即日出荷

12時までのご注文は
の出荷です

7000円以上送料無料
ワイシャツ専門店ozieの注目商品
営業日カレンダー

ご注文は24時間、365日お受付しております。商品の発送、メールの返信につきましては土/日/祝日はお休みを頂いております。 年末年始・GW・お盆などの休業日につきましては、その都度表示いたします。

  • TradeSafeあんしん補償サービス

ozie HOME  >  シャツを着こなす基礎知識  >  通夜・葬儀・告別式

シャツを着こなす基礎知識
  • 通夜 喪主や遺族の場合
  • 通夜 弔問者の場合
  • 格式高い葬儀・告別式・法要 喪主や遺族・葬儀委員長の場合
  • 通常の葬儀・告別式・法要 喪主や遺族の場合
  • 葬儀・告別式・法要 弔問者の場合
通夜/準喪服 喪主や遺族の場合
服装ブラックスーツ(シングル・ダブルいずれも可)
シャツ色柄:白無地(白ブロード素材に限る)
衿型:レギュラーカラーワイドカラー
カフス:シングルカフス、ダブルカフスどちらでも可

[注意!] ダブルカフスのシャツの場合、カフスボタンは黒(留め具となる金属部分はシルバー)

ネクタイ結び下げ(ふつうのネクタイ) [注意!] ネクタイの結び目にディンプルをつくるのはNG!
色柄:黒無地
その他靴、靴下は黒無地。チーフをつける場合も黒無地で
店長のワンポイントアドバイス
店長のワンポイントアドバイス 革や毛皮といった材質のアイテムは殺生を意味し、死を連想させることから、身につけないようにしましょう。
シャツはできるだけ特徴のない、シンプルなタイプを選んでください。
通夜/略喪服 弔問者の場合
服装濃紺やグレー無地のスーツ(シングル・ダブルいずれも可)
シャツ色柄:白無地(白ブロード素材に限る)
衿型:レギュラーカラーワイドカラーがベスト
カフス:シングルカフス、ダブルカフスどちらでも可

[注意!] ダブルカフスのシャツの場合、カフスボタンは黒(留め具となる金属部分はシルバー)

ネクタイ結び下げ(ふつうのネクタイ) [注意!] ネクタイの結び目にディンプルをつくるのはNG!
色柄:黒無地
その他靴、靴下は黒無地。チーフは必要ありません。
店長のワンポイントアドバイス
店長のワンポイントアドバイス 通夜は、急な知らせを受けて「取りあえず駆けつける」といったことが多く、
また基本的に遺族より格式の軽いものが望ましいことから、略喪服を着用するのが礼儀といわれています。
急な知らせであっても、またはお亡くなりになった日から数日後のことであっても、グレーや紺のスーツといった平服を着用するのがいいでしょう。
用意できるのであれば、準喪服(ブラックスーツ)を着用しても構いません。
現在の日本では、通夜から準喪服(ブラックスーツ)を着用される方が多くなってきているようです。
革や毛皮といった材質のアイテムは殺生を意味し、死を連想させることから、身につけないようにしましょう。
シャツはできるだけ特徴のない、シンプルなタイプを選んでください。
格式高い葬儀・告別式・法要/正喪服 喪主や遺族・葬儀委員長の場合
服装モーニングコート(ベストは黒無地にすること)
シャツ色柄:白無地(白ブロード素材に限る)
衿型:レギュラーカラーワイドカラー
カフス:シングルカフス、ダブルカフスどちらでも可

[注意!] ダブルカフスのシャツの場合、カフスボタンは黒(留め具となる金属部分はシルバー)

ネクタイ結び下げ(ふつうのネクタイ) [注意!] ネクタイの結び目にディンプルをつくるのはNG!
色柄:黒無地
その他チーフや手袋といったアイテムも黒無地で。
店長のワンポイントアドバイス
店長のワンポイントアドバイス 正式な葬儀・告別式のルールは上記のとおりです。
しかし最近では、正喪服を着用するのは格式の高い葬儀・告別式や法要の際に限られています。
一般的には、準喪服(ブラックスーツ)の着用でいいと思います。
革や毛皮といった材質のアイテムは殺生を意味し、死を連想させることから、身につけないようにしましょう。
シャツはできるだけ特徴のない、シンプルなタイプを選んでください。
通常の葬儀・告別式・法要/準喪服 喪主や遺族の場合
服装ブラックスーツ(シングル・ダブルいずれも可)
シャツ色柄:白無地(白ブロード素材に限る)
衿型:レギュラーカラーワイドカラー
カフス:シングルカフス、ダブルカフスどちらでも可

[注意!] ダブルカフスのシャツの場合、カフスボタンは黒(留め具となる金属部分はシルバー)

ネクタイ結び下げ(ふつうのネクタイ) [注意!] ネクタイの結び目にディンプルをつくるのはNG!
色柄:黒無地
その他チーフをつける場合も黒無地で。
店長のワンポイントアドバイス
店長のワンポイントアドバイス 革や毛皮といった材質のアイテムは殺生を意味し、死を連想させることから、身につけないようにしましょう。
シャツはできるだけ特徴のない、シンプルなタイプを選んでください。
通常の葬儀・告別式・法要/準喪服 弔問者の場合
服装ブラックスーツ(シングル・ダブルいずれも可)
シャツ色柄:白無地(白ブロード素材に限る)
衿型:レギュラーカラーワイドカラー
カフス:シングルカフス、ダブルカフスどちらでも可

[注意!] ダブルカフスのシャツの場合、カフスボタンは黒(留め具となる金属部分はシルバー)

ネクタイ結び下げ(ふつうのネクタイ) [注意!] ネクタイの結び目にディンプルをつくるのはNG!
色柄:黒無地
その他チーフをつける場合も黒無地で。
店長のワンポイントアドバイス
店長のワンポイントアドバイス 革や毛皮といった材質のアイテムは殺生を意味し、死を連想させることから、身につけないようにしましょう。
シャツはできるだけ特徴のない、シンプルなタイプを選んでください。
葬儀・告別式へは、いかなる場合においても準喪服でご参列ください。