アトリエ365-TOP アトリエ365-TOP

九州沖縄エリア 2015年
ショップ・オブ・ジ・エリア受賞
メンズファッションジャンル賞
2015年 5月 週間MVP
受賞一覧はコチラ≫

アトリエ365-TOP
半袖シャツ
半袖シャツ
半袖シャツ
半袖シャツ
半袖シャツ
半袖シャツ
半袖シャツ
半袖シャツ
半袖シャツ
半袖シャツ
半袖シャツ
半袖シャツ
半袖シャツ
半袖シャツ
半袖シャツ
半袖シャツ
半袖シャツ
半袖シャツ




2005年に環境省によって提唱された、夏のビジネス用軽装の愛称。ネクタイなし上着なしのスタイルなど。
〔ビズはビジネスの(business)の略。
クールに「格好良い」と「涼しい」の意味を持たせている。〕

夏場に室内の冷房の設定温度をやや高めに設定することで、電力消費量を抑え、結果として、地球温暖化の原因とされる二酸化炭素の排出量削減を目的としたキャンペーン。

左記の表は2012年に環境省が提示した服装の具体的な可否の例です。

クールビズが浸透したことにより、環境省は2012年にクールビズよりもさらに進んだ「スーパークールビズ」を打ち出しました。
冷房節約ではなく、「冷房なし」で仕事ができる服装をと考案されたのがこのスーパークールビズです。

この表を見ると、特に「スーパークールビズ」はかなりの服装がOKとされていますが、これは単なる指票に過ぎません。
あくまでも「クールビズ」の正しいあり方は、周りに不快感を与えず消費電力を抑えることにあるので、会社の方針やクライアントがどう感じるかなど、しっかりとTPOを踏まえた選択が必要です。

一般のビジネスマンとして考えると、長袖シャツにノーネクタイ、スーツのパンツくらいなら、多くのケースで許容されると思います。

長袖シャツにノーネクタイなら、普段の格好でネクタイを外しただけでいいんじゃない?と考えられる方もいるかと思いますが、そこは大間違い!
最も一般的なワイシャツであるレギュラーカラーのワイシャツは、ネクタイを締めるのを前提として作られていますので、ワイシャツの襟が寝てしまったり、跳ねたりして見栄が非常に悪いです。

そこでノーネクタイのクールビスのワイシャツ選びに注目してもらいたいのが「襟」です。
ノーネクタイ時にも襟元がきれいなワイシャツを選ぶことがポイントになります。ノーネクタイでも襟が立つワイシャツを選べは、襟元が広がらずに美しいフォルムを保てます。
そんなクールビズで活躍するワイシャツの襟元といえばこの3種類。


クールビズの最大の敵は「汗」。
蒸し暑くシャツに汗がべっとり…。
こんな姿は自分だけでなく、周りにも不快感を与えてしまいます。
だからこそ、シャツ選びのコツはしっかりと把握しておくのが重要となります。
機能性の観点からは、べとつきにくいポリエステルとの混紡もメリットがありますが、ワイシャツで最も重要な質感と着心地に関していえば、綿100%に勝る素材はありません。
上質な綿を使ったワイシャツは、質感や着心地が良いだけでなく、汗を吸いやすく乾きやすいので、暑い夏でも快適に過ごすことができます。
クールビズ用のワイシャツには上質な綿のワイシャツを選ぶのがおススメです。
素材選びと同じく、色選びも重要です。
「自分は汗かきだから、汗が目立たない濃いめの色を選ぶ」という方もいると思いますが、基本は淡い色のほうがベター。
相手に与える印象も爽やかになるので、淡いブルーや黄色を選んだほうがいいでしょう。

機能性の観点からは、べとつきにくいポリエステルとの混紡もメリットがありますが、ワイシャツで最も重要な質感と着心地に関していえば、綿100%に勝る素材はありません。
上質な綿を使ったワイシャツは、質感や着心地が良いだけでなく、汗を吸いやすく乾きやすいので、暑い夏でも快適に過ごすことができます。
クールビズ用のワイシャツには上質な綿のワイシャツを選ぶのがおススメです。

素材選びと同じく、色選びも重要です。
「自分は汗かきだから、汗が目立たない濃いめの色を選ぶ」という方もいると思いますが、基本は淡い色のほうがベター。
相手に与える印象も爽やかになるので、淡いブルーや黄色を選んだほうがいいでしょう。