヴィンテージ入荷!
 

「キアンティ・クラッシコ、ガイオーレ地区にあり、どこよりも古典的で長命なワインを造るモンティ村は、トスカーナ(いや、事実上イタリア)の中でも最高のワイナリーがいくつか存在する」と M.W.ニコラス・ベルフレージが記する。その標高 400m付近に、昔から地元で ザ・クリュ と畏敬される畑を所有する生産者。オーナー、ズデルチ家は入念なグリーン・ハーヴェストによる収量制限と、収穫時の徹底した選果を行い、最上の樽のワインのみを自社瓶詰めする。それによりワインはフィネス、温和な優しさ、芳醇、豊かなスミレとラズベリーのブケを湛える。 2006年からラシーヌの要望で、レ・ピエーヴェとグロッソ・サネーゼの二つのトップ・キュヴェを大樽熟成。また 2013年以降、モンテヴェルティーネのアグロノミスト、ルジェーロ・マッツィーニの協力で、さらに一段とワインの優雅さと味わいのエネルギー感が向上。歴史あるワイナリーは父アレッサンドロに息子エドアルドが加わった新体制下で、近年劇的な向上を見せつつある。

 
 
 
 
 
  
 
サン・フェレオーロ
 
 

ジル・アゾーニ

 新ヴィンテージ入荷!
 

ピエール・オヴェルノワ、クロード・クルトワらを敬愛し、「亜硫酸無添加が絶対条件。ワインにブドウ以外のものは入れない」を信条とする、ジル・アゾーニのドメーヌ。ジルはパリで生まれ、ヴォルネイでの修業後、 1983年、アルデッシュの静かな渓谷の山間でドメーヌ開設。畑はつい近年まで携帯電話も通じない、孤絶した地域であった。「ブドウはイエス・キリスト。畑は聖母マリア。造り手は二人に従う羊飼いである」を哲学に、真摯かつ情熱的なワイン造りで、濃いばかりで単調になりがちな地域のシラーやグルナッシュから、熟成後にブルゴーニュも及ばないほど繊細で複雑な美しいワインを生む。 2016年から息子のアントナンが醸造に加わり、ワイナリー名義も息子の名に変更したが、当面はジルもワイナリーに残り、アントナンを手助けしている。アントナンの加入後はワイナリーの形態もネゴシアンへと変わり、アルデッシュの数人ブドウ栽培家達と契約している。栽培家の中には、やがてはヴィニュロンになろうという人もいて、アントナン達から醸造を学び、ワイナリーを立ち上げる若手も出ている。

 
 
 
  
 
サン・フェレオーロ
  
 
 
 
 
 
  
 
  
 
ヴィットーリオ・グラツィアーノ / サッソスクーロ 2015
 
 

カーザフラッシ

新ヴィンテージ入荷!
 

スタンダードキャンティーと呼びたいほどの出来映えで通常は彼らが営むレストランでしか飲むことが出来ないワインだ。まさにキャンティーのあるべき姿とも言える、決して超高級でなく親しみやすいところが素晴らしい!

 

 

 

お薦めと更新情報!

 

食材、調味料だって状態が良いと全然違うのです
美味しさのレベルが違う
まさにワインと同じなのです
2020/11/18更新
 
 
お薦めと更新情報!

 

