高級布団店プレミアムストア

洗えるウール毛布と洗濯の仕方|高級布団店プレミアムストア

トップ > 寝具の選び方 > 洗えるウール毛布と洗濯の仕方

ウール毛布はそもそも洗えるの?

暖かくて気持ちいいウールの毛布、寒い時期は毎日使いたくなりますね。
でも毛布は寝ている間に汗を吸い込んだり、皮脂が付着してしまい、どうしても汚れてきてしまいます。

特にウール100%の毛布などはクリーニング店に出して、ドライクリーニングするのが普通だと思います。
しかしクリーニングに出すのは手間だし、お金がかかると思っていたり、石油系の独特の臭いが苦手という人もいるでしょう。

できれば家で洗いたいと考える人も多いのではないでしょうか。
洗濯表記が水洗い可能であれば、ウール毛布をご家庭で洗濯することは可能です。

ただ洗い方を間違えてしまうと、ウール毛布がダメになってしまうこともあるので注意しなければなりません。

ウール毛布を洗濯機で洗う方法

ウール毛布を水洗いしてしまうと、型崩れしたり、縮んでしまったり、ゴワゴワになる可能性もゼロではありません。
こうした事態を防ぐためにはどうすれば良いのでしょうか。

まず寝具は衣類に比べてサイズも大きく、たとえシングルサイズの寝具であっても、ある程度の大きさの洗濯機でなければ洗うことができません。
最低でも7,8kgのサイズの洗濯機がないのであれば、ウール毛布は洗えないと思っておいた方が良いでしょう。

たとえ洗濯槽に毛布が入ったとしても、洗濯機が回らない恐れもあるので注意してください。
小さ目の洗濯機を使っていて、どうしても水洗いしたければ、コインランドリーなどに出向いて洗うことをおすすめします。

さてウール毛布の洗い方ですが、まず毛布をぐるぐる巻きにして大き目の洗濯ネットに入れます。
毛布をタテに2つ、あるいは3つ折りにして、手巻き寿司のようにぐるぐる巻いていけばきれいに洗濯ネットに入るでしょう。

そしてドライコースまたは毛布洗いコースを選択して、中性洗剤(エマールやアクロンなど)を入れて洗濯機を回します。
毛布が水に浸からずにぷかぷか浮いてしまうことがあるので、洗いが始まる前に手で水に浸かるよう押し込んでおきましょう。

洗濯が終わったら、今度は広げて毛布を干すわけですが、天日干しはせず、風通しの良い場所で陰干しをして毛布を乾かします。
このとき2本の物干し竿を使用し、毛布がM字になるようにして干すと、乾きが良くなります。

後は毛布が乾くのを待つだけですが、このままだと毛布がへたってしまうこともあります。
特に毛足が長いと毛足が潰れやすいので、濡れている間にブラシをかけると、毛足がふっくらし、毛並みもきれいになります。

洗えるおすすめウール毛布

洗えるウール毛布

関連記事

特集コーナー

用途別カテゴリー

ブランド別カテゴリー

ページのトップへ戻る