高級布団店プレミアムストア

肌掛け布団の役割と選び方|高級布団店プレミアムストア

トップ > 寝具の選び方 > 肌掛け布団の役割と選び方

肌掛け布団の役割と選び方

掛け布団といっても肌掛け、合掛け、本掛けの3種類があり、季節や気温の変化に応じて使い分けることができます。
季節の変わり目はどの掛け布団を使って良いか迷うこともあるでしょう。

その中でも肌掛け布団の役割といえば、夏場や春、秋の暖かい日に使える、薄手で軽い、保温力が適度な掛け布団を言います。
肌掛け布団は掛け布団の中でも最も中綿の量が少なく、生地の密度も少ないので通気性が良いというポイントがあります。

肌掛け布団を選ぶときは保温力よりも軽さや通気性の良さを重視して選ぶと良い買い物ができるかもしれません。
もちろん湿気が溜まりにくいので、雨が多くてジトジトする梅雨の季節にも活躍するでしょう。

掛け布団は持っていても、肌掛け布団を持っていないという人は意外と多いのではないでしょうか。
しかし、1年の半分くらいは肌掛け布団が重宝します。

夏場はタオルケットやガーゼケットを使っている人もいると思いますが、単体で使える季節は本当に限られます。
春や秋などの季節の変わり目に使う布団に困ったら、肌掛け布団を使ってみると良いでしょう。

>>おすすめ肌掛け布団一覧

関連記事

特集コーナー

用途別カテゴリー

ブランド別カテゴリー

ページのトップへ戻る