食材、調味料だって状態が良いと全然違うのです
美味しさのレベルが違う
まさにワインと同じなのです
2020/11/18更新
 
ジョージアン・ナチュラル・ビール "アネタ" 750ml  2019
状態の良さがそのまま味わいに反映。これぞワイン的なビール!
ジョージアのワインの作り手イアゴ・ビタリシュヴィリが作る自然派ビール基本的に通常のビールと同じだが、ホップには野生のホップを使い、酵母としてチヌリの澱を加えて一次発酵(夏5~7日、冬14~20日)、通常のビールはそのまま低温発酵(熟成)するところをチヌリの果汁を加えて二次発酵(1カ月)行う。イアゴ家伝統のビール。祖母アネタが毎年イースターに醸造していた。祖母はブドウ栽培が出来ない山岳地方の出身で、そこにはワインのかわりにビール造りの伝統があった。ナチュラルワインの生産者であるイアゴは、このビールのナチュラルな手法が好きだったし、自分が次世代に伝えなければ製法が失われてしまうことを危惧したから醸造したという。
Domaine Goisot ドメーヌ・ゴワゾ
サン・ブリにおいて圧倒的なワインを作るゴワゾ。ブルゴーニュで大きな存在感を誇る作り手だ!果実の魅力に溢れそれをさらに魅力的にするための酸も見事で溌剌としたワイン。これほどの魅力的なワインはブルゴーニュ広しといえどもそうそうない。
再入荷ワインは、今最もよく売れているワインだからこそ人気のワイン。美味しいワインは何度でも登場します。みんなが飲んでいるワインとは?一目瞭然です。FACEBBOKで確認
自宅で作れる料理レシピを始めました。時間のあるときに仕込みさえしておけば作るのは簡単。美味しい料理を作るこつは調味料を作っておくこと。いちいち料理のたびに調味料を合わせなくてもいいのです。ちょっとしたこつや、材料を手に入れられるお店も紹介。料理ごとに相性の良いワインもご紹介しています。まだ始めたばかりなのでレシピは少ないですが徐々に増やしていきます。あくまでもワインのある生活をイメージした自宅で作れるレシピです。ちょっとレベルが高い料理もありますが、徐々に出来るようになれば料理を作るのが楽しくなってきますよ!
Ulysse Collin ユリス・コラン
今シャンパン界を席巻する逸材。現在ストックのシャンパンを増やす為に出荷量が半減されている。それにも増して現在フランスを中心にネットワインショップの評判が悪く並行物を減らすためにチェックを厳しくしネットショップでの販売をしない様にインポーターに依頼しているほど。それほどネットショップには並行ものが蔓延しているということだ。世界でもようやくワインの状態を少し気を使うようになったようだ。並行ものを規制していくことは状態だけの問題ではないだろうが、ワインホリックも巻き込まれてしまっていることはちょっと心外だ。さて唯一生産量が少し多いブラン・ド・ノワール・マイヨンだけは販売できる。現在2015年、2016年があるがこれは非常に貴重な存在だ。
シルヴァン・パタイユの2017年以降は見逃せない!
コート・ド・ニュイの北の端、マルサネの評価を一新する力量を持つ生産者。当主シルヴァン・パタイユは、ボーヌとボルドーの二つの醸造学校を卒業後、故郷ブルゴーニュで醸造コンサルタントとして活躍。 1999 年に祖父の畑を譲り受け、自社生産を開始。現在は契約畑を含め 15ha を耕作する。 2008 年からは一部の区画でビオディナミも開始。醸造は野生酵母のみで、原則的に全房で発酵させ、過度な抽出を避け、まるで果皮を煎じるようにゆっくりと長めのマセレーション( 30 日前後)を行う。熟成には大樽も併用。その結果生まれるピノ・ノワールは、温かさの奥に確たるエネルギーに溢れ、ミネラル風味と清涼感、美しい果実味と繊細な味わいがある。亜硫酸使用も非常に低く、ナチュラル志向が感じ取れる。ロゼにも 1930 1956年植樹の古木を使用。マルサネ・ルージュ・ランセストラルは 1930 1945 年植樹の古木のみ使用する。その手腕は現地でも高く評価され、現在醸造コンサルティングの契約も 15 社に増加している。
