女性へ贈る時のポイント
ストールをギフトで贈る時のポイント

女性へのギフトで
選ばれている商品はこちら

ストールは、防寒用としてはもちろんファッションアイテムとしても使え、色違いで何枚持っていても嬉しいもの。
ですから、カシミヤストール・カシミヤシルクストールを女性にプレゼントすれば、とても喜ばれるでしょう。

でも、女性にプレゼントするにあたって、どうやってストールを選べばいいのか迷いますよね。

まずは、女性にプレゼントする際のカラーの選び方についてです。

ベーシックカラーであるブラックやベージュは、一枚あれば様々な用途で使えとても便利です。
ベーシックカラー内でも、色違いで持っていれば、ファッションの幅が広がり、2枚目3枚目も嬉しいアイテムです。

しかし、もしかしたら、贈る方は、既にベーシックカラーのストールを持っているかもしれません。
その場合は、贈りものは普段選ばないような明るいカラーを選んでもよいかもしれません。

次に、サイズの選び方のポイントです。
大判サイズならば、首に巻く以外にも、羽織ったり・ひざ掛けとしても活用できるサイズ。
年齢、シーンを問わず、様々な用途に使えるサイズです。

もしも、贈る方が小柄な方でしたら、大判サイズよりも一回り小さいストールサイズが羽織ったり、首の周りに巻くのにもぴったりかもしれません。

マフラーサイズも、ビジネスシーンからカジュアルな場でもファッションアイテムとしても幅広く使え、一枚は持っておきたいアイテムです。

最後に、素材の選び方のポイントです。
カシミヤ、カシミヤシルク、リネンといった素材は、どの季節をメインに着用するのかによって選ぶことができます。

カシミヤは、柔らかさが心地良い天然素材。防寒対策として活躍することはもちろん、秋から春にかけて朝晩冷え込みむ時にも使うことができます。
春先から夏をメインに着用するカシミヤ素材ならば、エアリータイプがおすすめ。
薄く軽いだけでなく、カシミヤの柔らかさを十分に堪能できます。

カシミヤシルクは、カシミヤにシルクの光沢感がプラスされ、滑らかな着け心地が気持ちいい素材。
一年中、季節を問わずに使うことができますよ。

当店のカシミヤは、とても柔らかく滑らかなため、首回りの肌が敏感でチクチクするのがイヤだという方にもご好評いただいております。

リネンは、さらっとした着心地の天然素材。
紫外線が強くなる春先から夏にかけてのUVカット対策として、ファッションを華やかにする小物として、大活躍します。

男性へ贈る時のポイント
ストールをギフトで贈る時のポイント

男性へのギフトで
選ばれている商品はこちら

ストールやマフラーは男性が手軽に身に着けられるファッションアイテムの一つです。
上質なカシミヤストール・マフラーならば長い期間使うことができ、ただ、自分用では買う機会がない方も多いので、プレゼントとして喜ばれるのではないでしょうか。

仮に、お相手が既にマフラーを持っていたとしても、色違いアイテムや上質なカシミヤアイテムのギフトならば、2枚目3枚目のマフラーストールとして喜んで頂けるでしょう。

カラーはベーシックなカラーはもちろんのこと、差し色として、普段選ばないようなカラーを敢えて選ぶのも喜ばれるかもしれません。

サイズに関して、マフラーサイズはビジネスシーンからカジュアルシーンまで幅広く使えます。
また、ストールサイズもボリュームある巻き方を楽しめ、男性にも喜ばれる商品となっています。

誕生日祝い
お祝いで贈る時のポイント

誕生日祝いで
選ばれている商品はこちら

大切な方への誕生日お祝い。

気持ちを込めてギフトを選びたいけれども、付きあいが長ければ長いほど、相手の趣味に合うか合わないかが分かるため選択肢が狭まりますし、既に持っていないアイテムで探さなければ・・と何を贈るか迷ってしまいますよね。
反対に、まだ付き合いが短い場合は、センスが良いものを選びたいけれども、お相手がどういった趣味なのか、何が好みなのか・・と迷ってしまいますよね。
結局、何を選べばよいのか直前まで迷って、決めきれない方が多いのではないでしょうか。特に、お相手が質にこだわる方ならば余計に困るものです。

