レビューキャンペーン

テーブルは、あると便利です。また、テーブルには、いろいろな種類があります。
テーブルなんて、どれも同じと思えますが集合してひとつのことを行うなら、
作業に合ったテーブルを選ぶと快適で便利です。

テーブル選びのポイント

テーブルを選ぶときに、1番、気をつけたいことは置き場所に合うサイズかどうかということです。
なぜなら、例えば置く部屋が狭いのに、大きなザイズのテーブルを選んでしまうと邪魔になってしまうケースもあります。



テーブルの特長

ダイニングテーブル

ダイニングテーブルとは、その名前のとおり食事をするためのテーブルです。けっこう、高さがあります。
また、一般的に4人で座るタイプが多いです。ちなみになのですが、ダイニングテーブルに傷をつけてしまったときは専用の道具で塗って目立たなくできます。

センターテーブル

センターテーブルとは、細長い形をしていて、高さは低めのテーブルです。また、テーブルの下に雑誌やティッシュなどをおける収納スペースがついていることがあります。
ソファー用のテーブルとして使用することが多いです。

ローテーブル

ローテーブルとは、コンパクトなテーブルです。ちゃぶ台ともいえます。四角い形や丸い形などいろいろあります。
ちなみに、床に座って使うテーブルです。ローテーブルの大きな利点は、置き場所を、あまりとらないということです。畳の部屋に合います。

伸張式テーブル

伸張式テーブルは、少し大きめで高さのあるテーブルです。丸い形や楕円の形もありますが、最もたくさん出回っている形は、長方形です。
ちなみに、椅子を使って座ります。食事をしたり、ちょっとした作業にも使えます。

リフティングテーブル

リフティングテーブルとは、上げたり下げたりして高さを調整できるテーブルです。そのため、椅子に座りながら使ったり、床に座りながら使ったりと、いろいろできます。
また、椅子の高さに合わせても調整して使えます。脚は、Xの形をしています。

サイドテーブル

サイドテーブルとは、ベットの横や、部屋の端っこ、机の横においたりして使うテーブルです。
主な利用目的は、ランプを置いたり、お花や写真を飾ったり、ちょっとした本を置いたりすることです。ちょっと、オシャレなかんじになります。

こたつテーブル

こたつテーブルとは、テーブルの台の下にヒーターがついています。テーブルの上から、専用の布団の生地でつくられたものを被せて、さらに上に台を置いて使います。
寒い冬に大活躍するテーブルです。ちょっと昭和みたいです。



その他のカテゴリはこちら