Bag In Box
レベルの違うバッグ・イン・ボックス
空気が入らない構造のボックスにリーズナブル系のワインを詰めたボックスです。通常皆さんはボックスワインは安ワインの代名詞などと思っているのかもしれませんが、特定の生産者が詰め状態の良いものだと吃驚するくらい美味しいのです。飲み過ぎちゃって困るほどなのです。 通常のバッグ・イン・ボックスはワインショップで店頭にそのまま並べられているのを見たことがあると思いますが、ワインホリックのボックスワインは輸入元が完全な状態で輸入しワインホリックで厳重に管理されたものなのです。バッグ・イン・ボックスは空気が入らない構造になっているために2週間は緩やかに変化しながらずっと美味しく飲めます。変化する表情さえ素晴らしく思えるほどなのです。逆にこのボックスに良いワインを詰めて飲みたいと思うほど、、。
厳選に厳選を重ねたワインセット!ワインホリックのワインセットは考え方が違います。安く売るためだけにインポーターが吐かせたいワインを大量に買ったり、年度末に捨て値で放出したようなワインをセットで売るわけではありません。だから正直そんなには安くありません。でもコスパは最高なのです。だってワインの質が全然違うのですから。同じワインでも美味しさのレベルが違います。まずはその違いをご自分でご確認ください。ワインホリックでは1000種類以上あるワインの中から何を選んだら良いのか分からない方のためにテーマごとに厳選したワインをセットにしてあります。無くなるとまた新しいワインを選びワインセットを組みます。これはワインの状態が良いからできること。どれを飲んでも健全なワインだから全然姿が違います。リーズナブル系のワインを飲むと何でこんなに違うのと驚かれるはずです。自信を持ってお薦めできるワインセットです。
Thorne & Daughters ソーン・ドーターズ
人気のあるコッパーポット、わかりやすいピノでとても人気が高いが、やはり彼の真髄は白に尽きる。シルキーで何層にも折り重なったような滑らかなボディーが異様なほどに素晴らしい!世界広しといえどもこんなワインなかなかない。
Ch d'Yquem シャトー・ディケム
甘口ワインの世界最高峰。糖度の高さが他の甘口ワインとは比較にならないほど素晴らしい。まさに憧れのワインと言っても良いだろう。
川崎シェフ、イル・ニードのテイクアウト、めっちゃ旨いです!
パンナコッタの他にも今いろいろな料理もありますよ!
カリーニョテイクアウトやってます!是非ご利用を
気軽な感じのスペインバルですが料理が抜群に美味しい!ワインホリックレベルのワインも揃えているので桃ちゃんに相談してみてください。
長年買い付けてきたレアーなモルトや古いウイスキー。
今では手に入らないものを沢山あります。やっぱりウイスキーは古いものほど美味しいのです。ワインを飲み終わった後にウイスキーをちびちびと。
Caviar
殺菌していない最高の状態のキャビア
キャビアといっても実はいろいろな種類があります。キャビアはフレッシュの物とパストライズといって殺菌した物がありますが、パストライズした物は日持ちは良いのですが味わいがフレッシュよりも劣ります。フレッシュは賞味期限が2週間と短く瓶に詰められた時点から酸化していきます。ワインホリックでは最高の状態で皆様に楽しんでいただくために日本では初めてカスパール・トレーディングと共同で缶から詰めたてのキャビアをお送りできるようになりました。キャビアは個体差があり加工の仕方で大きく味わいが異なるためにカスパール・トレーディングが特別に厳選した物だけを皆様にお届けいたします。高価な物だけにお届けしてすぐ楽しんでいただくために食べられる寸前に届くように日時をご指定ください。別送品のために発注日から最低でも前日、土日祝日はお休みなので計算した上でご指定いただくようお願いいたします。今までのキャビアの概念を変える本物の味わいをお楽しみください。