ストールやマフラーならば、年代を問わず、上質なものは一枚は欲しいもの。
ファッションアイテムとしてはもちろん、防寒、日よけなど様々な用途があります。

特に、上質なカシミヤやカシミヤシルクのストールは、高価で中々買わないけれど、貰って困ることは少ないと言えるでしょう。
たとえ、既に持っていても、カラー違いなど何枚かあればファッションの幅がぐっと広がります。

当店のストールは、女性へのギフトはもちろん、男性へのギフトとしても選ばれております。

結婚記念日
お祝いで贈る時のポイント

結婚記念日で
選ばれている商品はこちら

ご夫婦にとって大切な記念日の一つである結婚記念日。

一年に一度ですから、多少高価なものでも質が良いものを贈りたいですよね。
ただ、毎年何をギフトで贈ろうか困ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

せっかく高価なものを贈るのならば、日常的に身に付けられ使い勝手が良いアイテムが良いないでしょうか。

ストールは、防寒用としてはもちろんファッションアイテムとしても使え、色違いで何枚持っていても嬉しいもの。
ですから、カシミヤストール・カシミヤシルクストールは奥様へのプレゼントアイテムとして、ぴったりなのです。

当店の製品は、ご主人へのプレゼントとしても選ばれており、ストールやマフラーは男性が手軽に身に着けられるファッションアイテムの一つです。
上質なカシミヤストール・マフラーならば長い期間使うことができ、ただ、自分用では買う機会がない方も多いので、プレゼントとして喜ばれるのではないでしょうか。

長寿祝い:還暦(60歳)
お祝いで選ぶ時のポイント

還暦(60歳)
選ばれている商品はこちら

還暦は、60歳の長寿祝いです。
干支(えと)が、生まれた年にまた戻ることから「還暦」と呼ばれています。

多くの地域では、還暦のお祝いをする時には赤いものを身に着ける風習があるようです。
なぜ赤いものなのでしょうか。
それは、昔は生まれた時に、魔除けとして赤い服を着せていたことに起因します。
暦が巡って生まれた時に戻るとされる還暦には、生まれた時と同様に、赤いものを身に着けることで魔除けをするようになったと言われています。

還暦のプレゼントは、長く使ってもらえる上質なものを贈ると良いでしょう。
ストールやマフラーは、何枚あっても困ることはなく、女性はもちろん、男性への贈り物としても長く使えておすすめです。

長寿祝い:古希(70歳)
お祝いで選ぶ時のポイント

古希(70歳)
選ばれている商品はこちら

古希という名前の由来ですが、昔の中国、唐王朝時代の詩人杜甫が詠った詩に由来があります。
詩の中にある「人生七十古来稀なり」。
これは、「人生において、70年生きることはまれなことである」という言葉から来ていると言われています。
この詩から、唐の時代は、70歳まで生きることがとても珍しかったことがわかります。

さて、古希には紫色のものを身に着けることが良いとされています。
それは、紫が気品や風格を併せ持った色というところから来ているようです。
このように、長寿への敬いから紫が選ばれることが多くなっています。
( 古希祝いでは、紺色も良いと言われています。)

紫はファッションのアイテムとしても、ワンポイントの差し色として活躍する色です。
当店のストールやマフラーは、明るめの紫から、少し落ち着いた色の紫まで、様々なカラーが揃っております。贈る方の好みに合わせて選ぶと良いと思います。

長寿祝い:傘寿(80歳)
お祝いで選ぶ時のポイント

傘寿(80歳)
選ばれている商品はこちら

傘寿は80歳の長寿祝いです。
傘寿という名前の由来ですが、「傘」の略字を縦書きにすると八と十を重ねた形になり、八十と読めることからと言われています。
その他にも、傘が広がる様子をおめでたい末広がりに例え、傘寿と呼ぶようになったという説もあります。

傘寿に身に着けると良いとされているお祝いにカラーは、地方によって異なるようですが、紫 ・黄・からし金・金茶 と言われています。

昇進・退職などビジネス上のお祝い
お祝いで選ぶ時のポイント

昇進・退職などビジネス上のお祝い
選ばれている商品はこちら

お世話になった方の昇進・退職など、ビジネス上でのお祝いシーン。
お世話になった方へお祝いの気持ちや感謝の意を伝えるシーンですが、何が喜ばれるのかアイデアが中々浮かない、という方もいらっしゃるかもしれません。

食品など日用品はもちろん喜ばれますが、せっかく感謝やお祝いの気持ちを伝える場ですので、何か趣味や好みにあったものを選びたいという方も多いのではないでしょうか。
ただ、趣味や好みがわからない場合もあり、困ってしまいますよね。

