台風19号による影響について

台風19号の影響により、被害に遭われた地域の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
この影響により、一部地域での集荷・配送の停止や遅延が発生しております。
詳しい状況につきましては、配送会社(日本郵便)のホームページ、または、購入履歴の「配送状況を確認」をご確認いただけますよう、お願いいたします。

PICK UP

PICK UP

ALL ITEMS

マフラー (オールシーズン)

NEWS

当店のカシミヤの特徴

柔らかくて光沢がある高級カシミヤ

柔らかくて光沢がある
高級カシミヤを

カシミヤのストールやマフラーを探していると、高い製品からお手頃な製品まで様々あり、一体何が違うのか分かりづらいという方も多いのではないでしょうか。
実は、「カシミヤ」といっても、カシミヤの原糸には様々な等級(ランク)があり、カシミヤ100%のストールやマフラーといっても、どのような等級(ランク)のカシミヤ原糸を使っているのかによって、価格は大きく変わってきます。

この等級(ランク)は、カシミヤ原糸の長さや細さによって決められていると言われ、そのランクが価格に影響するのです。

当店のカシミヤストールやマフラーは、長いカシミヤ繊維を「織物」にして作り上げています。同じカシミヤであっても、短いカシミヤ繊維を「フェルト状」にしている製品と比べて、柔らかくて光沢があるのが特徴的です。

軽くて暖かいカシミヤ

軽くて暖かい

カシミヤのストールやマフラーと聞くと、とても暖かいイメージがありますよね。
どうして、カシミヤストールやマフラーは暖かいのでしょうか。そして、他の素材と比べてどれくらい暖かいのでしょうか。

まず、カシミヤが暖かい理由について。
私たちが暖かさを感じる時に、重要な役割を果たしてくれるものがあります。
実はそれは空気なのです。空気を多く含むほど断熱効果が高まって、寒い外気を遮断してくれます。
一見、空気と効くと寒そうな印象ですよね。しかしながら、動かない空気は熱を保ち、保温効果があることがわかっています。

そして、原糸素材が何かによって、例えば、ウールかカシミヤかによって、糸が含む空気の量が違うのです。
糸は細いほど空気を含むことがわかっていて、カシミヤは他の素材に比べて糸が細いので、空気を多く含み、保温性が高いのですね。
これが、他の素材と比べてカシミヤが暖かいとされる理由なのです。

パシュミナコレクションは、「細いカシミヤ繊維を紡いだ糸を使った織物、またはその素材」という広く見られるパシュミナの解釈に、当店も倣っています(「パシュミナ」という言葉の定義は定まっておらず、様々な見解があります)。

また、当店のカシミヤストールとマフラーは全て経糸と横糸を交互に通して織られている「織物」です。
織物である為、糸と糸の間に空気を含むので暖かさを逃しません。
同じカシミヤでも、フェルト状にしている製品と比べて約40%の量で、同等の暖かさ。
織物だからこそ、実現できる軽さと暖かさなのです。

また、一般的な市販ウール製品と比べて、当店のカシミヤは1.7倍の保温力があることが実験によって証明されています。