レビューキャンペーン

子供の背丈に合った背の低い家具がいいでしょう。
大人の背丈に合わせて家具を選ぶと子供が使い辛くなってしまいます。
また、背の高い家具を置いてしまうと部屋に圧迫感が出てしまうので、
部屋の居心地が悪くなってしまいます。

そして色やテイストに統一感を出す事も大事です。

子供にとって居心地の良い部屋をイメージしながら家具を選びましょう。

子供部屋の家具について

テーブルを選ぶときに、1番、気をつけたいことは置き場所に合うサイズかどうかということです。

なぜなら、例えば置く部屋が狭いのに、大きなサイズのテーブルを選んでしまうと邪魔になってしまうケースもあります。



子供家具の特長

学習机

学習机は棚やライトが備え付けられているタイプが昔から子供達に人気です。デザインも凝っている事もあり、お値段が少々お高めです。しかしお勧めしたい学習机は装飾が一切ないシンプルな机です。
余計な物が無いので勉強する時に集中しやすくなりますし、飽きのこないデザインだからこそ子供が成長した後も長い間使い続ける事ができます。

椅子

子供用はどんどん成長していきますから、高さを調整できる椅子を選びましょう。椅子選びの際は必ず子供に座らせて座った時の姿勢を見ます。背中のカーブが椅子の背もたれに沿っている物の方が綺麗な姿勢をキープできます。
デスクチェアーには回転するタイプもありますが、固定されている方がいいでしょう。

収納家具

収納家具は子供が片付けしやすいかどうかが一番のポイントです。それには子供の成長に合った家具を選ぶのが良いのですが、子供は成長が早く、持ち物もどんどん増えていきます。
長く使う事を前提として購入するのであれば、棚の数や容量を増やせるタイプの収納家具を選ぶといいでしょう。

子供用ベッド

子供用の小さなベッドは見た目にも可愛くてついつい買ってしまいそうになります。しかし子供が大きくなるとベッドを買い替えなくてはいけなくなります。
最初から大人用サイズを買うと成長した子供でも使い続ける事が出来ますので、ベッドは子供用ではない普通のベッドを買った方が経済的です。

子供用寝具

子供の肌に直接触れる物ですから、寝具は清潔に保ちたいものです。そうなるとやはり家で手軽に洗濯できるかどうかがポイントです。その中でも汗をよく吸収してくれるコットンやリネン素材がお勧めです。
なるべく化学繊維が使われていない寝具の方が肌には優しいので、購入する際は寝具の素材にもこだわって下さい。


子供部屋カーテンの選び方

節電には遮光カーテンが良いと言われていますが、子供部屋には遮光カーテンは使わない方が良いです。

体内時計のリセットには太陽の光が必要です。太陽の光が部屋に入る事で寝ている脳を起こすので、子供が自発的に朝起きられるようにもなります。



その他のカテゴリはこちら