お風呂レシピ

お風呂レシピ トップへ

バスマットの役割。

普段何気に使っているバスマット。なぜバスマットを使うのか、そんな根本的なことを考えてみました。

湯船からあがったら浴室で濡れた身体をタオルなどで拭きますよね。でも足元はどうでしょう。しっかり拭いていますか?
「そんなにしっかりは拭いてないなー。」という大勢の人のためにバスマットは存在するのです。(当たり前ですが・・・)
タオルを床に引いて代用する、というのもひとつの手ですが、やはりそこは「バスマット」という専門家に担当していただくのが良いでしょう。
もしも湯上りにバスマットがなかったら・・・
床がビショビショ→その場所だけ床の色が変色→足跡とともに水滴が落ちる→カビがはえる→掃除が大変
・・・という負のスパイラルに陥ってしまうでしょう。
それを考えてみると、日常それほど意識していないバスマットも結構な仕事をするヤツなんですね。

では、「うちのバスマット」にどこを重点的に担当してもらったらよいでしょうか。

バスマット選びで重要なのは、大きく分けて5つ。
(1)肌触り
(2)吸水・速乾
(3)耐久性
(4)値段
(5)清潔

大きさはバスタオルで実際に使用する場所に敷いてだいたいの大きさを想定すると、購入後に「大きすぎた」「小さすぎた」などのガッカリ感を防ぐことができます。
そのほかのポイントについて、素材選びから学んでいきましょう。
この際、とことん悩んで、お気に入りの1枚を探す楽しさを味わってみてください。

みんなどんなことに悩んでいるのだろう。

  • たとえばこんな悩みがあったら・・・・・・

    • 仕事をしているから洗濯は休日にまとめ洗い。速乾性の高いものがほしい。
    • 4人家族なので最後に入る私はいつも不快感たっぷり。 吸収性のあるものを探しています。
    • 新築なので高級感がありモダンなバスマットがあったらなぁ。
    • 祖母にプレゼントしたいので滑らないバスマットがいいです。
    • 男の一人暮らし、モノトーンでシンプルにキメたい。
    • 狭い家なので小さいバスマット希望。
    • 洗面所に敷きたいので大き目のバスマットがピッタリなんだけど。

    速乾性、吸水性、清潔を保つ、耐久性、見た目、価格など選び方はいっぱいあります。自分はどれで選んだらよいの?ということを解決していきましょう。

バスマットの種類。

お風呂上がり、バスルームから出ていちばんに足を乗せるのがバスマット。
ふんわりふかふかした毛足の長いタイプや、固めでしっかりしたタイプなど種類は様々。まずは種類の違いに注目していきます。

バスマットの素材。

綿(コットン)

  • コットン
  • タオルといえば綿。織り方によりさまざまは味わいを出せる、万能選手です。
    「やさしい、ふんわり、柔らかい、包まれたい・・・」タオルに求めるものすべてが綿にあります。でもでも、綿100%であればどれも同じ、なーんてことはありません。 上質な綿糸を使用するからこと上質なタオルができるのです。
    タオルが「日本製」といっても、綿は輸入品がほとんど。インド綿、エジプト綿、アメリカンコットン、オーガニックコットン・・・綿の種類は膨大で世界中で生産されており、それぞれ特性が違います。
    とかく日本人は「綿好き」。肌に触れるものには綿を、という傾向があります。
    「綿好き」ならば綿にこだわって作られたタオル生地を選びましょう。

リネン(麻)

  • リネン
  • しっかりしている印象のリネン。代表的なものはやはり「麻」ですね。単に「麻」といっても、品質表示に「麻」と表示できるのはたったの2種類。それが「亜麻(リネン)」と「苧麻(ラミー)」。
    厚みがなくナチュラルな印象が強いリネン、なんとなく弱そうなイメージですが、じつは耐久性は抜群で、濡れることが得意なリネンはもちろん吸水力にも優れています。コットンとの差は歴然、といわれるほど水を吸収して、サッサと乾く。その上、毛羽落ちが少なく生地がやせにくいリネンは洗濯ものの優等生。
    反面、洗濯するとしわくちゃ・・・ということにも。シワにならないわけではないですが、干すときにピンっと伸ばすと自重でシワを伸ばすことができます。

珪藻土

  • 珪藻土
  • 今や知らない人はいないというくらい、人気になった土で出来たバスマット。
    そのおもな原料は土。 珪藻土は植物性プランクトン類の化石や珪藻殻の堆積物によって出来た土で、マイクロメートル単位の微細な孔が無数にある多孔質構造の特性をもっているため、水分をスーっと取り込み、あっという間に蒸発させてしまうのです。
    珪藻土のバスマットは使ってみなくては伝わらないかも。使ってみるとハマる面白さ。清潔でおしゃれでかわっているバスマットを求めてる人だけでなく、洗濯の必要がないので、面倒くさがりの人にもピッタリ。

ポリエステル、アクリル、マイクロファイバー、ナイロン

  • マイクロファイバー
  • 吸湿性、速乾性の代表といえばマイクロファイバー。ポリエステルやナイロンといった化学繊維で織られています。
    天然素材よりも圧倒的な吸水力と速乾力、そして軽さもその特徴です。
    マイクロファイバー製で肌をゴシゴシこすると肌を傷めるので、注意しましょう。もっともゴシゴシする前に水分を吸収してくれるので、その必要もないのです。
    洗濯をサッと済ませたい人には、マイクロファイバーがおすすめですね。

