高級布団店プレミアムストア

子供にも安心?オーガニックコットンのタオルケット|高級布団店プレミアムストア

トップ > 寝具の選び方 > 子供にも安心?オーガニックコットンのタオルケット

子供にも安心?オーガニックコットンのタオルケット

食品も衣料品もオーガニックが流行っていますが、タオルケットにもオーガニックコットンを使用したものがあります。
オーガニックコットンを100%使ったものや、一部使ったものもあります。

やっぱり小さい子供に使わせるには、オーガニックコットンのタオルケットがいいのでしょうか。
そもそもオーガニックコットンと普通のコットンは何が違うのでしょうか。

オーガニックコットンと普通のコットンの違いは、栽培方法です。
オーガニックコットンは、特定の基準に従って2,3年以上オーガニック農産物を栽培してきた農地を使い、厳格に定められた農薬や肥料を使って、育てられた綿花から摘み取られるコットンのことをいいます。

まったく農薬や肥料を使っていないわけではありませんが、普通のコットンに比べれば使われている農薬や肥料の質や量が大分違うということはいえそうです。
普通の綿花栽培では多くの肥料や農薬が使われていますが、かといって普通のコットンで作られたタオルケットにべったり薬品が付いているというわけではありません。

正直普通のコットンであっても、残留農薬や肥料は非常に少なく、オーガニックコットンか否かを見極めることは不可能といわれています。
ですから子供にはオーガニックコットンのタオルケットを使わせなくてはと、あまり神経質になる必要はないと思います。

しかしながらオーガニックコットンのタオルケットを使うメリットはあります。
というのも原料の段階でそれほどの違いがなくても、普通のコットンを使っている場合、その後の製品として完成するまでの加工段階で、化学処理をする恐れがあるからです。

オーガニックコットンを使った製品は、素材そのものの風合いを生かした生成のものが多いと思いませんか。
これは、オーガニックコットンを使った製品が、仕上げまでの加工処理で無駄な薬品を使っていないからです。

このことはタオルケットに関しても同じことが言えます。
特に素材の風合いを生かして作られたオーガニックコットンのタオルケットは、薬品の残留がほとんどないのではないでしょうか。

ということはもちろん、お子さんのお肌への刺激や健康に与える影響も少ない可能性があるということが考えられます。
またオーガニックコットンは地球環境に与える負荷という観点からも、普通のコットンと大きな違いがあります。

普通の綿花栽培では多くの肥料や農薬を使いますから、土壌や水質の汚染につながりますし、綿花を育てる農家の人にも農薬被害を与える可能性があります。
その点オーガニックコットンであれば、農薬や肥料を作る段階で発生する二酸化炭素の排出量も削減できますし、有機栽培により水や土地も元気になります。

綿花を栽培する際に使われる農薬は世界的にも多いといわれています。
より多くの人がオーガニックコットンを必要とし、より多くオーガニックコットンが栽培されるようになれば、地球環境にも良い影響を与えるでしょう。

オーガニックタオルケット

>>オーガニック100%タオルケットはこちら

関連記事

特集コーナー

用途別カテゴリー

ブランド別カテゴリー

ページのトップへ戻る