David Moreau ダヴィット・モロー
サントネにおいて革新的なワインを作るダヴィット・モロー。2018年は自分の思っている通りに初めてワインが作れたと言っているように今までのちょっと影のある雰囲気から明るい表情に変わった。まさにこの年は過去最高の出来である。
Marc マール
残ったワイン蒸留して作られたブランデー。コニャックなどと比べると荒々しくアルコールも強いのですが、長い熟成によって見事に深い姿を現します。最近はほとんどがワインとしてリリースされるためマール自体が非常に少なくなっています。ワインを飲み終わった後にいただきたい極め付けのマールをどうぞ!
状態の良いワインは今までのワインの知識では本当の姿を見ることはできません。今までの常識を大きく覆す新しいワインの常識。ある程度の規則さえ守ればワインの世界は実はとても簡単だったのです。マリアージュだってあまり気にする必要なし。眼から鱗の新常識!
Domaine du Clos Salomon  ドメーヌ・デュ・クロ・サロモン
ロマネ・コンティとならびドメーヌ名に単独所有の畑名を名乗ることを例外的に許されている非常に歴史のある生産者です。赤はジブリーとしては非常にドライな傾向のあるワインですが、白はジブリーとは思えないほどの素晴らしい出来映えで突出しています。ブルゴーニュ好きは見逃せないワイン!
熟成士エロスが作り上げる
極めつけのチーズ
イタリアのチーズ。馴染みがあるとしたらパルメジャーノ・レジャーノ、ペコリーノ・ロマーノ、モッツァレラ、ゴルゴンゾーラ、それ以外のチーズで皆さんがご存じのチーズはそう多くないのではないでしょうか。ワインホリックが今回このチーズを扱う理由は、、 熟成士エロス氏が扱うチーズはブラインドで食べても皆様がいつもレストランなどで食べるフランス系のチーズと全くイメージが変わらないのです。その上に私が今まで日本で味わったチーズの中でも最高クラスの状態です。状態でここまで味わいが違うのかと驚いてしまうところはワインと同じ。種類も多く、違いが明確でどれを食べても妙に美味しい(笑)フランス系のワインと合わせても全く違和感がないのです。そしてこれらのチーズを小分けにして皆様にお届けできるところもミソです。それぞれのチーズを小さなチーズはフルかハーフカット、大きなチーズは100g単位でご購入いただけます。1種類のチーズを食べきるのは時間がかかりますし飽きてしまう。そこで今最もお薦めのチーズだけをチーズ屋さんからの直送でお送りいたします。是非目から鱗の状態の良いチーズをワインホリックのワインでお楽しみください!私も長年チーズを扱ってきましたが、フランスのチーズでも当然状態によって乳成分のフレッシュ感がまるで違います。フランスのチーズはワインと同じように個性が明確である意味しつこい部分もあるのですが、エロスのチーズはここの部分も違います。個性が強すぎないのに物足りなさも全くない。凄く自然で上品、まるで状態の良いワインを飲んでいる感覚なのです。エロスの選ぶ北イタリアのチーズ自体も素晴らしいのでしょうが、それをここまで巧く熟成させる技量も計り知れない。ウォッシュのチーズなども以前はエポワース以外は物足りなく感じたりしていたのですが、それが無いのです。この完璧なバランスのを持った味わいが実に素晴らしのです。確かに若干高く感じるでしょうが、一端食べるとそんな感覚はまるでなくなります。そこには感動があるだけなのです。
 