ストールやストールならば、年代を問わず、上質なものは一枚は欲しいもの。
ファッションアイテムとしてはもちろん、防寒、ひざ掛けなど様々な用途があります。
特に、上質なカシミヤやカシミヤシルクのストールは、高価で中々買わないけれど、貰って困ることは少ないと言えるでしょう。
たとえ、既にストールやマフラーを持っていても、カラー違いなど何枚かあればファッションの幅がぐっと広がります。

当店のストールやマフラーは、女性へのギフトはもちろん、男性へのギフトとしても選ばれておりますので、退職・昇進といったビジネス上のお祝いでも問題なくお使いになれます。

結婚祝い
お祝いで選ぶ時のポイント

結婚祝い
選ばれている商品はこちら

人生の門出である結婚。
新生活に必要なインテリアや日用品が贈られることが多い結婚祝いですが、既に持っているかもしれませんし、また、趣味や好みがわからないと果たして喜ばれるのか心配になりますよね。

ストールやマフラーならば、仮に既に持っていたとしても、2枚目3枚目でもファッションアイテムとして使え、また、上質なカシミヤのストールは、ご自分で購入するには高価なことが多いので、ギフトとして喜ばれるのではないでしょうか。

当店のストールは性別を問わずギフトとして選ばれておりますので、ギフトとして贈った場合、奥様旦那様どちらか気に入って頂いた方に使っていただくことも出来ます。

出産祝い
お祝いで選ぶ時のポイント

出産祝い
選ばれている商品はこちら

赤ちゃんグッズが贈られることが多い出産祝い。
もちろん、赤ちゃん用のギフトも喜ばれるかと思いますが、出産を頑張ったお母様への労いを込めて上質なストールもお贈りするのはいかがでしょうか。

大判ストールは、寒い夜や朝にさっと羽織って暖かくなりますので、忙しい子育て中のお母様にもぴったりです。
また、子育てが始まると、子供中心となり、中々ご自身のファッションに費やす時間がないというお母様もいらっっしゃいますので、上質なカシミヤやカシミヤシルクのストールは、とても重宝されるのではないでしょうか。

クリスマス
季節のギフトで贈る時のポイント

クリスマスで
選ばれている商品はこちら

クリスマスは恋人やパートナーなど大切な方にギフトを贈る絶好のタイミング。
せっかくの機会ですから、センスが良い贈り物を贈りたいですよね。

でも、お相手の趣味や好みがわからなく、何を贈ればよいのか困ってしまう方も多いのではないでしょうか。

せっかくクリスマスギフトを贈るのならば、日常的に身に付けられて使い勝手が良いアイテムが良いのではないでしょうか。

ストールやマフラーは、防寒用としてはもちろんファッションアイテムとしても使え、色違いで何枚持っていても嬉しいもの。
ただ、上質なカシミヤやカシミヤシルクストールは高価で中々ご自分では購入できない方もいらっしゃるので、頂いて困る方は少ないでしょう。
ですので、ストールはクリスマスプレゼントアイテムとして、ぴったりなのです。

[カラーの選び方]

恋人やパートナーのお好きなカラーを選ぶことはもちろんですが、お好きなカラーなアイテムは既にお持ちかもしれません。
ですので、普段、恋人や彼氏・彼女がご自身では選ばないようなカラーを敢えて選んでクリスマスにプレゼントするのもおすすめです。
もし色に迷われているようならば、明るいカラーのストールがおすすめ。
明るいカラーのストールを着用すれば、顔周りがぱっと明るい印象になります。
ベーシックカラーであるブラックやオフホワイト、アイボリーは、一枚あれば様々な用途で使えとても便利です。
ベーシックカラー内でも、色違いで持っていれば、ファッションの幅が広がり、2枚目3枚目も嬉しいアイテムです。

[サイズの選び方]

大判ストールサイズならば、首に巻く以外にも、羽織ったり・ひざ掛けとしても活用できるサイズ。
年齢、シーンを問わず、様々な用途に使えるサイズです。
特に女性は、家の中でも羽織って使う方が多いので、大判ストールが欲しいという方が多くいらっしゃいます。

もしも、恋人やパートナーが小柄な方でしたら、大判サイズよりも一回り小さいストールサイズが羽織ったり、首の周りに巻くのにもぴったりかもしれません。

マフラーサイズは、さっと首回りに巻くことができ、カジュアルビジネスシーンどちらにおいても重宝されるサイズです。
長さが十分にありますので、首にかけるだけでIラインが出来上がります。

