目次
包丁の選び方

包丁の選び方

「ひとり暮らしのために包丁を買わなきゃ!でもどれを買えばいいかわからない…」
「お料理にこだわりたい!包丁はどう使い分けるの?」などなど、
包丁選びでお悩みの方に、たくさんある包丁の種類や素材による違いを説明します!
初めて包丁を買う方にも、今使っている包丁に悩みをお持ちの方にも。
素材や形状の違い、おすすめの包丁をご紹介します。

「とりあえず三徳包丁が一本あれば大丈夫!」と耳にしたことがある方も多いはず。
でも、どうして三徳包丁がいいのか…?その理由をご説明します。
肉も魚も野菜も切れる
肉も魚も野菜も切れる
「三徳」という名前は肉も魚も野菜も切れることから。それ以外でも大抵の食材は三徳包丁一本で切れるので、とりあえずの一本におすすめなんです。
いろんな食材が切れるワケ
いろんな食材が切れるワケ
三徳包丁(文化包丁とも)は、日本の「菜切包丁」と西洋の「牛刀」の長所を併せ持つ包丁として、戦後日本で生まれました。刃元の形は野菜を切りやすい直線、刃先の形は肉を切りやすいカーブ状、切先は魚や肉を捌きやすいとがった形をしているので、一本でいろんな食材が切れるんです。

人気の三徳包丁ランキング


自分に合った包丁を見つける

自分に合った包丁を見つける

今使っている包丁に不満がある、ダメになってしまった、専用包丁を使ってみたい…などなど。
包丁を買い換える方や、ステップアップを目指す方に。

包丁は、その形状によって切るのが得意なもの、苦手なものがあります。
それぞれの特徴を知って、自分に合った包丁を見つけましょう!

三徳包丁

三徳包丁

初めて買うならこれ!家庭用として愛されるスタンダードな包丁。文化包丁、万能包丁とも呼ばれます。
「三徳」という名前は肉も魚も野菜も切れることから。それぞれの専用の包丁に切れ味は劣りますが、普段使いには十分です。
大抵の食材はこれで切れるので、特にこだわりがないならこれを選べば安心。
その他の三徳包丁を見る ▼
牛刀包丁(シェフナイフ)

牛刀包丁(シェフナイフ)

主に西洋で万能包丁として使用されている牛刀包丁(シェフナイフ)。三徳包丁に比べ刃先が鋭く幅が狭いのが特徴で、肉のかたまりなど体重をかけて押し切る場合などに便利です。
一見肉専用の包丁を思わせますが、実際は野菜や他の食材も切れるマルチな包丁。
三徳包丁と並んで入門におすすめの包丁です。
その他の牛刀包丁を見る ▼
ペティナイフ

ペティナイフ

「ペティ」とはフランス語で「小さな」という意味。牛刀包丁の小型版です。
主に果物や野菜の皮むきなどの細かい作業に向いていますが、肉や魚、野菜のカットも問題なくできます。
女性の手でも持ちやすいサイズなので、本格的な料理をしない女性の一人暮らしならこれ一本で済ませることも。
その他のペティナイフを見る ▼
パン切り包丁

パン切り包丁

焼きたてのパンや柔らかいパンもつぶさず、切りやすいパン切り包丁。細長く、刃が薄く、ぎざぎざになっているのが特徴です。
この形状がパンにかかる力を分散し、摩擦を少なくするため、パンをきれいに切ることができます。
ホームベーカリーなど自宅でパンを焼く場合には特にオススメ。
その他のパン切り包丁を見る ▼
菜切包丁

菜切包丁

大根や白菜などの大きな野菜も切りやすい、昔ながらの和包丁。野菜をぶつ切りにしたり、刻むのに便利です。
刃は薄く幅広く、切っ先は四角くなっていてとがっていないため野菜専用です。
その他の菜切包丁を見る ▼
薄刃包丁

薄刃包丁

菜切包丁と同じく角型で、主に野菜を切るのに使われます。その名のとおり非常に刃が薄いため切れ味バツグン。
ただし、切るのにも手入れにもコツが必要です。大根のかつらむきなどの繊細な皮むき作業に便利ですが、家庭用としてはあまりメジャーではなく、主にプロの料理人が使う包丁です。
薄刃包丁を全部見る ▼
出刃包丁

