軽快なおもてなしの料理・和食器の愉しみ
おもてなしの料理
軽快なおもてなしの料理

 おもてなしの料理の中には家族へのもてなしも入っているのです。

 日常の中で、時にはいつもと違う発想でちょっとごちそうをと思うのは愛情であり、作る側にもいただく側にもたのしいことに違いありません。

 いつもとは少し変えてその季節らしい器を出してみる、同じものでも切り方を変えてみる。いろいろとこまかな工夫があれば料理は生き生きとするのです。

 この頃はおとりよせブームとかで主婦が何から何まで作らなくても美味しいものが入手可能です。少し手間をかけ、しっかり作ったものと市販のものの組み合わせで軽快におもてなしの方法を覚え、あまり負担にならないようにすれば時々やってみたくなるのではないでしょうか。

店主 真木啓子
2月 おもてなし料理2月
4月 おもてなし料理4月
「軽快なおもてなしの料理INDEX」 おもてなし料理
染付蝶形向付・正木春蔵
三月

絵唐津千鳥文様小皿・中村恵子 三月っていくつになっても女の子に立ち戻れる月ではございませんか。

 巷におひなさまのさまざまな情報や写真があふれます。陽光もやわらかくなり春の足音も繁くなります。玉霞・玉の浦・蜜姫など可愛らしい名前の椿の花も咲き始めました。心がはんなりとうきうきとしてやさしい気分になれるのです。

 幼い日、母がつくってくれたちらしずし。菜の花のぬた。器はいつも色絵伊万里の蓋ものでした。蓋をあけると卵、しいたけ、えびそぼろ、酢れんこんや茎みつばなど木の芽も散っていましたっけ。あの小どんぶりはどこへいってしまったのかしら。目に残っているのはあまり上等のものではなかったように思いますけれど、ほどよい寸法で手に持って食べやすい大きさだったのを思い出します。

 お料理はようび店主が献立をたてて、大阪西区の伊万邑さんにお願いして造っていただきました。伊万邑さんは小さいお店ですが夫婦お二人でよりよきものを目指して懸命に励んでいらっしゃる姿がたのもしいお店です。

向附:貝、菜の花、わかめ添え しょうが酢しょうゆかけ
先附:串 細い青竹に 車えび、あわびのやわらか煮、ちしゃ茎、玉子だんご、うど煮浸し、たこやわらか煮

工芸店ようび 店主 真木

秀衡椀の中味はちらしずしです。少し贅沢に穴子、きくらげ、しいたけ、のりが入っていて、飾りは鰈のそぼろ(紅染)、錦糸玉子、しいたけ甘煮、木の芽です。
桜かわらけ・古川章蔵 錫まゆ皿・大・星屑・ゆり工房
秀衡椀・奥田志郎・山本哲
価格に消費税は含まれていません。(外税)

染付蝶形向付
染付蝶形向付 蝶をかたどった古染付の写しです。春のお持てなしにぴったり!
正木春蔵
7,200円
  染付蝶形向付

錫まゆ皿・大・星屑
錫まゆ皿・大・星屑 なんでもたくさん載せられるボンボンディッシュです。竹串に旬をいろいろさしてみました。
ゆり工房
23,100円
  錫まゆ皿・大・星屑

桜かわらけ
桜かわらけ 見込みには花びらと金箔がひらり。こちらは桜です。
古川章蔵
3,500円
  桜かわらけ
 
秀衡椀
漆器・秀衡椀・奥田志郎・山本哲 たっぷりとした見込み、しっかりとした漆。ようび自慢の一品です。
奥田志郎・山本哲
120,000円(一客)
  重箱

錫器・錫銚子(立型)
錫器・錫銚子 京焼の蓋に錫の酒器のコラボレーションです。桃の節句には、貝や扇の蓋に着替えましょう!
ゆり工房・伏原博之
65,100円他
  錫器・錫銚子

朱合尺2×尺1.5寸角切折敷
尺2×尺1.5寸角切折敷 ハレの日のお盆です。本歌は室町時代の「朱漆角切盤」ですが、使いやすいように形を長方形としました。
奥田志郎
50,000円
  尺2×尺1.5寸角切折敷
拭漆竹フォーク・奥田志郎
価格に消費税は含まれていません。(外税)

漆器・一閑朱塗菱型銘々皿
漆器・一閑朱塗菱型銘々皿 菱餅の菱形をかたどったお皿です。3月のコーディネイトにお勧めです。
藤井収
12,600円
  漆器・一閑朱塗菱型銘々皿

拭漆竹フォーク
フォーク すっきりとしたフォルムです。竹の強さが活かされたフォークです。和菓子にも洋菓子にも・・・。

奥田志郎
3,300円
  フォーク
 
色絵桃図筒湯呑
色絵桃図筒湯呑

節句つながりの「染付矢羽根湯呑」とペアでどうぞ。

正木春蔵
5,000円
  色絵桃図筒湯呑

段付小茶托
朱段付小茶托 湯呑みの収まりがよい小ぶりな茶托です。他にも朱色があります。
奥田志郎
7,000円
  朱段付小茶托



和食器の愉しみ・工芸店ようび > 軽快なおもてなしの料理