Olive Oil
最高の状態、究極のオリーブオイル
オリーブ・オイルは産地によって、そして造り手によってそれぞれワインと同じように個性が違います。オリーブオイルの個性によって料理に使い分けるのも面白いものです。油の中でも最も風味に溢れる事は皆さんご存じでしょうが、油と言うよりももうすでに調味料といっても良いほど料理に風味を加えることが出来るのがオリーブ・オイルなのです。通常売られているオリーブオイルは残念ながら酸化することで風味が失われただの油にしか感じることが出来ないものが大半でオリーブオイルの本来の魅力をご存じの方は一体どれだけいるのでしょうか。私は30年前から秀逸なワインのインポーターが輸入するオリーブオイルだけを使用してきました。つい4〜5年前までは本当に酷い物ばかりでした。ようやく最近はまともな物もたまにありますがまだまだ。私たちのところでもオリーブオイルはワイン同等に扱い、素晴らしい状態で皆様にお届けします。パンにつけて食べるだけで立派な逸品になるような風味に溢れる状態のよりオリーブオイルだけを皆様にお届けいたします。
Remoissenet Pere & Fils ドメーヌ・ルモワスネ・ペール・エ・フィス
ブルゴーニュの古典的魅力を満喫するのなら今ではほとんど手に入らない古酒を保有するルモワスネしかない。昔からブルゴーニュの巨大ネゴシアンとして有名生産者のワインを大量買い付けし瓶詰めしていた古酒が数多く残る。現在生産者の蔵には古酒がほとんどなくそれだけにルモワスネの古酒は宝の山。状態が良ければ至宝の存在と言える。
ワインだけでなく、オリーヴオイルの生産でも、その名を知られる、エドアルド・ヴァレンティーニ社。1960年代からオリーヴオイルを生産するエットーレ・チェッレターニ社。イタリアでも随一のオリーヴの作付面積を誇る、ロレート・アプルティーノ地区の2つのオリーヴオイル生産者が、オリーヴの搾油を請け負う業者として2019年に、ヴァレンティーニ・チェッレターニ社を起業した。 フラントイオ(オリーヴオイル製油所)の建造も共同出資で行い、従来委託していた搾油を彼ら自身のフラントイオで行うこととなる。それと同時に両社の結びつきの証として、両社の栽培するオリーヴから造られるオイルを、新ブランド【ラウレトゥム】をあらたにリリースした。ラウレトゥムとは、ロレート・アプルティーノの古い呼び名(ラテン語)であり、同地の2生産者が手を取り合って造られたオリーヴオイルにふさわしい名前を名付けた。
Ismael Gozalo Wines / Acide for the House 250ml イスマエル・ゴザロ・ワイン / アシッド・フォー・ザ・ハウス 250ml
ヴィネガーと言ってもさすがスペインのヴィネガー。強烈な酸と濃密な味わい。まさにスペイン料理を作るなら絶対に必要な要素を持っているヴィネガーだ。これを使ってちょっと気分を変えてみよう!
ブドウ品種でいろいろなワインを飲み比べてみよう!
ブドウ品種でワインの味わいは大きく違います。国によって同じ品種でも大きく味わいが変わりますし、同じ国でも地域によっては味わいが異なります。そして作り手によってその個性も明確に違うのです。でも同じ品種だからこそ持っている個性も当然あります。その違いや類似点を知ってください。当然状態が素晴らしいワインですからその本質を知ることができます。
Sante Bertoni / Balsamico Bianco (500ml)
サンテ・ベルトーニ / バルサミコ・ビアンコ 500ml
葡萄から作られたバルサミコ・ビアンコ。バルサミコって黒じゃないの?ではこの黄金色のバルサミコってなんなの?
葡萄から作られていることもありますが、葡萄独特の甘みがあり酸も比較的穏やか。なんといっても特徴的なのが旨味が素晴らしい!イタリアのレストランでもバルサミコ・ビアンコを使っているところが多いのです。そして状態が素晴らしい!フレッシュ感がちゃんとあります。これを使えば、美味しいオリーブオイルと塩胡椒だけでサラダがプロの味わい!なんて素晴らしいんでしょう。
Grappa グラッパ
マールと同じように葡萄カスから作られたスピリッツ。今では連続式蒸留機で作られるのが一般的ですが、昔は単式蒸留器それも直火で作っていました。驚くほど風味あふれる姿に何度も驚かされたものです。葡萄の風味が十二分に感じられマールやフィーヌを遥かに凌ぐ美味しさ!そんな昔のグラッパが沢山揃っています。もう二度と手に入りません!
Paul Giraud / Jus de Raisin Gazeifie 2019
ポール・ジロー / スパークリング・グレープ・フルーツジュース [2019]
自然派コニャックでコニャックの世界でも未だに目の眩むような素晴らしいブランデーを作り出すポール・ジロー。彼が毎年作る素晴らしい葡萄から作り出される発泡自然派ジュース。味わいが優れていることも特徴ですが、アルコールの弱い方やお子さんのシャンパンがわりに楽しめる逸品なのです。
最近は日本でもシードルブーム。大手でもシードルを作っていますよね。アルコール度も低くちょっとお酒が苦手な人も手が出しやすい。
でもここで紹介するシードルは物が全然違うのです。全部無農薬。林檎って無農薬で作れる物って凄く少ないんです。
フランスのジュリアンチュレルの作るシードルは酸の切れが素晴らしい!目の覚めるようなシードル。イタリアのエッゲル・フランツはふくよかで柔らかく林檎の風味が素晴らしい。それぞれいろいろな種類があります。
本物のシードルとは?是非その違いを味わってください。
Henriques e Henriques
最高のマデラ
何が最高かって?とにかくまず状態が素晴らしい。過去日本にこんなマデラが入ってきたことは記憶にありません。あ〜なるほどマデラって本当はこんな感じだったんだ、そう思うことは間違いありません。
マデラはポートよりも糖度が低くて頼りない感じ。そんなイメージが大きく変わります。まるで極上のシェリーのようでもあり、甘さの中に素晴らしい酸があり非常に印象的。先入観を取り払って是非お飲みください。
30年以上前、数多くの絶品シェリーがありました。官能的で驚くほど深く現在のシェリーとは比べ物になりません。その時代の最高のシェリーがこのシリーズ。今ではまず手に入りません。
お値打ちワイン48選
ワイン選びに困ったらここで探してください。いつもワインばかり飲んでいるからわかるんです。安くて美味しいワインが、、。
 
