レビューキャンペーン

まずテレビ台の必要性でいうと、テレビがある家でしたら絶対に必要です。
基本的に画面を見るというのは適した高さでないと、すぐに肩や腰にくることになります。

短時間ならいいのですが、最近のテレビ番組は1時間~2時間も当たり前なので、
適正な位置で見る重要性は昔より上がっています。

テレビ台サイズ選びのポイント

テレビ台は、テレビサイズ×1.2~1.5倍程度の大きさは最低限必要ですが、大きい分には極端でない限り問題ないでしょう。
逆に小さいのは安定性に欠ける上に、ちょっと揺れただけでも危険性が増すので絶対に買わないようにしましょう。



テレビ台の特長

コーナータイプ

メリットは、部屋のスペースをあまり取らないことです。 自室や狭い部屋には最適のタイプで、商品を選べば本棚や小物入れとしても同時に使えるので、省エネテレビ台といえます。 デメリットはとにかく掃除がやりにくい事で、非常に埃が溜まりやすくなります。

伸縮タイプ

先にテレビだけを購入した人向けで、後から大きなスピーカーやプレーヤー等、どこまで拡張していくかが未定の方にお勧めするタイプです。
置く場所としてもリビングや部屋の中心が多く、家具としての存在感も圧倒的なのでデザインも拘りたいですね。

ローボード

基本的には、あまりテレビ台にお金を掛けたくない方向けのコスト重視のタイプです。
ただし安いとはいえ、性能のチェックは必須です。安ければ安いほど、重量関係は気を使って設置してください。 隅に脚が付いているタイプは、掃除がしやすくなるのでお勧めです。

ハイタイプ

リビングテーブルから直接見ることが多い方にお勧めの、高さ重視タイプです。自宅以外の場所、個人の飲食店等で使われているのが多いタイプです。
ただし全体が高いのを総じてハイタイプとしているので、テレビを置く位置が必ずしも高いとは限りません。



テレビを見るときの視聴距離について

基本的には、大きいテレビほど離れて見てください。
明確な基準でよく言うのは、画面の高さの1.5倍距離です。
大体1.6m以上が目安ですが、近くなければ特に問題はありません。
ゲーム等の画面を真剣に注視する場合は、いつもより離れた位置でプレイすることをお勧めします。



テレビを見るときの高さについて

パソコンでも同じことが言えますが、画面は見上げるようにして見ていると段々辛くなってきます。
環境や身長にもよりますが、一番よく見る位置から少し見下ろすようなテレビの高さが、最適の位置になります。

高さ30~40cmのテレビ台でテレビを見るなら、床に座った時やソファーに座った時くらいの高さが丁度いいでしょう。
最適な高さで身体に負担が掛からない事を心がけて見てください。



その他のカテゴリはこちら