母の日
季節のギフトで贈る時のポイント

母の日で
選ばれている商品はこちら

母の日のギフトを用意しようと思っても、何をプレゼントすればいいのか迷ってしまいますよね。
特に、親世代に、どのようなギフトをすればよいのか迷われる方も多いのではないでしょうか。

上質なカシミヤ・カシミヤシルク・リネンストールは、防寒用としてはもちろん、ファッションアイテムとしても使え、色違いで何枚持っていても嬉しいもの。

そして、上質なストールは、 年齢を問わずに使えるファッションアイテムというのも、ギフトに適した理由の一つ。

加えて、当店は品質鑑定済みのカシミヤを使用しているので、安心して大事なお母さまへプレゼントすることができます。

母の日には、軽やかで優しいぬくもりのストールをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

[カラーの選び方]

お母様のお好きなカラーを選ぶことはもちろんですが、お好きなカラーなアイテムは既にお持ちかもしれません。
ですので、普段ご自分では選ばないようなカラーを選んでプレゼントするのもおすすめです。
もし色に迷われているようならば、明るいカラーのストールがおすすめ。
明るいカラーのストールを着用すれば、顔周りがぱっと明るい印象になります。

ベーシックカラーであるブラックやベージュは、一枚あれば様々な用途で使えとても便利です。
ベーシックカラー内でも、色違いで持っていれば、ファッションの幅が広がり、2枚目3枚目も嬉しいアイテムです。

[サイズの選び方]

大判ストールサイズならば、首に巻く以外にも、羽織ったり・ひざ掛けとしても活用できるサイズ。 年齢、シーンを問わず、様々な用途に使えるサイズです。

もしも、お母さまが小柄な方でしたら、大判サイズよりも一回り小さいストールサイズが羽織ったり、首の周りに巻くのにもぴったりかもしれません。

[素材の選び方]

カシミヤは、柔らかさが心地良い天然素材。防寒対策として活躍することはもちろん、秋から春にかけて朝晩冷え込む時にも使うことができます。
春先から夏をメインに着用するカシミヤ素材ならば、エアリータイプがおすすめ。
薄く軽いだけでなく、カシミヤの柔らかさを十分に堪能できます。

カシミヤシルクは、カシミヤにシルクの光沢感がプラスされ、滑らかな着け心地が気持ちいい素材。一年中、季節を問わずに使うことができますよ。

当店のカシミヤは、とても柔らかく滑らかなため、首回りの肌が敏感でチクチクするのがイヤだという方にもご好評いただいております。

リネンは、さらっとした着心地の天然素材。
紫外線が強くなる春先から夏にかけてのUVカット対策として、ファッションを華やかにする小物として、大活躍します。

父の日
季節のギフトで贈る時のポイント

父の日に
選ばれている商品はこちら

父の日に何かギフトを贈ろうと思っても迷ってしまいますよね。
特に親世代へのギフトは何を贈ればよいのか迷われる方も多いと思います。

ストールやマフラーは男性が手軽に身に着けられるファッションアイテムの一つです。
上質なカシミヤストール・マフラーならば長い期間使うことができ、ただ、自分用では買う機会がない方も多いので、プレゼントとして喜ばれるのではないでしょうか。

仮に、既にマフラーを持っていたとしても、色違いアイテムや上質なカシミヤアイテムならば何枚持っていても嬉しいものです。2枚目3枚目として、喜んで頂けるでしょう。

カラーはベーシックなカラーはもちろんのこと、差し色として、お父様が普段選ばないようなカラーを敢えて選ぶのも喜ばれるかもしれません。

サイズに関して、マフラーサイズはビジネスシーンからカジュアルシーンまで幅広く使えます。
また、ストールサイズもボリュームある巻き方を楽しめ、男性にも喜ばれる商品となっています。

バレンタインデー
季節のギフトで贈る時のポイント

バレンタインデーに
選ばれている商品はこちら

男性にチョコレートを贈ることが定番のバレンタインデー。
チョコレートはもちろん、バレンタインデーは、恋人やパートナーにギフトを贈る絶好の機会でもあります。

ただ、お相手の好みがわからないと、何をギフトとして贈れば喜ばれるのか迷ってしまいますよね。
そこで、日々身に着けられるファッション小物の中でも、寒い季節にぴったりなストールやマフラーはいかがでしょうか。

