イベント一覧 ≫

TOP >> ママナビ >> パンのレシピ >> 黒豆抹茶パン

黒豆抹茶パン






黒豆を使ったお正月らしいパンはいかがですか?
黒く日焼けするほど「まめ」に働き、健康でいられますように・・・という願いが込められている黒豆をクリームチーズのフィリングと一緒に包みました。
パン生地に抹茶を入れると、少し膨らみにくくなるので、窯伸びがよい「ゆめちから」をブレンドしています。 フィリングは、おせち料理で残った黒豆やクリームチーズの代わりに、栗きんとんを入れてもおいしく作ることが出来ます。

難易度:★★★☆☆

所要時間:3時間10分

材料 10個分

【生地】
春よ恋100 200g
ゆめちから100 80g
サフインスタントドライイースト 赤 6g
素焚糖 20g
ゲランドの塩 5g
抹茶 5g
スキムミルク 6g
太白胡麻油 20g
・水 210g
・全卵(塗り玉用) 適量

【フィリング】
鹿の子黒豆 120g
クリームチーズ 200g
純金箔粉 適量




作り方

1.下準備
すべての材料を量ります。
クリームチーズは室温に戻し、ゴムベラでクリーム状になるまで練ります。



抹茶はダマにならないよう素焚糖と混ぜておきます。
※水の温度は、夏場は冷水(約5℃)、冬場はぬるま湯(約30℃)を使用します。

2.生地作り・一次発酵
【パナソニックホームベーカリー使用】
パンケースに小麦粉、抹茶を混ぜ合わせた素焚糖、スキムミルク、塩、水、油を入れます。
イースト容器にドライイーストを入れ、パン生地コースで一次発酵まで行います。
※こちらの工程の中には、フロアタイム(一次発酵)も兼ねています。 発酵が終わったら、すぐにパンケースから取り出してください。

3.分割・ベンチタイム
パンケースから生地を取り出し、スケッパーで10等分に分割し、丸めます。



パンマットの上に丸めた生地を並べ、乾燥を防ぐため固く絞った濡れ布巾をかけて、約15分休ませます。(ベンチタイム)



4.成形
手のひらで軽く生地を押さえガス抜きをし、めん棒で円形に伸ばします。
※生地がべたついて伸ばしにくい時は、打ち粉(強力粉)をしてください。



鹿の子黒豆をパン生地の中央に散らし、上にクリームチーズをのせ、とじ目をしっかりとじます。
※おせち料理の黒豆を使われる場合は、ペーパータオルなどで水気をしっかり切り、軽く強力粉をまぶすと生地とのなじみがよくなります。



成形した生地のとじ目を下にして、オーブンシートを敷いた天板に間隔をあけて並べ、生地の中央にはさみで十文字に切り込みを入れます。



5.二次発酵
温度35℃、湿度75%の発酵器またはオーブン発酵機能で約40〜50分発酵させます。

6.焼成
生地の表面に塗り玉をし、210℃に予熱したオーブンで約10分焼成します。
※オーブンの機種等の違いにより焼き上がり時間・焼き上がり方は異なります。お持ちのオーブンに合わせて、温度や時間を調節してください。



粗熱がとれたら、黒豆の上に金箔を散らします。



備考
パナソニックホームベーカリーSD-BM105を使用しています。
抹茶を加えると生地が固くなるため、今回は粉に対して75%の水分量にしました。 水の量が多いので、生地が柔らかく扱いにくくなりますが、フィリングを包むにはオススメです。

レシピ作成者:Aoki、photo:Sawai


BLOG ≫


PAGE TOP