【第2回】冷たい麺弁当〜子どももOK!辛くない「ジャージャー麺弁当」

【第2回】冷たい麺弁当〜子どももOK!辛くない「ジャージャー麺弁当」

7月も中盤に差し掛かろうとしています。
夏の塾弁や、夏休みから始まる学童弁当には「冷やし麺弁当」がピッタリ。
第1回では、麺専用の「キャリーランチボウル」を使った冷たい麺弁当をご紹介しました。

【第1回】今年も学童弁当の季節がやってくる!夏は冷たい麺弁当で決まり

アレンジ多彩なのが麺弁当の楽しさですが、今回は作り置きしておくと便利な、子どもも食べられるジャージャー麺レシピをご紹介します。


麺弁当には専用のランチボウルが断然便利!


冷やし麺をお弁当にするには、専用のランチボウルを使うのが便利。
内蓋に保冷剤をセットできたり、スクリュー蓋で汁漏れを防いでくれたりと、子どもが持ち歩くのに安心の作りになっています。
そんなランチボウルを使った子どもも食べやすいメニューをご紹介します。


子どももOK!辛くないジャージャー麺(うどん)の作り方


暑い夏でもさっぱり食べられるジャージャー麺。豆板醤を使わなければ子どもでも食べられます。

【材料】(2人分)
ひき肉…200g
長ネギ…1本
にんにく…一片
しょうが…一片
ごま油…大さじ1
うどん、または中華麺…2袋
■ 調味料
甜麺醤…大さじ2
酒…大さじ1
オイスターソース…大さじ1
鶏がらスープの素…小さじ1
砂糖…大さじ1
醤油…大さじ1/2

■ トッピング用
キュウリ…1本
白髪ネギ…1/3本分程度
ゆで卵…1個

キャリーランチボウルで作る冷やし麺弁当、学童弁当

調味料類はすべてあわせておきます。
長ネギは一部白髪ネギ用に残しておきます。

【1】生姜、にんにく、ネギはみじん切りにします。
ぶんぶんチョッパーを使えばさらに時短に。

【2】フライパンにごま油を入れて熱し、生姜、にんにく、長ネギを中火で炒めます。
ひき肉を加えてさらに炒め、合わせておいた調味料を加えてさらに炒めます。

【3】うどん、または中華麺を規定の時間茹でてて、冷水で洗って水切りします。

【4】きゅうりは細切りに、ネギは白髪ねぎにしておきます。

事前に肉味噌を作り置きしておけば、朝は麺を茹でて野菜をカットするだけでジャージャー麺弁当が完成!

キャリーランチボウルで作る冷やし麺弁当、学童弁当

ジャージャーうどんにするのもおすすめです。
麺は固まらないようにごま油など、オイルであえておきましょう。また付属の麺容器に薄い麺つゆを凍らせておけば、保冷&ほぐし水の役割も果たしてくれます。


余った甜麺醤消費にも、夏のランチにもおすすめ


ホイコーロー以外に使い道がないので、どうしても余りがち…
そんな甜麺醤が冷蔵庫に眠っていれば、是非ジャージャー麺を作りましょう。

大人仕様にしたい場合は、調味料に豆板醤を大さじ1/2〜1程度をお好みで加えます。

キャリーランチボウルで作る冷やし麺弁当、学童弁当

冷やし中華に飽きてきたな、という時にもおすすめ。
暑い夏に是非試して頂きたい一品です。


次回はキャリーランチボウルを使った、子どもも食べやすい丼弁当レシピをご紹介します。



【第1回】今年も学童弁当の季節がやってくる!夏は冷たい麺弁当で決まり
【第2回】冷たい麺弁当〜子どももOK!辛くない「ジャージャー麺弁当」
【第3回】夏休み目前!毎日の学童弁当に、のせるだけ丼弁当を作ろう


【ご紹介したアイテム】

お弁当としてパスタや冷麺、冷やしうどんなどの麺類を学校やオフィスへ持って行くことができるお弁当箱。下段に麺、上段にお好みの具材を分けて入れられます。
グーテン キャリーランチボウル フラット 保冷剤付 785ml

みじんぎり8秒!ぶんぶんチョッパー


コラムトップ