高級布団店プレミアムストア

掛け布団の役割と選び方|高級布団店プレミアムストア

トップ > 寝具の選び方 > 掛け布団の役割と選び方

掛け布団の役割と選び方

睡眠の質に大きく影響する寝室の環境、誰しも快適な環境で眠りにつきたいと考えているでしょう。
快適な寝室環境に必要なのは温度と湿度です。

エアコンや加湿器、除湿器を使って温度や湿度をコントロールすることはできますが、寝具で調整することも大切です。
その中で掛け布団は温度や湿度を調整する重要な役割を担っている寝具の一つといえるでしょう。

理想的な温度は33度前後、湿度は50%前後といわれています。
人間は寝ている間に体温が下がりますから、快適な睡眠のために温度や湿度をコントロールしてくれる掛け布団の役割は重要です。

体温が低下したときに掛け布団がないと簡単に寝冷えを起こしてしまいます。
とはいえ暑すぎる掛け布団は寝ている間に蹴飛ばしてしまいますから、体温が上がっても下がってもしっかり寝冷えから守ってくれる掛け布団を選ばなければなりません。

そこで大事になってくるのが掛け布団の中綿に使われている詰め物です。
一般的に吸湿性と放湿性に優れ湿度をコントロールしてくれるのは羽毛や真綿、木綿などの天然素材です。

しかし昨今は化学繊維であっても、こうした羽毛や真綿、木綿の特徴を持った合成繊維も存在しています。
掛け布団の種類や毛布、敷き布団との組み合わせを考え、最適な温度や湿度を生み出してくれる布団を使うようにしましょう。

なお夏場など室温が高い場合はタオルケットやガーゼケット、肌掛け布団など薄めの布団で十分寝具内の温度をキープしてくれます。
一方で冬場は肌掛け布団に合掛け布団を組み合わせたり、羽毛布団や毛布などを組み合わせて寒さをしのぐことができます。

このように季節によって掛け布団を使い分けるようにしましょう。
また体を圧迫しないような軽くて暖かい、かさ高に優れたものや体にフィットして包み込むドレープ性の高い掛け布団もおすすめです。

>>おすすめ掛け布団一覧

関連記事

特集コーナー

用途別カテゴリー

ブランド別カテゴリー

ページのトップへ戻る