ストールやマフラーは男性が手軽に身に着けられるファッションアイテムの一つです。
上質なカシミヤストール・マフラーならば長い期間使うことができ、ただ、自分用では買う機会がない方も多いので、ギフトとして喜ばれるのではないでしょうか。
上質なストールやマフラーを身に着けていると、紳士度があがり魅力がぐっと増しますよね。

仮に、既にマフラーを持っていたとしても、色違いアイテムや上質なカシミヤアイテムならば何枚持っていてもうれしいもの。
2枚目3枚目だったとしても喜んで頂けるでしょう。

カラーはベーシックなカラーはもちろんのこと、差し色として、普段選ばないようなカラーを敢えて選ぶのも喜ばれるかもしれません。

サイズに関して、マフラーサイズはビジネスシーンからカジュアルシーンまで幅広く使えます。
また、ストールサイズもボリュームある巻き方を楽しめ、男性にも喜ばれる商品となっています。

ホワイトデー
季節のギフトで贈る時のポイント

ホワイトデーに
選ばれている商品はこちら

バレンタインデーのお返しに、恋人やパートナーに感謝の意を込めてギフトを贈るホワイトデー。

バレンタインデーに贈り物を頂いたからには、何かお返ししなければならないけれど、お相手の趣味や好みがわからなく、何を贈ればよいのか困ってしまう方も多いのではないでしょうか。

また、せっかくギフトを贈るのであれば、センスが良くて、日常的に身に付けられる使い勝手が良いアイテムが良いのではないでしょうか。

ストールは、防寒用としてはもちろんファッションアイテムとしても使え、色違いで何枚持っていても嬉しいもの。
ただ、上質なカシミヤやカシミヤシルクストールは高価で中々ご自分では購入できない方もいらっしゃいますので、頂いて困る方は少ないでしょう。
ですので、ストールやマフラーはギフトアイテムとして、ぴったりなのです。

3月に贈るギフトですので、春?夏をメインに使えるエアリー素材のもの、また、1年を通して使えるカシミヤシルクのストールが、季節的にも喜ばれるでしょう。

結婚内祝い
お返し(内祝い)で贈る時のポイント

結婚内祝いで
選ばれている商品はこちら

結婚でお祝いを頂いた場合のお返しである結婚内祝い。

予算の相場は、お祝いで頂いた半分〜1/3を、内祝いで返すのがよい言われています。
しかし、例えばご高額のお祝いを頂いた場合は、内祝いの予算も高額になり、反対に贈ってくださったご両親やご親族といったお祝いをくださった方が気を遣ってしまう可能性もあります。
兄弟姉妹がどのようにしたのかなどご家族内で確認し、妥当な予算額を決めるのが良いでしょう。

いざ、感謝の意を込めてお返しを選ぼうと思っても、お相手の趣味や好みがわからない場合、贈ったとしても迷惑になるのではないかと不安になり困ってしまう方も多いのではないでしょうか。
お返し(内祝い)の定番品であるタオルや食器類といった日用品は、ご実家やご親族は既に持っていて、棚にいっぱいあるから、もういらないという方も多いのではないでしょうか。

また、せっかくギフトを贈るのであれば、センスが良くて、日常的に身に付けられる使い勝手が良いアイテムが良いですよね。

ストールは、防寒用としてはもちろんファッションアイテムとしても使え、色違いで何枚持っていても嬉しいもの。ただ、上質なカシミヤやカシミヤシルクストールは高価で中々ご自分では購入できない方が多くいらっしゃるので、頂いて困る方は少ないでしょう。
これも、ストールやマフラーがお返し(内祝い)アイテムとして喜ばれる理由の1つです。

ストールならば、ご家族の奥様、旦那様どなたでも使うことができ、また、何枚あっても色違いでコーディネートを楽しむことができます。

上質なカシミヤであれば、シンプルですが、上質な贈り物ということが分かりやすく、お相手にも喜ばれるのではないでしょうか。

出産内祝い
お返し(内祝い)で贈る時のポイント

出産内祝いで
選ばれている商品はこちら

ご実家やご両親、ご親族など目上の方から高額のお祝いを頂くことが多い出産祝い。その返しが出産内祝いになります。
身近なご親族は、お返しは必要ない、気にしないでとおっしゃる方もいらっしゃいます。しかし、今後も長くお付き合いをさせて頂く可能性が高い分、何かしら感謝の意を込めてお返しした方が良いのではないでしょうか。