出刃包丁

主に魚をぶつ切りにしたり、捌いたり、三枚おろしにするために使われます。
刃が太く、他の包丁に比べて重みがあるので魚の頭を落とすのも骨も切るのもお手の物。
小型のものはアジ切り包丁と呼ばれます。元々は魚用ですが、現在では肉を切るのに使う人も。
その他の出刃包丁を見る ▼
柳刃包丁

柳刃包丁

魚の切り身を切るために使われる刺身包丁の一種。刺身包丁といえば関西ではこの柳刃包丁が主流です。
切り口を美しく新鮮に保つために重要な、一方向への引き切りがしやすいよう刃渡りは長く、先端は鋭く作られています。
その他の柳刃包丁を見る ▼
骨スキ包丁

骨スキ包丁

骨付きの肉から肉部分を切り出すのに用いる骨スキ包丁(ボーニングナイフ)。
大きな骨付き肉や丸ごとの鶏肉の調理など、本格派の方には便利な包丁です。

中華包丁

中華包丁

重さの衝撃で切る中華包丁は、プロの料理人はもちろん本格的に調理したい方にもおすすめです。
いろんな食材を切れる万能な包丁で、使い方に慣れれば繊細な野菜の千切りから、刃を寝かせて食材をつぶしたり、鉈(なた)の様に肉の骨を叩き切ることもできます。

子ども用包丁

子ども用包丁

お子様のキッチンデビューにぴったりの、安全な包丁。
ゆでた野菜やハムなど、切れるものは限定されますが、うっかり落としたり手を滑らせても、触れただけでは手が切れないので安心です。
お子様の大好きな明るいカラーやキャラクターの包丁で、楽しくクッキングを♪
その他の子ども用包丁を見る ▼
包丁は、素材によっても使い勝手が変わります。
素材による包丁の違いを説明します。
  さびにくさ 切りやすさ 欠けにくさ 刃持ちのよさ 重量
ステンレス 重い
セラミック 軽い
チタン 軽い

丈夫で使いやすい!ステンレス

丈夫で使いやすい!ステンレス

家庭用の包丁の素材としてもっとも一般的なステンレス。素材そのものの重みがあるので食材を切りやすく、丈夫で欠けにくいのが特徴です。包丁の素材として知られるモリブデンバナジウム鋼、ダマスカス鋼などは、ステンレスの一種。あまり頻繁に研がなくても切れ味が持続するので、手入れが楽です。
ステンレスの包丁を見る ▼
お手入れラクラク!セラミック

お手入れラクラク!セラミック

非常に軽く、さびる心配がありません。ステンレスに比べて欠けやすいですが、切れ味は非常に長持ちし、研ぎの必要はほとんどありません。また、セラミックは金属アレルギーを引き起こす心配がないため、アレルギー体質の方やその家族の食事の調理にも安心して使えます。
セラミックの包丁を見る ▼
さびない金属!チタン

さびない金属!チタン

さびない金属、チタン。切れ味や丈夫さではステンレスに劣りますが、セラミックと同じく非常に軽量で女性やお年寄りにも使いやすく、ニッケル、クロムを含まない金属なのでアレルギーの心配もなく、さらに見た目の高級感も損ないません。ただし、固いものを切ると刃こぼれしやすいので注意が必要。
チタンの包丁を見る ▼
おしゃれなデザインや優れた機能性で人気のブランド包丁。
大切な人や、記念日、お祝いなどの贈り物にもおすすめです。

包丁のお手入れに

包丁のお手入れに

包丁は、日々使うことで少しずつ切れにくくなっていきます。
切れにくいなと感じたら砥石やシャープナーで砥いで、切れ味を取り戻しましょう。

おすすめの砥石・シャープナー

砥石・シャープナーをすべて見る ▼
包丁の悩み

こんなことで悩んでいませんか?

普段、包丁を使っていて、こんなことで悩んでいませんか?
もしかしたら、お悩みを解決してくれる包丁があるかもしれません。
お悩み別におすすめの包丁を紹介します。

オススメの特集

ページTOPへ戻る

戻る

ページトップ