今年も学童弁当の季節がやってくる!夏は冷たい麺弁当で決まり

今年も学童弁当の季節がやってくる!夏は冷たい麺弁当で決まり

学校や園でのプール開きも始まり、本格的な夏がやってきました。
プールバッグの準備など、何かと慌ただしいこの季節。働くお母さんたちを悩ませるのが、夏休みの「学童弁当」づくり。
普段お弁当には縁のないご家庭でも、避けては通れないのが「学童弁当」。
栄養バランスもよく、子どもも喜んで、簡単に作れる、そんなお弁当があればとても助かりますよね。

夏は簡単に作れるのにバリエーションも豊富な「冷やし麺弁当」がおすすめです。


麺弁当には専用のランチボウルが断然便利!


今年も学童弁当の季節がやってくる!夏は冷たい麺弁当で決まり冷やし麺をお弁当にするには、専用のランチボウルを使うのが便利。
内蓋に保冷剤をセットできたり、スクリュー蓋で汁漏れを防いでくれたりと、子どもが持ち歩くのに安心の作りになっています。
そんなランチボウルを使った子どもも食べやすいメニューをご紹介します。


まずは定番!お好みの具材で楽しむ「素麺弁当」


キャリーランチボウルには素麺1.5把がピッタリ入るサイズ。
女性や、子どもにちょうどいいボリュームのお弁当です。

今年も学童弁当の季節がやってくる!夏は冷たい麺弁当で決まり

ボウル部分に素麺、中段には具材をのせ、食べる時に具を麺にのせていただきます。
付属の麺つゆ容器は、前日に冷凍庫に入れておけば保冷剤代わりにもなります。中蓋の上に保冷剤を入れるスペースはありますが、麺つゆを凍らせておけば暑い夏はより安心できますね。

今年も学童弁当の季節がやってくる!夏は冷たい麺弁当で決まり

水分が残っていると痛みやすくなるので、素麺の水気はしっかりと切りましょう。
食べる時には麺の上に具材をのせ、溶けた麺つゆをまわしがけて頂きます。
麺つゆがほぐし水の役割になってくれるので、くっつきやすい素麺もほぐれて食べやすくなります。

今年も学童弁当の季節がやってくる!夏は冷たい麺弁当で決まり

小さなお子さんは小分けして丸めるのも◎。
その場合はスプーンとフォークを使い、パスタを食べる要領でくるくると丸めましょう。簡単なだけでなく、手を使わないことでより傷みにくく仕上がります。

今年も学童弁当の季節がやってくる!夏は冷たい麺弁当で決まり

スクリュー式のハンドル蓋は密閉性が高く、汁物もこぼれにくい作り。
大きなハンドルは子どもでも持ちやすいので安心ですね。

具材は卵、ハム、キュウリやトマトはもちろん、カニカマやオクラなどお好みのものでOK!
ご飯の予約セットし忘れた!なんてことがあってもぱぱっと作れる、ママの強い味方です。



茹でて入れるだけ!子ども喜ぶ「冷やしラーメン弁当」


キャリーランチボウルはいろんな麺でも大活躍。男の子に人気なのは「冷やしラーメン弁当」。

今年も学童弁当の季節がやってくる!夏は冷たい麺弁当で決まり

中華麺も茹でたらしっかりと水切りを。ごま油であえておくと、くっつきにくく食べやすい仕上がりに。
具材はチャーシュー、キュウリ、ミニトマト、ゆで卵などお好みのものを。

今年も学童弁当の季節がやってくる!夏は冷たい麺弁当で決まり

麺、具材、中蓋をセットして、こちらも食べる時に具材をのせていただきます。

今年も学童弁当の季節がやってくる!夏は冷たい麺弁当で決まり

中蓋の上には付属の保冷剤がセットできますが、ラーメンつゆを凍らせておいておくのも◎。

今年も学童弁当の季節がやってくる!夏は冷たい麺弁当で決まり

ゆで卵は事前に作っておけば、朝は野菜をカットして麺を茹でるだけ。
兄弟分も、自分の分も一緒ぱぱっと複数一気に仕上げられるのも嬉しいポイントです。


暑い夏こそ麺弁当、アイデア次第でアレンジ色々!


今年も学童弁当の季節がやってくる!夏は冷たい麺弁当で決まり

暑い夏でもさっぱりと食べられる冷たい麺弁当。
冷やしうどん、サラダうどん、冷やし中華はもちろん、冷製パスタにもぴったり。

専用ボウルがあれば、この夏、働くお母さんの強い味方になってくれそうです。


次回は作り置きできる肉味噌を使った、ジャージャー麺レシピを紹介します。


【第1回】今年も学童弁当の季節がやってくる!夏は冷たい麺弁当で決まり
【第2回】冷たい麺弁当〜子どももOK!辛くない「ジャージャー麺弁当」
【第3回】夏休み目前!毎日の学童弁当に、のせるだけ丼弁当を作ろう



【ご紹介したアイテム】

お弁当としてパスタや冷麺、冷やしうどんなどの麺類を学校やオフィスへ持って行くことができるお弁当箱。下段に麺、上段にお好みの具材を分けて入れられます。
グーテン キャリーランチボウル フラット 保冷剤付 785ml


コラムトップ