目次
和食器特集

和食器特集 ご飯を美味しくする器

いつもの食卓からおもてなしの席まで、料理を彩る食器。
その中でも「和風」の食器を集めました。
和食だけでなく洋食にも合う、趣のある和食器はいかがですか?
あたたかみのある和食器で、ご飯を美味しくいただきましょう。

どんな食器をお探しですか?


注目商品

注目の人気アイテム

スタッフが選んだ、今注目の和食器をご紹介します。
グラタン皿 角型 23cm
楕円皿 ゆず赤とばし
1,080円
食卓を彩る和のうつわ『変形皿シリーズ』。
職人の手作業により味わい深く作られた安心安全の日本製、美濃焼の和食器です。
墨を散らしたような模様と落ち着いた朱色で、盛り付けた料理を引き立たせ、食卓を鮮やかに美しく彩ります。

基本のうつわ

基本のうつわ お皿・お碗

丸皿や角皿はもちろん、変形皿や茶碗、汁碗などの、基本の和食器コーナーです。

お皿

半月皿 日和御深井
半月皿 日和御深井
色、カタチ、風合いが多彩に揃った和のうつわ『変形皿』シリーズです。
アシンメトリーの円形模様が面白い表情を出し、盛り付けた料理を美しく引き立たせます。 3つの脚付きで高さがあり、食卓にアクセントが生まれます。
天ぷらや焼き物の盛り付けに、ちょうどよいサイズ。

どんぶり

お茶碗 ドット丼
お茶碗 ドット丼
和の趣を感じる大人可愛いうつわ、ドット丼シリーズです。
控えめな水玉模様が可愛らしく、煮物や和え物、サラダなどを添える小鉢に丁度良いサイズです。
あんみつなど和のスイーツにもおすすめ。小さめのお茶碗や汁椀にも使えそうです。
陶器ならではの味わいを感じられます。

おわん

木地呂内朱 漆
木地呂内朱 漆
毎日使いたくなる!肌なじみの良い優しい手触りの木製汁椀です。
天然木で作られているので、熱々のお味噌汁やご飯をよそっても熱くなりにくく安心してお使いいただけます。
また大変軽いので手が疲れにくく、小さいお子様でも左手にお椀を持ってご飯を楽しむことができます。

なぶり浅鉢 黒ゆず
なぶり浅鉢 黒ゆず
深みのある漆黒色が料理を鮮やかに引き立たせる、味わいある形の小鉢です。
取り分け皿としても使いやすい、1人分の盛り付けにちょうどよいサイズ。深さもあるのでとんすいとしてもお使いいただけます。
職人の手作業により味わい深く作られた美濃焼の和食器が、華やかに食卓を彩ってくれます。

和カフェスタイル

和カフェスタイル

お茶と和菓子でちょっぴり休憩…。ひと息つきたい時にピッタリな、温かみのあるお茶器。
黒溜 ボウル
黒溜 ボウル
取り皿やデザートの器としてもピッタリな、オシャレなしずく型ボウルです。
汚れが付きにくく洗いやすいプラスチック製。
陶器のような見た目で重厚感がある作りが魅力的で、深みのある黒色は和菓子にも良く合います。

食卓小物

食卓小物・カトラリー

お箸や箸置き、コースターなどの食卓小物を集めました。
箸置き 桜 重ね
箸置き 桜 重ね
2枚に重ねられた桜の花が食卓を彩る、和風箸置き。
ほんのりした桜色が愛らしい箸置きは、和食、洋食、様々なテーブルコーディネイトに合わせて使えます。
お花が2枚重ねになっているので、箸も置きやすくなっています。

高級なうつわ

高級なうつわ

料亭などでも使える、本格派のうつわです。
大切なおもてなしの席や、しっかりとしたテーブルコーディネートに挑戦したい方にもオススメ!

佇まいが美しい「椀」

お味噌汁、お吸い物、煮物、茶碗蒸しなどに使えるお椀です。
それぞれ商品の名称の由来にもなっている磨き蒔絵で描かれた様々な文様が、目を愉しませてくれます。
吸い物椀 黒二枚菊
吸い物椀 黒二枚菊
質感が木製に近くソフトな手触りの、吸い物・煮物用の利休椀です。
本漆塗りの高級感に、手描き磨蒔絵の菊の葉の文様が入り、一層うつくしい器になっています。
おもてなしの席にふさわしい、上品な佇まいが魅力です。
お椀をもっと見る

豪華に演出する「盛器」

料理をより華やかに魅せる越前漆器の木製盛器。
多用途に使える平らな盛皿から、海鮮料理などに映える船型や御所車型など、様々な種類があります。
盛皿 丸多様盛台
盛皿 丸多様盛台
陶器を並べたり、直接お料理を盛ったり多用途にご使用いただける木製盛台です。
光沢が美しく食材が映える黒色で、お刺身や天ぷらなどを乗せるだけで美味しさが引き立ちます。
サイズは一尺(直径約30cm)あります。
盛皿をもっと見る

料理の印象を引き締める「お盆」

料理の印象をグッと引き締め、その美しさを際立たせるのに役立つのがお盆です。
ただの円形や四角の他にも、三ツ足などで高さを出すお盆もあります。
平泉寺 半月盆
平泉寺 半月盆
お正月の食卓や、和食の提供に最適な一尺二寸の半月盆です。
お盆は料理を引き締めるのに一役買う、縁の下の力持ち。使ってみるとその必要性がわかります。
カンナ目加工、漆溜め塗りの木製品です。
お盆をもっと見る
和食器の知識

和食器の知識

基本の知識

和食の盛り付けのコツ

焼き魚
焼き魚
焼き魚は左側に頭を置くのが基本です。
長方形の長皿に、頭を手前に斜め置きすると見栄えも良く、余白には大根おろしなどを添えられます。
焼き魚
煮物
煮物など、汁気の多いものは高さのある鉢形の器に盛り付けます。
安定感のある形のものを下にして、バランスよく盛り付けていきましょう。
上部には彩りの美しいものを添えるようにすると映えます。
焼き魚
季節感を意識する
和食器は、様々な色や形が存在します。それを上手く活かして、季節感を出していくと食欲を掻き立ててくれます。
例えば、夏は涼しげな白や青の器に華やかな色の食材、秋冬はあたたかみを感じる茶色の器に温かな料理、春は桜色のうつわに緑の食材で爽やかに…。
組み合わせを考えるだけで楽しくなってきますね。

オススメの特集

ページTOPへ戻る

戻る

ページトップ