予算の相場は、お祝いで頂いた半分〜1/3を、内祝いで返すのがよい言われています。
しかし、例えばご高額のお祝いを頂いた場合は、内祝いの予算も高額になり、反対に贈ってくださったご両親やご親族といったお祝いをくださった方が気を遣ってしまう可能性もあります。
兄弟姉妹がどのようにしたのかなどご家族内で確認し、妥当な予算額を決めるのが良いでしょう。

また、お祝いを頂いてから一か月以内に返礼品を贈るのが良いといわれていますので、、出産後は何かと忙しく、一体何が喜ばれるのか分からず、困ってらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

いざ、感謝の意を込めてお返しを選ぼうと思っても、お相手の趣味や好みがわからない場合、贈ったとしても迷惑になるのではないかと不安になり困ってしまう方も多いのではないでしょうか。
お返し(内祝い)の定番品であるタオルや食器類といった日用品は、ご実家やご親族は既に持っていて、棚にいっぱいあるから、もういらないという方も多いのではないでしょうか。

また、せっかくギフトを贈るのであれば、センスが良くて、日常的に身に付けられる使い勝手が良いアイテムが良いですよね。

ストールやマフラーは、防寒用としてはもちろんファッションアイテムとしても使え、色違いで何枚持っていても嬉しいもの。
ただ、上質なカシミヤやカシミヤシルクストールは高価で中々自分では購入できない方おいらっしゃいますので、頂いて困る方は少ないでしょう。これも、ストールやマフラーがお返し(内祝い)アイテムとして喜ばれる理由の1つです。

ストールならば、ご家族の奥様、旦那様どなたでも使うことができ、また、何枚あっても色違いでコーディネートを楽しむことができます。

上質なカシミヤであれば、シンプルですが、上質な贈り物ということが分かりやすく、目上の方にも喜ばれる製品のではないでしょうか。

入学・入園・進学内祝い
お返し(内祝い)で贈る時のポイント

入学・入園・進学内祝いで
選ばれている商品はこちら

お子様の入学・入園をお祝いして、ご実家・義理のご実家・目上の方などから、高額のお祝いを頂くことが多いこの場面。
お返し(内祝い)をする場合、必要ないとおっしゃるご両親やご親族もいらっしゃるかもしれません。しかし、お子様の入学をお祝いしてくださった方に感謝の意を込めて、何かしら心のこもったものをお送りしたいところです。

入学以前に早くお祝いを頂いたとしても、無事入学が済んだことを伝える意味でも、学校などの入学式が終わってから内祝いをお送りした方がよいと言われています。

予算の相場は、頂いた入学お祝いの半分〜1/3をお返し(内祝い)で返すとよい言われています。
しかし、高額の入学お祝いを頂いた場合は、お返し(内祝い)の予算も高額になり、反対に贈ってくださったご両親やご親族が気を遣ってしまう可能性もあります。 兄弟姉妹がどのようにしたのかなどご家族内で確認し、妥当な予算額を決めましょう。

いざ、予算が決まっても、一体何がギフトとして喜ばれるのか迷ってしまいますよね。
贈ったとしても迷惑になるのではないかと不安になり困ってしまう方も多いのではないでしょうか。
お返し(内祝い)の定番品であるタオルや食器類といった日用品は、ご実家やご親族は既に持っていて、棚にいっぱいあるから、もういらないという方も多いのではないでしょうか。

また、せっかくギフトを贈るのであれば、センスが良くて、日常的に身に付けられる使い勝手が良いアイテムが良いですよね。

ストールやマフラーは、防寒用としてはもちろんファッションアイテムとしても使え、色違いで何枚持っていても嬉しいもの。
ただ、上質なカシミヤやカシミヤシルクストールは高価で中々自分では購入できない方おいらっしゃいますので、頂いて困る方は少ないでしょう。これも、ストールやマフラーがお返し(内祝い)アイテムとして喜ばれる理由の1つです。

ストールならば、ご家族の奥様、旦那様どなたでも使うことができ、また、何枚あっても色違いでコーディネートを楽しむことができます。

上質なカシミヤであれば、シンプルですが、上質な贈り物ということが分かりやすく、目上の方にも喜ばれる製品のではないでしょうか。

春に贈るお返し(内祝い)ですので、春?夏をメインに使えるエアリー素材のもの、また、1年を通して使えるカシミヤシルクのストールが、季節的にも喜ばれるでしょう。