さまざまな特徴。

バスマットをふんわり仕上げるループパイル。

  • ループパイル
  • パイル地は糸をループ状に織ります。
    パイルは吸水性に優れており、一般的なタオルはパイル地のものが多いです。吸水性を考えた場合はパイルを選ぶとよいでしょう。
    長めのループ、短めのループ、ループを立たせたり寝かせたりすることで、柔らかくしたりしっかり固めにしたりと違った肌触りが楽しめます。

滑らかな肌触り、カットパイル(シャーリング)。

  • シャーリング
  • ループの先端をカットし、毛足を均一にカットした工程をシャーリングといい、比較的毛足が短く、光沢のある色合いと滑らかな肌触りが特徴です。
    ループの先端をカットし、毛足が不均等のものをシャギーといい、比較的毛足が長く、ふわふわな肌触りが特徴です。
    パイルと比べた場合、カットした分若干吸水性に劣りますが、繊維がループ状でないので、足の爪などにひっかかりにくく傷みにくいです。

織り模様が、デザイン性アップ。

  • 織模様
  • タテ糸とヨコ糸を組み合わせながらパイルを作っていくジャガード織りなどで柄をつくります。
    プリントと違い、複数の糸を使用しデザインをはっきりくっきりさせたり、パイルの高さを変えて凹凸を演出したりしているのが特徴です。

今治タオルにこだわる。

  • 今治バスマット
  • 世界的に有名になった日本生まれのタオルブランド、それが「今治タオル」。
    もちろんバスマットもあります。
    今治タオルは、厳しい試験をクリアし、吸水性とフワっとした包みこまれるような肌触りを生み出す「綿」を使っているのだから、バスマットとしても申し分ありません。
    バスタオルと同じシリーズが多いため、バスルームファブリックを統一すれば、おしゃれ空間に早変わりです。

おうちでホテル仕様。

  • ホテル仕様
  • リゾートホテルのバスルームで使われている、真っ白で柔らかいタオル。「ウチのタオルとぜんぜん違う!」と感動したことありませんか?
    ホテル仕様の特徴は、なんといっても耐久性。ホテルではたくさんの人が使用するので、丈夫で長持ちするように毛羽落ちを減らし、洗濯に耐えられるなどの工夫が施されているのです。
    そういうタオルを一般家庭用に作ろうとすると、硬くて吸水性の良くない長持ちタオルになってしまうのですが、世界基準のトップをひた走る今治タオルの技術で、「柔らかく吸水性もいい」を加えることが出来ました。
    さらに高品質の綿を最大限に生かすために愛媛県の天然軟水を使用し、一般家庭でも使えるホテル仕様のバスマットが誕生しました。

ソムリエからお悩み解決のご提案。

長々と語り、お待たせしました。それでは、お悩みを解決していきましょう!

大きさで選ぶ

素材で選ぶ

特徴で選ぶ

お手入れ方法。

綿やポリエステルなど

お手入れ方法は基本的にタオルと同じです。
「タオルの選び方」をご覧ください。

珪藻土

珪藻土バスマットは洗濯不要ですが、汚れてきたり、水を吸わなくなったな、と思ったときは、お手入れのタイミング。

お手入れQ&A

Q1. バスマットは洗濯できますか?

A.珪藻土や竹といった固形以外の布製のバスマットでしたら、たいてい洗濯はできます。が、材質によって注意事項がありますので、基本的にはバスマットについている洗濯表示に従ってください。
よくある注意事項は下記になります。

・ドラム式洗濯機で洗わない

ドラム式洗濯機で洗濯すると、パイルが抜け落ちたり、やマットが変形することがあります。
また、バスマットはタオルに比べて少し硬めな物が多いので、ドラム式で洗うと洗濯物が偏って洗濯機が壊れてしまう場合もあるようです。
そういう場合は、他のタオルも入れて偏り過ぎないように調整すると洗えるようですが、ドラム式洗濯機での洗濯は十分ご注意ください。

・柔軟剤は使わない

バスマットに限らずタオル全般に言えることですが、柔軟剤を使用すると、その成分(油分)によってせっかくのタオルの吸水性や速乾性が失われてしまいます。
特にバスマットは吸水性が大事なので、水を吸わなくなったら困りますよね。柔軟剤は使わないようにしてください。

Q2. リネン素材のマットの臭いが気になる…

A.麻などのリネン素材が混じった製品は特有の臭いが気になる場合がありますが、通気性の良い場所でご使用されるうちに臭いが取れて気にならなくなります。

Q2. 商品の「シワ」や「折れ」が気になる…

A.包装の都合上、開梱した際マットの性質として「シワ・折れ」が発生します。
特に毛足の長いものはパイルの方向が部分的に異なり、色むらやパイルの密度が薄く見えることがありますが、しばらくご使用されるうちに自然になくなります。ロール状のものは逆さ巻にして、形を整えて下さい。

Q3. 滑り止めが付いていなかった。

A.滑り止めのついていないバスマットをそのまま置き敷きしてご使用になると、お風呂上がり足を置いた時にするっと滑って転倒事故のもとになります。
100円均一のお店にもありますので、滑り止めシートを併用されることをお勧めします。

Q4. そもそも、使い終わった後はどうしたらいいの?

A.足を洗った後だから綺麗なはず、と思うかもしれませんが、バスマットには水分と一緒に足の皮脂も付きます。
個人の感覚で毎日ではなくとも、定期的にお洗濯をすればいいと思いますが、敷きっぱなしはやめましょう。
濡れた足で踏みますのでバスマットは当然濡れますし、さらに湿気が多い脱衣所で敷きっぱなしにしていますと、床とバスマットの間の湿気でカビや菌が発生してしまったり、さらには床も傷めてしまう事があります。
タオル地や珪藻土などバスマットの種類に関わらず、最後にお風呂に入った人は毎回バスマットを床から上げ、風を良くしておくのをオススメです。