レビューキャンペーン

どのお家にも一つはあるであろうソファですが、
リビングやお部屋の中心であり、決して安くはない買い物なので、
ソファ選びには失敗したくないところです。

ソファと言っても、
さまざまなソファがあります。ソファ選びのポイントを一つ一つ見ていきましょう。

ソファサイズ選びのポイント

ソファのサイズ選びのポイントです。まず、何人が座るソファなのかということを決めてください。
その際には、座る予定の人の体格についても考慮する必要があります。「何人掛け用」という数字だけで判断してはいけません。そして、ソファを置く部屋のサイズを考えて、ソファのサイズを選ぶようにします。その際には、ソファの横幅だけではなく、奥行きも確認してください。



ソファの特長

フロアソファ

フロアソファは足がないので高さが低いソファです。お部屋の家具を低い高さで揃えると、お部屋を広く感じさせる効果があります。圧迫感が薄れるので、狭いお部屋であってもゆったりとした気分を得ることができます。
ただし、頻繁に立ったり座ったりする場合には膝などの負担になるかもしれません。

ローソファ

ローソファはフロアソファと同じように低いソファです。フロアソファは床に直接置きますが、ローソファは短い足が付いているタイプのソファです。
ですから、フロアソファと同じでお部屋を広く感じさせる効果がありますが、立ったり座ったりするときに膝などに負担が少しかかることが考えられます。

ソファベッド

ソファとベッドを1つにしたのがソファベッドです。狭いお部屋を有効に使うことができます。選ぶ際には、ベッドとして使うときのサイズを必ず確認してください。
ソファからベッドへ、ベッドからソファにする動きが容易にできるかも確認してください。ベッドとして使うことが多い方は良い睡眠のために寝心地ということも重要になります。

リクライニングソファ

リクライニングソファは後ろに倒すことができるソファです。選ぶ際には、リクライニングできるスペースがあるかどうか確認してください。リクライニングソファは、手動や電動でリクライニングするタイプがあります。
2人用の場合、できれば別々にリクライニングできるソファを選ぶことをおすすめします。

カウチソファ

ゆったりとくつろげるソファがいいのでしたら、カウチソファが一番です。足を伸ばして横になったり、そのまま眠ってしまったりすることができます。
ただし、広さのあるタイプのソファですから、それなりのスペースが必要になります。セパレートできるものを選べば、自在にレイアウトすることができます。

オットマン

オットマンは足をのばして、ゆったりとくつろぐときに重宝します。オットマンは移動させやすいので、使いたい人が使いたい時に使用することができます。
また、背もたれのないイスとして使用することもできます。自由にレイアウトすることもできます。



生地について

本革

本革のソファは何と言ってもゴージャス感やラグジュアリー感があります。本革は使い込むことで味わいがどんどん深くなっていきます。
ただし、上質な本革ほどお手入れが重要になります。また、本革のソファは、湿気にも乾燥にも、高温にも弱いので置き場所にも気をつける必要があります。

布(ファブリック)

布(ファブリック)のソファは、色や模様、柄、素材、手触りなどを幅広く選ぶことができます。
取り外すことができるものであれは、洗濯することもできますが、布ですから落としにくい汚れというものもあります。取り外しのできないタイプですと、洗濯がなかなかできないので衛生的な心配もあります。

合成皮革

合成皮革のソファは、見た目では本革と変わらないものが多く、汚れに強いのが特徴です。お手入れも本革ほどの手間はかかりません。
色やデザインの種類も本革より多いと言えます。ただし、湿度が高い時期にはべたべたする感じがあり、長く使っていると表面が割れてくることもあります。



ソファのお手入れ

ソファのお手入れは、定期的に掃除機(できれば口を丸ブラシにして)をかけたり、柔らかいブラシをかけるようにします。 布(ファブリック)ソファに液体がかかった場合は、ティッシュや柔らかい布で吸い取るようにします。
こすってはいけません。 本革ソファは、革専用保護クリームを使うとよいでしょう。液体をこぼした場合は、革に染み込む前にすぐに拭きとってください。 合成皮革の普段のお手入れは、柔らかい布地で乾拭きしてください。

>>画像で使用しているアイテムはこちら



その他のカテゴリはこちら