減農薬にこだわる

HOME > 三ケ日みかん > 減農薬にこだわる

減農薬にこだわる

有機肥料(無科学肥料科学)です!

肥料は、海草や一般的な農場で使う抗生物質、予防ワクチンを使用せず育てられている黒柳種豚場の豚の堆肥を使用しています。
おいしくてしかも安全なみかんを作るためにわざわざ堆肥場を作ったほどです。

だから、みかんの木がいつも元気で、糖度、酸度のバランスのよいみかんができるんです。
※無化学肥料栽培とは、化学肥料を使用しない栽培方法により生産ざれた農産物です。

減農薬栽培です!

黒柳農園では、すでに30年以上、減農薬栽培に取り組んでいます。

通常、毎年4月から11月にかけて、みかんは、23回の農薬を散布します。そのうち劇薬指定のものは、5回も散布するんです。

黒柳さんちでは、どうしてもしなくてはいけない最低限(通常の1/5回)しかしません。
しかも基準より薄めて消毒します。

だから、みかんの表皮はキズだらけ。みかん畑は雑草が元気に育ってます。

減農薬栽培

※減農薬栽培とは、化学合成農薬または化学肥料の使用を、同じ地域の同じ時期に慣行的に使用される回数又は量の5割以下に減らして生産された農産物です。

お客様へのお願い

【その1】はっきり言って、見た目が悪い。でも安心です。

黒柳さんちのみかんは、通常一般的に使われてるワックス、浮き皮防止剤、着色剤(ホルモン剤)等を使っていませんので、みかんの表皮にキズ等があり、見た目がよくありません。

安心してお召し上がりいただけます

でも、その分、安心してお召し上がりいただけます。

―― さとの体験記 ――

インタビュー私も、10月の初めに、みかん園に入り、もぎたてのみかんを試食しました。

糖度は12度。

一般に出荷の基準は10度以上ということですので、高柳さんちのみかんは、かなり甘みがあり、酸味とのバランスもとれていて美味でした。

今までの最高は、15度。

このみかんもこれから、もっと糖度が増すとのこと。期待大です。

また、安心して、みかんの皮を使った「みかん風呂」が楽しむこともできます。

【その2】通常より日持ちがしません。でも、糖度は抜群です。

黒柳さんちのみかんは、防腐剤等を使っていないので日持ちしません。
取れたての鮮度のよいみずみずしいものをお送りしますが、糖度も12度以上と高いため痛みやすいです。
お召し上がりになる方の人数に合わせて、必要な量だけお求めください。


5kg入れと10kg入れの2種類をご用意しました。

三ケ日みかん

商品検索

セレクトフードお試しセット
伊豆 金目鯛シリーズ
静岡 マスクメロン
由比 釜揚げしらす
伊豆天城 生わさび
送料無料・送料込商品

2019年10月の営業日

2019年10月の営業日
■土日はお休みとなります

2019年11月の営業日

2019年11月の営業日
■土日はお休みとなります

メディア掲載情報



2018年2月4日

TBS(テレビ)新コーナー「バナナマンのせっかくのグルメ」で【静岡 三島】わさびオイルふりかけが、紹介されました。

メディア掲載情報一覧

▲ このページのトップに戻る