高級布団店プレミアムストア

冬に使える暖かい敷きパッドの選び方|高級布団店プレミアムストア

トップ > 寝具の選び方 > 冬に使える暖かい敷きパッドの選び方

冬に使える暖かい敷きパッドの選び方

敷きパッドは一年中同じものは使っていないでしょうか。
掛け寝具が季節によって異なるように、敷きパッドも季節に使い分けることで快適な眠りを手に入れることができます。

当然ながら冬は暖かい敷きパッドを使いたいですね。
特に冷え性の女性など毛布などにこだわるだけでなく、暖かい敷きパッドを使うことで、布団の中で縮こまることなく、体を伸ばして、リラックスして眠ることができるようになります。

布団に入った瞬間ひんやりするあの感触もなく、ぽかぽかと体の芯から暖まる感触を実感できるはずです。
一口に暖かい敷きパッドといっても、色々な素材が使われており、機能性や価格も異なります。

冬に使うわけですから、やはり保温性のある敷きパッドを使いたいですね。
また、ただ暖かいだけでなく、蒸れ感がなく、肌触りのよさにもこだわりたいものです。

よくある綿パイルの敷きパッドなどは暑い日も寒い日も一年中使える万能敷きパッドです。
表面はタオルと同じ綿100%のパイル生地となっており、中綿にポリエステルわたを詰め込んでいます。

肌当たりもソフトで適度にクッション性がありますが、真冬に使うとなると少し物足りません。
暖かい敷きパッドをお探しであれば、やはり冬に特化した敷きパッドを選べば違いを実感できます。

冬のあったか敷きパッドといえば、マイクロファイバーの敷きパッドではないでしょうか。
生地にマイクロファイバーと呼ばれる、超極細繊維のポリエステルを使用しており、保温性に優れます。

中綿にはポリエステルわたを使用したものが多いですが、中綿量は商品によって異なります。
中綿量が多いほど敷きパッドも厚手になり、クッション性とともに保温性も上がります。

また、中綿に発熱わたを混紡することでより暖かさの増した敷きパッドもあります。
マイクロファイバーの敷きパッドは耐久性もあり、乾きやすいので、洗濯もしやすいです。

価格帯も手ごろで、安く暖かい敷きパッドをお求めの方にはおすすめです。
次にアクリル敷きパッドですが、こちらは生地にアクリルを使用しており、中綿にはポリエステルわたが入っています。

マイクロファイバーよりもボリュームがある厚手の敷きパッドで、保温性が高く、冬用敷きパッドにおすすめです。
さらに肌触りがなめらかで、まるで毛布のような風合いがあります。

毛足の長いファータイプの敷きパッドだとより保温性が高く、肌触りもより気持ちがいいです。
とにかく肌触りにこだわりたい方にはアクリル敷きパッドを使ってみるとよいでしょう。

価格帯も手ごろなものから、高価格帯まで幅広いです。
これらは主に化学繊維の敷きパッドですが、より快適さを求めるなら、天然繊維の敷きパッドでしょう。

天然繊維といえばウールやシルク、コットンなどがありますが、暖かい冬用敷きパッドであれば、ウールがおすすめです。
ウールは暖かいだけでなく、吸湿性と放湿性に優れた素材です。

汗を適切に吸湿して放出するため、布団の中で汗が冷たい水滴になって冷えたり、じめじめすることがありません。
生地にウールを使用したものや、中綿にウールを使用したものもありますが、どちらもさらっとしていて快適です。

冬用に保温性を求めるのであれば、毛足の長いものや中綿量の多いものを選ぶとよいでしょう。
暖かさだけでなく、快適さを求めるのであればウール敷きパッドをおすすめしますが、価格帯は高めです。

関連記事

特集コーナー

用途別カテゴリー

ブランド別カテゴリー

ページのトップへ戻る