高級布団店プレミアムストア

電気毛布の電磁波が危険?影響はどれくらい?|高級布団店プレミアムストア

トップ > 寝具の選び方 > 電気毛布の電磁波が危険?影響はどれくらい?

電気毛布の電磁波が危険?影響はどれくらい?

寝具として電気毛布を使っている人も多いと思いますが、一般的には電気を使用しており、家電に分類されます。
最近の家電は昔の家電に比べ、電磁波がそれほど発生しないように作られていますが、それでも多少の電磁波は発生しています。

電気毛布は電磁波が心配だから使いたくないと考えている人もいるかもしれませんね。
実際電気毛布を使うことで健康被害が発生したりするものなのでしょうか。

電磁波による人体への影響がどれくらいあるか、危険なのかについて考えてみたいと思います。
電磁波の強さを示す磁界の単位にμT(マイクロテスラ)やmG(ミリガウス)という数値がありますが、1μTで10mGです。

一般的に電子レンジや電気ストーブ、ドライヤー、エアコン、洗濯機などは強い電磁波が発生するといわれています。
商品にもよりますが、電気毛布の電磁波は4から6μTといわれており、こういった家電に比べ、電磁波はかなり弱いといわれています。

国際的にまた国内の基準でも電磁波は200μT以内に抑えるようにガイドラインは決められています。
実際に健康に被害を及ぼす数値は200μTよりもはるかに高い数値ですから、4から6μTという数値はかなり安全ということが分かります。

ただ電気毛布は電磁波自体は弱いものの、長時間使用することに問題があります。
ですから就寝中常に電気毛布の電源を入れるのではなく、タイマーをセットするなどして付けっ放しにしないようにすると良いでしょう。

また電磁波カットされた電気毛布を使うのもおすすめです。

ヒートクラッカー電気毛布

ちなみにこたつやホットカーペットも電気毛布以上に電磁波を発生させているそうです。
電気毛布は怖いから使わないといっても、こたつやホットカーペットを使って寝ているとしたら、同じように長時間電磁波を浴びることになるので、注意しましょう。

関連記事

特集コーナー

用途別カテゴリー

ブランド別カテゴリー

ページのトップへ戻る