高級布団店プレミアムストア

タオルケットはいつからいつまで使う?|高級布団店プレミアムストア

トップ > 寝具の選び方 > タオルケットはいつからいつまで使う?

タオルケットはいつからいつまで使う?

暖かくなってくると、冬用の布団から夏用の布団に衣替えが必要になってきます。
夏の布団といえばタオルケットですが、いつから使うのが望ましいのでしょうか。

タオルケットをいつから使うかは、寝室の環境や体感温度に個人差があるので、人によって変わってくるでしょう。
ただ日本の気温や湿度の変化、良質な睡眠環境の確保、ダニやカビ対策といった観点から、タオルケットを使う時期を想定することはできます。

さすがに4月頃になってくると、冬用の布団では暑すぎるので、押入れにしまいはじめる人が多いと思います。
しかし4月から6月頃にかけては、まだタオルケットでは肌寒いと感じるでしょう。

この時期に活躍するのが掛け布団の中綿量を減らした、肌掛け布団と呼ばれる寝具です。
そして肌掛け布団でも暑いと感じるようになったら、いよいよタオルケットの出番です。

ですからタオルケットをいつから使うかというと、7月くらいからが望ましいのではないでしょうか。
この時期は梅雨に入り、湿気も多くなるので、汗や湿気をしっかり吸ってくれて、ジャブジャブ洗えるタオルケットを使うのが望ましいといえます。
もちろん暑がりな人は気温が上昇し、湿気が多くなってくる、6月くらいから使っても良いでしょう。

パンテールタオルケット

>>おすすめタオルケットはこちら

一方でタオルケットをいつまで使うかという話しですが、個人差やその年の気温にもよりますが、遅くとも9月上旬頃までという人が多いのではないでしょうか。
タオルケットでは保温性が頼りないと感じるようになれば、肌掛けふとんや薄手の毛布に切り替えるいいタイミングです。

冬に使うような厚手の毛布や掛けふとんでは暑すぎるので、この時期に活躍するのが薄手の掛けふとんである肌掛け布団や薄手の綿毛布やシルク毛布などです。
昼間は暖かくても夜は気温が下がってきますし、寝るときは平気でも朝方寒くて目が覚めるという場合は布団の衣替えのいい時期です。

おすすめ綿毛布

>>ZEPPINハグウォーム掛け毛布はこちら

関連記事

特集コーナー

用途別カテゴリー

ブランド別カテゴリー

ページのトップへ戻る