 
ワインホリックのワインがいただけます。超オススメ!

鳥茂分店
(虎ノ門横丁)

 

ワインホリックのワインがいただけます。超オススメ!


 

 最新のテイスティングノート

今飲んで美味しいワインをチェック!
 
 
 
2020/11/20更新
 
 最新のテイスティングノート
今飲んで美味しいワインをチェック!
 
 
 
2020/11/20更新
ル・クロ・ド・ティエ・ブッフ / ル・プティ・ビュイソン [2019]
ジェラール・ペラゾー / ブルゴーニュ・ルージュ [2017]
プリンチピアーノ・フェルディナンド / ランゲ・ロッソ [2017]
 
ピエール・フリック / ピノ・ブラン [2019]
イル・ファルネート / “マリーオブモデナ” ブルット ロゼ [2017]
ドメーヌ・フランソワ・カリヨン / ブルゴーニュ・ピノ・ノワール [2017]
ドメーヌ・シルヴァン・パタイユ / マルサネ・ルージュ [2018]
シャトー・ソシアンド・マレ / キュヴェ・ジャン・ゴートロ [2013]
 
 
 

売れ筋をチェック!

 

皆が今買っているワインは?
どんなワインが人気があるのか?
一目瞭然です。
2020/11/26更新
 
 
 
売れ筋をチェック!

 

皆が今買っているワインは?
どんなワインが人気があるのか?
一目瞭然です。
2020/11/26更新
 
今週も売れに売れているバッグ・イン・ボックスが数多く登場!どれも人気のワインばかり!

No.1

クロ・ド・ティエ・ブッフ / シュヴェルニー・ルイヨン [2019]
Clos du Tue-Boeuf / Cheverny Rouillon 2019
セパージュ:ピノ・ノワール、ガメ
国地域:フランス・ロワール
飲み頃情報:今から
インポーター:ラシーヌ

No.2

ヌース / テッレ・シチリアーネ・カタラット 3000m [2018]
Nous / IGT Terre Siciliane - Catarratto 2018 3LBIB
セパージュ:【カタラット100%】
国地域:イタリア・シチリア
飲み頃情報:今から
インポーター:ラシーヌ

No.3

クロ・ド・ティエ・ブッフ/ シュヴェルニ・ルージュ・ラ・グラヴォット [2019]
Clos du Tue-Boeuf / Cheverny La Gravotte 2019
セパージュ:ピノ・ノワール100%
国地域:フランス・ロワール
飲み頃情報:今から
インポーター:ラシーヌ

No.4

ドメーヌ・ランドロン・ヴァン・ムスー
Domaine Landron / Vin Mousseux
セパージュ:フォル・ブランシュ80%,ピノ・ノワール20%
国地域:フランス・ロワール
飲み頃情報:今から
インポーター:ラシーヌ

No.5

ドメーヌ・スクラヴォス / ヴァン・ルージュ・ド・ターブル アリシミスト 3000ml [2019]
Domaine Sklavos / Vin Rouge de Table - Alchymiste 2019 BIB
セパージュ:b
国地域:ギリシャ
飲み頃情報:今から
インポーター:ラシーヌ
 
ランドロンのヴァン・ムスーは相変わらずの人気、クロ・ド・ティエ・ブッフが人気!

No.6

ラ・フェルム・ド・ラ・サンソニエール(マルク・アンジェリ) / ロゼ・ダン・ジュール・グロロ・グリ [2019]
La Ferme de La Sansonniere(Mark Angeli) / Rose d'Un Jour Grolloau gris 2019
セパージュ:グロロー・グリ100%
国地域:フランス・ロワール
飲み頃情報:今から
インポーター:ラシーヌ

No.7

ドメーヌ・スクラヴォス / ヴァン・ブラン・ド・ターブル アリシミスト 3000ml [2019]
Domaine Sklavos / Vin Blanc de Table - Alchymiste 2019 BIB
セパージュ: ミュスカ33%、ヴォスティリディ67%
国地域:v
飲み頃情報:今から
インポーター:ラシーヌ

No.8

ニコラ・マンフェラーリ・ミレウーヴェ [2018]
Nicola Manferrari / Milleuve 2018
セパージュ:トカイ、ソーヴィニョン、シャルドネ、マルヴァジーア、リースリング
国地域:イタリア・フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア
飲み頃情報:今から
インポーター:ラシーヌ

No.9

ファネッティ / ヴィーノ ノービレ ディ モンテプルチアーノ リゼルヴァ [2013]
Fanetti / Vino Nobile di Montepulciano Riserva 2013
セパージュ:プルニョーロ、カナイオーロ、マンモーロ
国地域:イタリア・トスカーナ
飲み頃情報:今から
インポーター:エヴィーノ

No.10

ジョゼ・ミッシェル / ブリュット ブラン・ド・ブラン・クロ・サン・ジャン [2012]
Jose Michel&Fils / Brut - Blanc de Blancs Clos Saint Jean 2012
セパージュ:シャルドネ100%
国地域:フランス・シャンパーニュ
飲み頃情報:今から
インポーター:ラシーヌ
ワインは鮮度の高さが命!ちゃんと管理されて運ばれ国内管理されたワインは単純に美味しいのです!
 
 

ワインホリックが選ばれる理由

 
 
 
 
ワインショップ・ワインホリックは通常のワインショップと違い、
生産者の造るワインをそのままに感じられる世界を皆様にお届けしております。
飲んだ瞬間感じるフレッシュ感、表情の豊かさは今まで楽しんできたワインの世界を大きく変えることでしょう。
世界でもまだ実現できていない造り手とワインを扱う側との意識の違いを正常な状態に戻します。
インポーターの厳選とワインの最新の管理で皆様のワインライフを豊かな世界へと誘います。